/ Home / Archives / Remark / 20051229
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 DVD 不要の HDD レコーダ 

2005/12/29
今年も家電市場を賑わせたのは、やはり HDD-DVD レコーダのようである。メーカにしても、韓国製品の台頭によって、すでにまったく利益の出なくなってしまった VHS ビデオデッキから、より付加価値が高く利益率の高い HDD-DVD レコーダにシフトしてもらいたいだろうから、新製品の投入サイクルも新機能の盛り込みも宣伝も、従来のビデオデッキの比ではない。
しかし諸事情から私自身はどうしても、今すぐには HDD-DVD レコーダの購入に踏み切れないでいたのだ。まず第一に、必要がないということ。オーディオに関してはある程度の音質にはこだわりたいが、映像品質に関しては、ほとんど興味がない。ハイビジョンテレビも持っていないし、BS デジタルも契約していない。地上アナログ放送と、レンタルビデオ(最近は DVD の方が多いが)で十分なのである。アナログ放送の録画は、ほとんどタイムシフトが目的なので、VHS 3倍モードで十分だし、映画を手元に残したければ、映画館の入場料よりも安く DVD のタイトルが買える時代だ。もうひとつは、地上デジタル放送の問題。政府の発表では、2011年にアナログ放送は全廃となり、すべてデジタル放送に移行する。ならば今映像関係に大金をかける気にはどうしてもなれない。ではデジタルチューナ内蔵の機種にするかというと、私はどうしても政府の発表を信用できないのだ。2005年末現在、大手量販店やホームセンターに行けば、14インチから20インチクラスのブラウン管型テレビが、1万円台で買える。そして私の母をはじめ、多くの老人や、映像に対してさほど興味のない若い女性などは、そうした商品を何の不安もなく購入しているのだ。わずか5年後に、「それらのテレビはもう使用できません。廃品として4,000円支払って処分するか、チューナを追加購入し、さらにアンテナを立て替えて、デジタル放送を見なさい」と、本当にそう強制されるのだろうか。アメリカではすでにデジタルチューナを内蔵していないテレビやビデオは販売禁止になっているから問題ないだろうが、日本国内で5年後にアナログ放送を終了したら、とでもないパニックが起きそうな気がする。確かに今テレビやビデオを買うと、説明書に小さく「2011年にアナログ放送は終了します」と書いてある。しかし5年後に鉄屑になるものを、今何の制限もなく売ってよいものだろうか。私はこの件に関しては、2010年頃になって、臨時措置でアナログ放送の5年間延長が決定する方に賭ける。というわけで、地上デジタル放送に対応した映像機器も、現時点では、あわてて購入する気はないのだ。

そういうことで、私の頭の中では、HDD-DVD レコーダのプライオリティは、非常に低い位置にあったのだが、それはそれで、たとえばパソコンにキャプチャボードをつけたら、録り溜めした古いビデオを、少しずつでも DVD に移行できるなとか、タイマ予約した番組の録画途中でテープが切れていたりすると、やっぱり HDD レコーダはいいなとか、考えないこともなかった。5万円〜10万円という金額に見合うほどの購入意欲がなかったということである。
ところが今年の春、2台あった VHS ビデオデッキのうち、1台が壊れてしまい、ちょっと不便な思いをしていたのだ。映像の画質にほとんど興味はないとはいうものの、テレビの映画番組でお気に入りの映画を放送すると、やはりビデオに保存したくなる。そしてできれば CM カットして残しておきたい。そういうことはそう頻繁にあるわけではないが、この20年間、ビデオデッキが2台手元になかったことはないので、やはりそれが1台になってしまうと、ちょっと寂しいのである。かといって、今更 VHS ビデオデッキを新規に購入する気にもなれない。そして CM カットできないまま、流し録りされたテープが、少しずつ溜まっていった。

そんな今年の11月末、書店で立ち読みしたパソコン雑誌で、東芝から DVD レス HDD レコーダの新型、RD-H2 が発売され、従来機 RD-H1 は値下げして継続販売されるという記事を読んだ。RD-H1 といえば、インターネットによるダイレクト販売だけで、広告もカタログもなし。それでも初回販売時には予約開始後3時間で売り切れてしまい、その後何回か再販されるも、その都度即日完売という、隠れた人気商品であることは私も知っていた。ただ自分には関係のない商品だと思い、値段やスペックまで調べる気はなかったのである。
ところがその雑誌の記事によれば、従来31,990円だった RD-H1 が27,800円に値下げとある。VHS Hi-Fi ビデオデッキなら、国内ブランドのもので、約15,000円程度。250GB の HDD を、バルク品で買っても15,000円である。つまりビデオデッキよりは少し値が張るが、パソコンにキャプチャボードと HDD を追加するより安いということではないか。これに最高画質で VHS テープからコピーし、CM カット編集して、もう一度 VHS テープに戻しても、テープ間のダビングより画質劣化は少ないんじゃないのか? おまけにタイムシフト用の、録って見たらすぐ消す用途にもぴったりだ。それにもしかして、パソコンに録画したデータを転送して、パソコン側で DVD-R に焼けるのではないだろうか。などと、いろいろな計算が頭の中を巡った。早速家に帰って、RD-H1 で検索してみると、私が想定している用途は、すべて実現可能らしい。RD-H1 からパソコンへのデータのコピーは、VirtualRDというフリーソフトが必要になるが、このソフトを使った RD シリーズのコミュニティもあちこちで立ち上がっていて、情報はいくらでも手に入りそうだ。
そして東芝のダイレクト販売のサイトShop1048を見てみると、今まで常に即日完売だった RD-H1 が、発売後半月を経ても、なお購入可能であった。さすがに欲しい人にはほぼ行き渡ったか、あるいはハードディスクの容量が増加した新型 RD-H2 (スペック上は HDD 容量が、RD-H1 の 250GB から 400GB になっただけ)に、顧客の興味が移ったか。とにかく「買える」状況にあることは確かなのだ。その後、RD シリーズを持っている友人に電話して、パソコンへのデータのコピーの可否や注意点などについてもう一度確認した後、私は思い切って注文ボタンをクリックしてしまった。

数日後に宅配便で届いた RD-H1 をセットアップして、まずは溜まっていたビデオテープ数本を、HDD に録画。分厚いマニュアルを見ながら、CM カット編集。そしてテープに再録画。最初は非常に面倒に感じたが、操作体系が理解できてくれば、それほど困難でもない。しかしこういう家電商品とパソコンのソフトウェアとの操作性の隔たりは相変わらず大きい。
それからいよいよパソコンでの DVD 作成である。VirtualRD 自体は FTP サーバとして RD 側に認識させるソフトらしく、パソコンに IIS がインストールされていると、FTP サーバモードで起動できない旨のメッセージが表示される。その場合は RD が FTP サーバとなるということだろうか。もともと RD シリーズ同士を TCP/IP で接続して、データコピーをするように作られているので、RD シリーズの機種は、自動的にどちらかが FTP サーバになり、他方がクライアントになるようにできているはずだ。
多くのサイトや雑誌の記事でも解説されているが、RD シリーズの Ethernet コネクタは 10/100Base-T/TX 対応を謳っているが、コントロールチップが 10Base-T 時代のものらしく、転送速度が実質 10Mbps も出ない。だから高画質モードで撮ったデータの転送は非常に遅いのは仕方がない。また古いバージョンの VirtualRD では、大きなデータの転送でエラーが出やすいなどの問題もあったようだが、最新バージョンのもので試す限り、そのような問題はなかった。
データ転送が終わると、いよいよ DVD のオーサリングであるが、私はたまたま自分が購入した DVD マルチドライブにバンドルされていたソフトがそのまま使えたから問題ないが、RD-H1 の画像データは、MPEG2 に Dolby Digital の音声トラックが乗せられている。だからオーサリングソフトも、ソースとして Dolby Digital を扱えるものでなければならない。もしそれができなければ、RD-H1 に録画する時点で、音声にリニア PCM モードを選択しなければならない。もちろん DVD を作成するときも、Dolby Digital に間接ライセンス料を上乗せしてあるソフトでなければ、音声トラックはリニア PCM で記録しなければならず、この場合、録画時間は減ることになる。注意しなければならないのは、そのようなソフトで音声トラックに MP3 形式などを用いると、作成した DVD を再生するプレーヤ側で対応していない可能性があるので注意が必要だ。

オーサリングが完了して DVD を作成する際、指定したビットレートに変換するのに、私の CerelonD330 (2.66GHz) の PC で、2時間のビデオでも4時間ほどかかるので、最終作業は寝ている間にやることになる。朝起きると、完成した DVD がイジェクトされているので、それを DVD プレーヤに持っていって、ちゃんと録画できているかどうかの確認だ。何枚かの DVD を作った限りでは、RD-H1 であまり細かい編集作業をしてから、パソコンにデータをコピーして DVD を作成すると、法則性は不明だが、失敗する可能性が高いようだ。時々画面が壊れてモザイク状態になる。できればおおまかに RD-H1 で録って、パソコン側で編集作業をしたほうがいいだろう。もちろんその方が、リモコンの不自由なキー操作よりも、格段にやりやすい。
確かに DVD-HDD レコーダなら、データの転送という手順を踏まなくても、DVD を作成できるという手軽さはある。しかしタイトル画面の作成や、フレーム単位での編集など、わずかでもノンリニアな編集をしたいというなら、やはりパソコンのほうが圧倒的に有利だ。
そして、そういう点も踏まえて、私はこの DVD レス HDD レコーダを、興味のある人にはぜひ薦めたい。今、パソコンを持っているのなら、何よりも追加投資が安いということ。前述のとおり、パソコンにキャプチャボードと HDD を追加するより安いし、もしそういう構成にしたとしても、やはりパソコンでビデオキャプチャというのは、まだまだ不安定過ぎる。どんなに高性能な CPU でも、録画中はほとんど他に何もできないし、タイマ予約などは絶望的だ。録画専用のパソコンを用意するくらいなら、RD-H1 1台と、キャプチャボードのないパソコン1台が買える。
それから RD-H1 自体を、高性能なビデオキャプチャユニットとしても使える点に注目したい。もし 8mm タイプや VHS-C タイプのハンディカムを持っていて、それで撮った映像で DVD ビデオを作ろうと思っているのなら、RD-H1 をキャプチャボードとして使うのも悪くない選択だ。250GB の巨大なバッファを内蔵したキャプチャボードが27,800円で買えるというわけだ。ただし RD-H1 にはデジタル映像入力はできない。
そして最後に、実は私はこれを FM 放送のマスタレコーダとして使ってみようと思っている。画質モードを最低にして、音声トラックをリニア PCM にすれば、ほぼ PCM サウンドレコーダである。もちろんマニュアルで録音レベルの調整もできないし、レベルメータもないから、本格的な録音には向かないが、少なくとも Hi-Fi VHS の音声トラックに録音するよりはずっとマシだ。オープンリールデッキが消えて久しく、先ごろついに SONY から、DAT の販売終了が発表された今、FM 放送を連続で長時間、それなりの音質で録音する手段が完全に閉ざされてしまったのである。思えば今から30年近く前、近所のオーディオ専門店の、一番奥のリスニングルームに鎮座していた、世界初の PCM プロセッサ、SONY PCM-1 を初めて見たとき、それが一体何であるのかすら理解できない高校生だった私が、やがて情報工学を学び、コンピュータソフトの開発を職業として以来、ずっとあこがれ続けていた、PCM レコーダが、思わぬ形で手に入ったというわけだ。そう考えると、この RD-H1、DAT や CD レコーダを含め、過去に発売されたどんな PCM レコーダよりも安いのである。もちろん、これで録音した FM 放送は、CM カット、アナウンスカット編集して、カセットテープに録音するのだ。