/ Home / Profile
 ↑ Return

 Profile 

作者の自己紹介です。
Self Portrait
氏名
ないとう あつじ
内藤 敦司
住所
愛知県安城市
生年月日
1960年7月13日水曜日
血液型
B型Rh+
身長
1720mm
体重
68kg
コンピュータ
大手メーカ系ソフト会社勤務、ベンチャーソフト会社役員を経て、現在は情報処理技術を教える仕事が中心。
個人所有のパソコン暦は浅く、IBM-PC 互換機が国内で買えるようになるまでは、ほとんど興味なし。シングルタスクの OS にも興味がなかったので、本格的な導入は Windows3.0 以降。
資格
第二種情報処理技術者
第一種情報処理技術者
特種情報処理技術者
テクニカルエンジニア(ネットワーク)情報処理技術者
音楽
J. S. Bach と Deep Purple で音楽に目覚め、今は MIDI と格闘中。
写真歴
生まれて間もなく父親から譲り受けたヤシカの2眼レフが、幼稚園にあがるまでの私のおもちゃでした。スクリーンに左右逆像で映る映像に夢中でした。このカメラが透過式ファインダーでなかったために、フィルムを使わなくても、写真の原理や楽しみが自然に理解できたように思います。
初めて自分で目的を持って写真を撮ったのは10歳のときです。画面に太陽光線を入れる、極端な逆光写真が好きでした。
そして22歳の頃、写真に対する接し方が変わりました。それまでどんなに美しいものでも、写真にしてしまうと、まったくその美しさが表現できないという、もどかしさがあったのですが、目で見て美しいものを撮るのではなく、撮った写真をどう美しく見せるかを念頭において写真を撮るようになりました。
パソコンでカラーグラフィックスが扱えるようになったのもその頃で、暗室で撮ったパソコンの画面を写真と合成していました。
現在多くのミュージシャンが、自分の演奏を最新の技術でデジタル録音し直したり、古いマスタをデジタル処理でノイズ除去したりしています。また映画界においても、ルーカスはスターウォーズを全編デジタルでリメイクしました。今私は過去の自分の写真で、銀塩写真では技術的に表現しきれなかった部分を、デジタル処理で作り直しています。
パソコン
現在のパソコン構成と過去のパソコン歴
カメラ
所有しているカメラ
楽器
所有している楽器類
愛車
現在までの愛車歴