/ Home / Rodriguez / Profile
 ↑ Return

 我が家のネコたちのプロファイル 

■ お姉ちゃん
お姉ちゃん
なまえ
雅子 "ノラちゃん" 内藤
性別

生年月日
1994年頃(?)
我が家に来たいきさつ
私たちが結婚したばかりの頃、しばらく母親のいる実家に住んでいたとき、1995年の春頃から、我が家の近所を縄張りにしていたボスネコが雅子です。この当時ようやく子猫から大人になるかな、という感じだったので、この頃1歳くらいだったと推定されますが、詳しい年齢はわかりません。ほかのネコが視界に入ることすら許せない性格なのですが、なぜか人間には気を許していて、時々庭に遊びに来たりしていました。そのまま"ノラちゃん"としてかわいがられていたのですが、すごくプライドが高のか、決して我が家の飼い猫になろうとはせず、ご飯をもらっても、必ず自分の縄張りに帰っていきました。
その後まもなく私たちはマンション住まいとなったのですが、雅子は相変わらず、ご飯をもらいに来ていたようです。ところがある日、我が家の玄関先で倒れているのを発見。すぐに病院に連れて行くと、喧嘩で大怪我をしていることがわかり、そのまま1週間の入院。退院の日に私の母親の、「また怪我をするといけないから、もうウチの子にしなさい。」の一言で、飼い猫に決定。医者には「一度喧嘩に負けたネコは、おとなしくなるから部屋の中で飼ってください。」と言われたのですが、退院したその日に家を飛び出し、自分を襲ったネコを倒してきました。
しかし飼い猫と決めたからには、放し飼いにしておくわけにもいかないので、それ以来嫌がる彼女を無理やり家の中に閉じ込め、現在に至ります。私たち夫婦がまたこの家に戻ってきてからも、隙あらば家を飛び出して、近所の野良猫を追い払おうとする、孤高の女番長。
性格
品行方正、厳格でやや神経質。テーブルに上ったり、人間の食事を邪魔したりは絶対にしないタイプで、おなかがすいたときも、自分のお皿の前に座って、ドライフードをもらうのを、じっと待っています。
家の庭を横切る野良猫は絶対に許さず、部屋の中にいても、窓を叩いて怒りますが、とても人懐っこく、お客さんが来ると、必ず出迎えてくれます。多分、自分の家に来る人を、しっかり把握しているのでしょう。
ロドリゲスとちろに対しては、同じ家に住んでいることまでは認めているようですが、ある程度の距離を保っていないと許してくれません。
2008年12月14日午前8時 死去

■ ロドリゲス
ロドリゲス
なまえ
ロドリゲス・アルベルト・内藤
性別

生年月日
1999年4月頃
我が家に来たいきさつ
1999年6月30日、近くの駐車場でのんびり昼寝をしていたところ、通りかかったウチの奥さんにかわいがられ、そのままついてきてしまったお気楽ネコ。その日からこの日記が始まります。
性格
能天気で大雑把。(人間の)食事の準備中、盗み食いをしてはママに怒られ、それでも意に介することなく、食べられるものは何でも食べ、時々食べられないものまで食べてしまうこともあります。
しかしとても頭がよく、人間の話や機械の動作などもかなり理解している様子。暑い日にエアコンのスイッチを入れると、冷風が出る前に、一番涼しい場所を陣取るし、いとも簡単にドアや引き戸を開けたりもします。宅急便や荷物のダンボールが届くと、私がテープをはがすのを待って、自分で箱を開けてしまいます。でも空き箱に興味はなく(普通のネコは空き箱に入りたがるけど)、中に入っている、パソコンやビデオ、デジカメなどに触るのが大好き。パソコンの蓋を開けてメモリやハードディスクを増設するときなどは、隣でずっと見ているほどです。
子猫が好きで面倒見のよい、やさしい一面もあり、本当はお姉ちゃんとも、もっと仲良くしたいようです。でも人間のお客さんは苦手。はじめてのお客さんが来ると、部屋の隅に逃げ込んでしまいます。

■ ちろ
ちろ
なまえ
ちろ "チビネコ" 内藤
性別

生年月日
2002年8月1日頃
我が家に来たいきさつ
2002年8月10日、家の前の公園に、生後10日ほどで捨てられていた子猫。まだ水を飲むこともできず、母親を求めて何時間も鳴いていたのですが、ロドリゲスがわれわれ夫婦に「つれて来い」と何度も真剣に訴えるので、その言葉を信じて我が家の次女にしました。
性格
天真爛漫、大雑把な性格はロドリゲス以上で、人間が寝ていてもお構いなしに、人の顔を踏んづけて走り回ります。でもお客さんには必ず挨拶するし、ネコ好きな人だとわかると、喜んで抱っこされます。我が家では一番ネコらしいネコかもしれません。
そして誰よりもロドリゲスが好き。ロドリゲスのように簡単に扉を開けたりできないので、おやつをもらう時などは、いつもロドリゲスに頼り切って、後ろからついて行くのです。

■ 作者

このページの製作者であり、ネコたちの飼い主。


■ ママ

作者の奥さん。ネコたちの母親。


■ おばあちゃん

作者の母親。雅子はおばあちゃん子です。


■ おばあちゃん

作者の義母。作者の奥さんの母親。ちろを2年間預かってもらいました。


■ おばちゃん おねえちゃんかも...

作者の義妹。作者の奥さんの妹。ちろを2年間預かってもらいました。人見知りなロドリゲスが唯一気を許す、家族以外の人間。