/ Home / Archives / Remark / 20061001
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikon D200  Nikon D200 (2006年9月購入) - 2006/10


カメラを道具として日常的に使う以上、同一機種でないにしろ、同等の運用ができるものを2台用意して、バックアップ体制をとらないと、安心して使えない。長年写真を趣味にしていれば、自然にイベント撮影を任される機会も多くなり、尚更である。D70 も2度の修理を経験し、そのうち1度は頼まれ写真の直前に故障してしまったので、COOLPIX4500 を使わざるを得なかった。
D70 購入当初は予算の都合もあり(デジタル一眼レフ2台同時購入は無理)、バックアップ機は COOLPIX4500 にするしかないと考えていたが、実際に D70 の替わりに使おうと思うと、やはりコンパクトカメラの域を出るものではない。撮影のリズムがまったく掴めないのだ。
フィルム一眼レフを代替機に使おうにも、すでに(依頼主を含む)一般の人たちにとって、写真はデータで受け取ることが常識となっており、フィルムからのスキャンの手間を考えると、自分の趣味以外には使いたくない。D70 購入からすでに2年を過ぎ、デジタル一眼レフは2世代以上進化してきた。そろそろ予算も何とかなりそうである。
そんな時にニコンから発表されたのが D80 だ。D70 から D70s と続く系列の第3世代機といえるだろう。センサーには上位機種の D200 から引き継いだ(同一ではない)1020万画素の CCD を搭載しており、ボディは下位機種の D50 並に小型化されているようだ。当然デジタル一眼レフ2台目の候補として、発売後もネット上でユーザの評価などを見ていた。
しかし次々とネット上で公開されるサンプル写真や評価を見てみると、どうも D80 の露出制御が、ハイライトを飛ばしてでも、中間調を明るめに写すのではないか、という感じがしてきた。それに比べて、D70 は明らかにハイライト基準の露出制御である。最大輝度の部分をサンプリングし、そこが白飛びしないように写すというアルゴリズムだ。もちろん太陽などの、極端に明るい部分は無視して飛ばすが。
コンパクトカメラのように、写してそのままサービスサイズでプリントするような目的の場合なら、D80 のような露出制御でもいいだろうが、私はデジタルカメラで撮った写真というのは、JPEG であっても、パソコン上で補正するのが当然だと思っている。少なくともポジフィルムよりラチチュードの狭い、現状のデジタルカメラの場合、撮影後のトーンカーブ補正は絶対に必要だ。そういう使い方を前提にすると、D80 の露出制御は、私には受け入れられない。残る選択肢は、すっかり実売価格の落ちてきた D70s か、もう少し(D80 との差額は実質5万円ほど)奮発して、D200 かということになってしまう。
というわけで、D80 の発売がキッカケで、それまで自分には無縁のカメラだと思っていた D200 が、一気にターゲットに入ってきた。それ以来約1か月、近所のカメラ店や、名古屋のカメラ店、多くの通販ショップからオークションの相場まで、あちこちの値段を比較して、やはり今買うなら D80 より D200 という結論を出したのである。
さて、こうして手元に届いた D200 の露出は、D70 よりは明るめに出るが、D80 のような中間調基準ということはなく、あくまでハイライトをできるだけ飛ばさないような制御をしているようだ。発売当初騒がれていた、縞々ノイズや睫毛ノイズに関しては、私の個体ではまったく発生しない。おそらくメーカで調整されているのだろう。気になる消費電力であるが、確かにいつ充電したか忘れてしまうほど長持ちする D70 に比べれば、あっという間に電池がなくなるような気はする。しかし普段のスナップ(連写はほとんどせず、かなり頻繁に1コマずつモニタで確認する)では、1充電あたり300コマ以上は撮れる。一気に大量に撮影すれば、この数倍は撮れるのではないだろうか。残量が%表示されるので、どんどん減っているように感じるが、他社の平均的な一眼レフに比べて、特別消費電力が多いと言うことはないだろう。