/ Home / Profile / PC System
 ↑ Return

 パソコン構成 

2017/04/30 更新
現在稼動しているパソコンは以下のとおりです。

デスクトップ
メインマシン Windows10 Pro 64bit
Intel Core i3 2125(3.3GHz), RAM 8GB, Intel HD3000 (Intel Core i3 on die)
HDD 2TB, 2TB, DVD-Multi, CanoScan 5400F
メインマシンのバックアップ用 Windows10 Pro 64bit
Intel PentiumDualCore E6300(2.8GHz), RAM 4GB, Intel GMA X4500 (Intel G41 on die)
HDD 1TB,1TB, DVD-Multi
奥さんの趣味、家計簿用 Windows10 Pro 64bit
Intel Pentium Dual Core E2160(1.8GHz), RAM 4GB, Intel GMA900 (Intel 945G on die)
HDD 160GB, 200GB, 500GB, Canon PIXUS MP490
サーバ Windows Home Server 2011 (HP Compaq dc5100sff 改)
Intel CeleronD 331 2.66GHz, RAM 4GB, Intel GMA900 (Intel 915G on die)
HDD 2TB, DVD-ROM, Canon PIXUS iP4300
ルータ1 Yahoo! BB 用
NEC Aterm WF300HP
ルータ2 ISDN 緊急用
YAMAHA RTA52i
無線 LAN アクセスポイント
NEC Aterm WR8165N
モバイル
ノートPC Windows10 Pro 64bit (ASUS X200MA-B)
Intel Celeron N2830(2.16GHz), RAM 4GB, Intel HD (Intel Celeron on die)
HDD 500GB
ノートPC Windows10 Pro 32bit (Lenovo ideaPad S10-3)
Intel AtomN450(1.6GHz), RAM 2GB, Intel GMA3150 (Intel NM10 Express on die)128MB
HDD 160GB
ノートPC Windows10 Pro 32bit (Lenovo ideaPad S9e)
Intel AtomN270(1.66GHz), RAM 2GB, Intel GMA950 (Intel 945GSE Express on die)128MB
HDD 160GB
タブレット WindowsRT 8.1(Microsoft SurfaceRT 64GB)
NVIDIA Tegra3(1.7GHz), RAM 2GB
SSD 64GB
スマートフォン Windows10 mobile (Microsoft Lumia 640)
Qualcomm Snapdragon 400(1.2GHz), RAM 1GB
SSD 8GB
スマートフォン Android 6.0 (ASUS Zenfone2 Laser)
Qualcomm Snapdragon 410(1.2GHz), RAM 2GB
SSD 16GB
3G/LTE 無線 LAN ルータ
LG L-04D

パソコン歴
1990年
最初に手にした個人用のパソコンは SONY の MSX2+です。合成写真のベースとなるカラーグラフィックスのために購入したものです。ただしこの頃のカラーグラフィックスは、現在の CG というレベルのものではなく、カラー写真で表現しきれない部分をパソコンのドットグラフィックスで付け加えるというものです。まあ、簡単に言えば、虹やオーロラや UFO を作ってみたかったのですが。パソコンの画像をソフトフォーカスで撮って、多重露出で風景と合成すると、かなりきれいな写真が出来上がるのです。
この MSX が期待以上のいい出来で、MIDI シーケンサとしても使えるので、それまで YAMAHA SY77 用に保存してあった、MIDI データを、すべて SMF に書き直したり、ワープロ専用機のデータを DOS のテキストに落としたりしました。
1991年
この頃はいわゆる DOS/V の黎明期で、IBM の初代ノートパソコン、PS/55 note を買ったのが、PC/AT ユーザとしてのスタートでした。そして Windows3.0 の発売と、アプリケーションの増加が、「ディスクが足りない、メモリが足りない」現象を引き起こします。
1992年
プレーンなショップブランドの 486SX マシンを購入し、それから自作派まっしぐらです。メモリ、HDD の増設、サウンドカード、CD-ROM の追加、17インチディスプレイと、きりがありません。しかし、最初の引き金はやはり、Microsoft が Excel と Word を、それまでの半分以下の価格で優待販売し始めたことでしょう。これで、HDD やメモリを使い切ることが、いとも簡単になってしまったのです。
1993年
Windows3.1 の発売により、市販アプリケーションが充実した年で、CPU の強化はありませんが、メモリとHDDの増設に明け暮れていました。それまで、DOS のバッチファイルや VZ のマクロで運用していたパーソナルな環境を、すべて Visual Basic に置き換え、完全に DOS と決別しました。
1994年
知人のショップで、展示用のフルタワーサイズの 486DX/50 というレアなマシンを安く譲ってもらいました。これで機器の増設が更に楽になり、HDD も CD-ROM もなんでも来いです。メインマシンをこちらに移しました。
1995年
486SX マシンを、VLベースの Am486DX2/66 に変えました。これが最初の AMD ですが、この CPU のベンチマークが、後の PS/V の 486DX2/66 より、かなり速かったことに満足し、それ以来、仕事用のメインマシンはずっと AMD です。
しばらくして知人から 486DX2/66 を搭載した IBM PS/V を譲りうけ、サブマシンにしました。
そろそろ世の中が Pentium 一色になり、486 だけでは我慢できなくなってきて、Windows95 発売直前に、ダイエーで PackardBell Force75CDX を買いました。買ったその日に HDD をフォーマットして、Windows95ベータ をインストールしてしまったので、バンドルソフトはひとつも使わずじまいでした。もったいない。やはり 486 クラスとは桁違いのスピードでした。
1996年
PackardBell はどちらかというと、ゲームや通信用で、仕事で使うのは相変わらず 486 でしたが、Pentium とのスピード差に我慢ならず、ついに 486 を引退させました。しかしただ Pentium を使うのでは面白くないので、AMD K5 PR75 を選択しました。
1997年
DirectX 対応のゲームを使い始めると、Pentium75 クラスの限界が見えてきて、ゲーム用の PackardBell を Pentium133 に、仕事用のマシンを K5 PR133 に入れ替えました。やはりメインマシンは AMD です。あまった K5 PR75 は奥さんの家計簿用に、Pentium75 はマザーボードのチェック用ということで、引退させました。
1998年
ほとんどのアプリケーションで、Pentium133 クラスならストレスなく動作するのですが、時代の流れにあわせて、ケース、マザー、周辺機器を ATX に新調し、K6 マシンをつくり、仕事の環境をそっくり移しました。そして K5 PR133 を K5 PR166 に代えて、CD-R 作成専用機にし、奥さんの K5 PR75 を PR133 にしました。
K6 購入からわずか2か月で、K6-2 を購入。今度は、マザーもメモリも PC100 仕様です。このマシンはそれまでの PackardBell に代わって、仕事、ゲーム、通信用に利用しています。
さらに年末にかけて、全マシンの MMX 化と、3Dアクセラレータ化、オールPCI化を計画。K5/PR166 を PentiumMMX に、K6-2/266 を K6-2/300 に換え、その K6-2 を K6/200 と交換、あまった K6 を K5/PR133 と交換し、PackardBell に載せていた Pentium/133 を WinChip2/240 に換えました。まだまだ現役で使える K5/PR166 は、これまで ThinkPad 230Cs を使っていたプリンタサーバをこれと交代しました。
1998年はネットワーク環境も大きく変化しました。まず春に家庭内 LAN のプロトコルから NetBEUI を排除し、全てのマシンにローカル IP アドレスを設定しました。そして7月末にそれまでシリアル切り替え機でモデムをつなぎ換えていたのを、ポートシェアサーバにより、仮想 COM ポートでサーバに繋がったモデムを共有できるようにしました。さらに年末には我が家も ISDN を導入し、高速な通信環境を得ることができました。
1999年
前年末から引き続きネットワーク環境の改善に力を入れています。これまで NIFTY をプロバイダとして利用していたのですが、新たに ocn ダイアルアップに加入し、これを期にサーバに proxy を導入し、家庭内 web を立ち上げました。
さらにダイヤルアップルータを導入し、インターネット環境を強化。
ATAPI 接続の CD-RW が安くなったので、導入しました。バックアップ用の CD は、2世代保管しておけば十分なので、かなり安上がりになり、再利用できないゴミを出さなくてすみます。
昨年と違い、1年間 CPU の強化、メモリの増設はしませんでしたが、年末にフィルムスキャナを手に入れました。自分自身のパソコンの使用目的が、写真の編集と、はっきりしてきたからです。これで PhotoCD を作る必要がなくなりました。PhotoCD は、1枚作るのに平均1万円かかるので、年数枚の PhotoCD を作るならフィルムスキャナを購入した方が、結果的には安上がりなのです。
2000年
新年早々1年半ぶりにまったく新しいパソコンを組み上げました。CPU は Celeron/400 の Dual、Windows2000 でフォトレタッチをするのが目的です。
そして今年は大幅にパソコンを整理することを決意。中古パソコンを欲しがっている友人に、FDD とマウス、キーボード代くらいの金額で、譲ることにしました。現実的に今のパソコンのパーツで新型に流用できるのは、この3つくらいしかありません。
それ以降年末までまったくパソコンを分解することはなかったのですが、11月になって、私の住む愛知県安城市が NTT のフレッツ対象地域になったので、すぐに申し込みました。20世紀の最後に、ようやく我が家も24時間インターネット接続が実現したのです。
年末になってメインマシン2台のメモリを256MBにして、より大きなサイズの写真をレタッチできるようになったら、途端に CPU のパワー不足が表面化してきたので、Socket7 最後の延命措置として、K6-2/300 を K6-2+/500 にしました。
2001年
メインマシンの BIOS アップデートに失敗して、ブート不能に陥ったので、K6-2+ 機は最新マザーボード(=最終 Socket7)になりました。
フォトレタッチの環境が整ってくると、スキャナの性能に不満が出てきて、フィルムスキャナもフラットベッドスキャナも USB 接続の新しい機種に交換しました。これでレタッチマシンから SCSI を排除することができました。さらにメモリ価格が下げ止まらないので、レタッチに使う両機種とも、512MB にしました。
年末に新規に1台、フォトレタッチをもっと高速に処理することを目的に組み立てました。Duron 1GHz、GeForce2 MX400、メモリ1GB で最新スペックというわけではないですが、今までのメインマシンから2倍以上のパフォーマンスアップで、大量にスキャンしたフィルムを処理するのにも、ほとんどストレスがありません。
2002年
パソコンのハードウェアへの投資は、一部ハードディスクの交換以外に、まったくない1年でした。こんなことは過去12年間で一度もありません。言い換えればそれだけパソコン環境が熟成してきたということでしょう。
昨年買い換えたフィルムスキャナとフラットベッドスキャナで、大量にスキャンした過去の資産を、それ以上のスピードでレタッチするのに、CPU クロック 1GHz、メモリ 1G バイトのマシンは、必要十分だったといえます。その分、今年はレタッチ関係のソフトウェアやデジタルカメラの投資に資金が廻ることになりました。
仕事で必要な Microsoft Office や、Microsoft Visual Studio などが要求するハードウェアスペックは、もはやフォトレタッチに必要な性能のおまけでしかなくなってしまったということです。
2003年
Dual Celeron マシンがどうにも不安定になったので、CPU とマザーボードだけを入れ替えることにしました。原因はおそらく SLOT 1 にドータカード(Dual パッチ付き)を挿して、そこに Socket370 Celeron を乗せ、大きなファンをつけたマザーボードを立てて置くという配置のため、SLOT 1 周りが接触不良になりがちで、ちょっとした振動でもシステムがハングアップするというものです。Dual とはいえ、400MHz の Celeron ではすでにメインマシンとして使うには力不足なので、今回はそこそこの性能で、実用的に安定稼動させることを前提に、Tualatin コアの Celeron 1.4GHz と、ViA PLE133 のマザーボードを選びました。これなら SD-RAM も電源ユニットも、現在のものをそのまま使えます。性能的には、2GHz 程度の Pentium4 コアの Celeron と変わりないでしょう。
7月にマンションを引き払って実家に引っ越したのを機に、マシン構成を整理して、すべてのパソコンを ADSL ルータに接続し、ISDN ルータは、回線障害時のバックアップにして、ネットワークを含むすべての環境を、完全に2重構成にしました。
2004年
デジタル一眼レフを買ったので、それにあわせて、データバックアップ用の USB 外付けハードディスクを追加した以外は、まったくシステム構成に変更のない1年でした。今のところパソコンのパワーを要求する処理は、デジカメ写真の現像、加工だけで、当分動画に手を出す予定もないので、今後しばらくは、消耗部品の交換程度にしか、システム構成は変化しないでしょう。
2004年は、パソコン雑誌もついに1冊も購入しませんでした。必要な情報はすべて Web で入手できてしまうので、もはや雑誌の役目は、最新情報の収集から、電車の中の暇つぶし程度になってしまったのかもしれません。
2005年
NIFTY のフォーラム終了前に、私が利用していたフォーラムがほとんど閉鎖されてしまったので、NIFTY フォーラムリーダのアプリケーションを削除しました。PS/55 購入以来15年間、毎日続けていたフォーラム巡回が終わり、パソコンの用途がまたひとつ、大きく変化しました。
Duron メインマシンのグラフィック周りが不安定になってきたので、CPU とメモリ、ドライブ類を残して、内部を入れ替え。グラフィック一体型の VIA KLE133 に大幅グレードダウンです。しかし動画編集やゲームをやらない現状では、まったく性能不足は感じないし、AGP スロットがなくなったおかげで、動作もかなり安定しました。
メモリ価格の下落が止まらないので、不要と思いつつも、DDR-SDRAM 2GB 構成で、1台追加してしまいました。CPU は LGA775 の CeleronD、HDD は S-ATA で、マザーボードの電源は 24pin なので、ストックしているパーツがまったく使えません。結局ケースからすべて新調です。今まで使っていた Duron 1GHz のメインマシンをサブマシンにシフトし、Celeron 1.4GHz マシンは奥さん専用になりました。
分散していたホームページのサイトを統合し、契約プロバイダを整理することにしました。約7年間、ダイヤルアップ用(一時はフレッツ ISDN 用)に使っていた ocn を解約。ADSL は Yahoo!BB、メール、ホームページ、ダイヤルアップ用に @nifty とまとめました。ADSL は、将来もっと高速で安いサービスに切り替える可能性が高いので、Yahoo!BB のメールとホームページ開設サービスは、ほとんど利用していません。
2006年
マシン構成は全く変化なし。デジタルカメラで撮った写真のバックアップは増える一方なので、ハードディスクは年に一度は増強しています。HDD ビデオレコーダを購入したおかげで、PC 上でビデオの編集と DVD の作成を少しやるようになりましたが、MPEG2 エンコード等は、夜中にバッチ処理させるので、パワー不足は感じません。
2007年
3年以上動き続けたサーバ機の HDD が故障してしまったので、USB タイプのプリンタサーバを導入しました。PC サーバと言っても、実質プリンタサーバとしてしか利用していなかったので、省電力も考えて、これを機に PC サーバは廃止することにしました。
7年ぶりにプリンタ Canon PIXUS iP4300 を追加。印刷時間は圧倒的に早くなり、印字品質も格段に向上しました。
2008年
Nikon D200 で撮影した1000万画素の RAW データを調整して JPEG 出力するのに、かなり時間がかかるので、2年ぶりにパソコン環境を大幅にパワーアップしました。まず CeleronD のメインマシンを Pentium4 に載せ換え、デスクトップ作業を快適に行えるようにし、Duron のサブマシンは中身を総入れ替え。最新の 45nm プロセスの Core 2 Duo E8400、メモリはデュアルチャンネルで 4GB を載せました。サブマシンの方がパワーがあるのは、こちらを RAW 現像や MPEG エンコードのバッチ処理に使う予定だからです。
さらにキッチンに無線 LAN アクセスポイントを設置。家の中で PDA を使って、ワイヤレスインターネットが楽しめるようになりました。
奥さんの Celeron 1.4GHz マシンが不調になったので、ケース内部をほぼ全部入れ替え。Pentium Dual Core E2160(1.8GHz)、メモリ 2GB の、家計簿マシンとしては過剰なスペックになってしまいました。
モバイル機を初代 CASSIOPEIA から、Willcom W-ZERO3、W-ZERO3[es]に変更し、電話とネットアクセスを1台で行えるようにしました。
2009年
外出先でのネットアクセス用に、Lenovo ideaPad S9e を入手しました。Willcom の W-ZERO3 では、表示できないページや表示できても操作できないページがかなり多いので、やはり本格的に使うには、Windows Mobile 機では不十分なようです。しかし PHS を WILLCOM03 に機種変更したら、これが結構高機能で、表示できないページはほとんどなく、ideaPad と使い分けをするようになりました。
Pentium4 マシンが起動不能になってしまったので、マザーボードごと入れ替え。Pentium Dual Core E6300(2.8GHz) メモリ 4GB になりました。
2010年
システムを全面的に Windows7 に移行しました。また移行に伴い、ハードディスクを容量の大きなものに入れ替え、MO や PD といった、古いストレージデバイスは、もう顧客からもメディアを渡されることはないだろうと判断して、完全に引退させました。
2011年
古いデスクトップ PC を譲り受けたので、メモリとハードディスクを換装して Windows Home Server 2011 を導入しました。主な用途はバックアップとプリントサーバです。
Core 2 Duo E8400 機のマザーボードが不調なので、内部の総入れ替えを敢行。最新の Core i3 2125 に、DDR3 メモリを8GB実装しました。サーバに続いてクライアント OS も順次64bit化。
2012年
ノートパソコンを1台追加。前回と同じ Lenovo の ideaPad S10-3 です。いっそう小型軽量化され、バッテリーの動作時間も長くなり、外出時に活躍しています。
また、私の財産だったフィルムスキャナ Nikon COOLSCAN IV ED を手放してしまいました。手持ちのフィルムカメラも全く使用しておらず、写真は完全にデジタル化してしまいました。
2013年
モバイル環境を刷新しました。Windows Mobile の WILLCOM03 を解約して普通の PHS に戻し、MVNO の sim を契約してモバイルルータを購入し、スマートフォンは sim なしの Windows Phone IS12T に変更。さらに Surface RT を購入して、モバイルルータの稼働率が上がりました。
IS12T を持ち歩いてみると、とても便利なのはわかりましたが、Windows Phone 7.8 はもうアプリケーションもバージョンアップされず、最新版が動かないものも多いので、わずか3か月で NOKIA Lumia 520 にバトンタッチ。
2014年
まったくハードウェア環境に変更なしのつもりだったのですが、クリスマスにモバイル環境を一新しました。ASUS の最新型格安ノート PC X200MA です。Lenovo ideaPad では画面が狭すぎて、ブラウジング以外ほとんど使い道がないし、Surface では動作するアプリケーションに制限がありすぎるので、ほぼデスクトップと同じ環境を持ち運べるスペックのノートパソコンを導入しました。
スマートフォンは Lumia 520 を Windows Phone 8.1 にバージョンアップしました。
2015年
スマートフォンを Nokia Lumia 520 から Microsoft Lumia 640 に入れ替え、ocn Mobile one の sim カードを、LTE で利用できるようになりました。また、データ通信専用 sim カードから、音声通話用 sim カードに替えて、普通の電話としても使えるようにしました。
そして7月29日の Windows 10 リリースから、手持ちのパソコンを、順次 Windows 10 にアップグレードしています。
2016年
Lumia 640 の OS を Windows 10 にバージョンアップして、Surface を除く全システムの Windows 10 アップグレードを完了しました。
Android スマートフォン ASUS Zenfone2 Laser を追加。自分のホームページの表示確認用と、Windows 版が用意されていない、一般的なスマートフォンアプリの動作確認用です。購入後間もなく Android 6.0 にバージョンアップしました。