/ Home / Archives / Remark / 20051206
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 デジタルオーディオプレーヤ購入レポート 

2005/12/06
少し気にはなっていたのだが、絶対に必要なものでもないし、購入に踏み切る理由を探すのに時間がかかってしまったが、ようやくデジタルオーディオプレーヤを購入した。機種は Creaive のフラッシュメモリ型 MuVo TX FM である。

1. 本当は必要ないんだけど
カセットウォークマンはまったく使わなくなってしまったし、MP3 ファイルが再生できるポータブル CD プレーヤも、カセットデッキしか付いていなかった以前の車に、カセットアダプタ経由で使っていたものの、昨年末にクルマを買い替えて、MP3 対応 CD プレーヤをオプションで付けたので、これも必要なし。電車通勤ならまだしも、自動車通勤では、そもそもポータブルプレーヤそのものを使う機会がない。
というわけで、アイテムとしては非常に興味はあるものの、1万円前後の買い物をするには、自分を納得させる理由が、なかなか見つからなかったのである。
ところで、このテの製品の総称は何と言ったらいいのだろうか。「デジタルオーディオプレーヤ」と言ったら、CD も MD も含まれるし、アメリカ流に「シリコンオーディオ」と言うと、ハードディスク型が入らなくなってしまうし、「記録メディア内蔵型」などと難しい言い方をしようにも、SD カードでメディア交換できるものが登場してしまったので、これも無理。「MP3 プレーヤ」と言ったら、前述の CD プレーヤも含まれてしまうし、WMA で使っている人も多いだろう。iPod がオリジナルであるなら、かつての WALKMAN のように、総称として「iPod 型」などと言っていいかもしれないが、むしろ iPod は後発だから、総称とするには抵抗がある。

2. 無理矢理購入理由
旬のものだから買いたい。でも買う理由がない。こういうときは無理矢理にでも購入理由を見つけて、自分を後押ししないと、なかなか踏み切れない。そこで今回は「USB リムーバブルフラッシュメモリの代用」という大義名分で、理由付けすることにした。
もはやフロッピーディスクは、リムーバブルメディアとしての役割を終えているし、かといって、CD-R や DVD-R、MO などの光ディスク系は、すべてのパソコンに必ず接続されている、というほど決め手になるものが、まだ存在していない。やはり次のスタンダードは、USB メモリだろう。そしてこれならデジタルオーディオプレーヤと兼用できる。むしろメモリとして使わないときも、プレーヤとして使えるというのは、いつ必要になるかわからないので、普段から持ち歩かねばならない、という消極的な目的を、音楽を聴くために、普段から持ち歩きたい、という積極的な目的に変えてくれそうである。

3. iPod は対象外
使用目的が決まれば、購入候補も絞られてくる。USB メモリの代わりなので、当然ハードディスク型は候補からはずれるし、USB Mass Strage Class に対応した機種でなければならない。
当然国内シェアナンバーワン(2005年11月現在)の iPod が思い浮かぶのだが、いくつかの理由で、iPod は最初から対象外なのである。購入条件を優先順位で列挙してみよう。
・必要条件
利用目的から、フラッシュメモリ型であることと、USB Mass Strage Class に対応していることは、前述のとおり。
これに加えて、乾電池が使えることが絶対に譲れない。以前、iPod Shuffle を見に、名古屋の Apple Store に行ってきたのだが、電池交換が修理扱いで、1万円以上するとのこと。本体が1万円程度なのに。リチウムイオン電池などというのは、毎日使えば1年で容量が半減、2〜3年で交換が必要になることは、周知の事実。つまり間違いなく消耗品である。その消耗品の交換が修理扱いとは、呆れてものも言えない。それに、まだ使って消耗するぶんには、納得もできよう。しかし二次電池は使わなくても、どんどん劣化するのだ。最初に書いたように、オーディオプレーヤとしては、どうしても必要なものではないし、毎日の自動車通勤で、使う時間もない。普段使わないのに、使おうと思ったら使えなかった、というのがもっとも避けたいパターンである。そういうわけで、私はデジカメも、使い倒す予定の一眼レフを除いては、必ず乾電池が使える機種を選ぶことにしている。究極的な性能はリチウムイオン電池にかなわないが、家電製品というのは、間違いなく使っているうちに飽きてくるものなので、「使わない」性能が重要なのである。もちろん乾電池対応のものであれば、本当に気に入って毎日使うようなことになれば、ニッケル水素電池を使えばいいのだ。
・あればうれしい
USB フラッシュメモリとしての利用目的があるのなら、当然 USB コネクタを内蔵したものが便利である。もしその条件が満たせない場合は、USB ケーブルが、デジカメなどで使われている、汎用の 5pin のもの。そうすれば、ケーブルを1本かばんに入れっぱなしで済むから。
それからやはり日本語 ID3 タグ表示のできるものが便利だろう。どうしても必要と言うわけではないが、あるとないとでは大違いだ。
もうちょっと欲張って、FM チューナ付きがいいかもしれない。以前カセットウォークマンで FM チューナ付きを買ったとき、非常に便利だと感じた。実は FM 放送が大好きなのだ。
・どうでもいいこと
パソコンなしでリアルタイムエンコード。
カラー液晶とか有機ELとか。

4. ダイレクトメールに乗せられた
条件が決まって、そろそろ買う決心が付いた頃、たまたま私宛に来ていた、近所のミドリ電化のダイレクトメールを見ると、まさに条件にぴったりの機種、Creative Muvo TX FM 256MB が、会員特価 \6,980 で売り出されているではないか。同機種には 512MB のものと 1GB のものがあるが、そちらは特価品ではない。最近は 1GB クラスのものに人気があるようで、もはや 256MB は在庫処分状態なのだろう。
もちろんメモリ容量は大きいに越したことはないのだが、このジャンルの製品は、より大きな容量を望んでしまうと、もうちょっと待てばもっと大きく、安くなる、という永遠に待ちの状態になってしまう。自分に必要な最低容量のものが、一番安く買える、ディスコン直前というのが狙い目なのである。そもそもハードディスクタイプでない限り、手持ちの CD をすべてリッピングして持ち歩くというのは無理だし、ならば多少容量が大きかろうと、そのとき聞きたい曲が保存されていなければ、結局自宅で入れ替える必要があるわけだ。256MB のメモリに、128kbps の MP3 ファイルを保存すると、約4時間半。半分の容量を使って音楽を録音し、残りをデ−タ交換用に割り当てたとしても、CD 2枚分は持ち歩けることになる。カセットテープ時代なら、テープ3本程度をウォークマンと一緒に持ち歩くのと同等だから、少なくとも私にとっては、まったく不足はない。もちろん FM ならいつでも聴けるし。
その日のうちに、迷わずクレジットカードを持って、ミドリ電化に買いに行った。

5. ファームウェアのバージョンアップ
数年前に、初めて Rio の 128MB のプレーヤを見て、256MB モデルが1万円を切ったら買おうと思い、そのまま機を逸してしまったが、こうしてようやくデジタルオーディオプレーヤを手に入れることができた。
買いに行く前にメーカのサイトで仕様を確認していると、すでにファームウェアが何度かバージョンアップされていることがわかったので、あらかじめ最新のものをダウンロードしておいた。実際に購入した製品のファームウェアバージョンを確認すると、やはり最新のものより少し古かったので、特に不具合はなかったが、とりあえずバージョンアップしてみた。バージョンアップすると、保存したファイルや設定情報がすべて消えてしまうと書かれていたから、実際に使う前に済ませておきたかったのである。このあたりが PC オーディオの老舗である Creative のいいところだ。家電メーカのものだと、ユーザリスクでこういうことをさせたがらないものである。
肝心の音質は、私が持っている、Panasonic の MP3 対応ポータブル CD プレーヤに比べて遜色のないものだ。単4電池1本駆動なので、ややアンプの出力が小さいかなという気もするが、大音量で鳴らすのが目的ではないので、これは問題ない。電池の持ちは、カタログスペックで15時間程度ということだが、ほぼ間違いないだろう。購入してから1週間、毎日使っているわけではないが、時々電源を切り忘れたりして、10時間くらいは使ったかな、という感じで、現在バッテリーインジケータの目盛りが、3つのうちひとつ減っている。デジタル機器なので、アルカリ電池とニッケルマンガン電池(Panasonic のオキシライド等)で、どれくらい持ちが違うか、試してみたいところだ。この分では充電式のニッケル水素電池は、使う必要はないだろう。
リムーバブルメディアとしては、もちろんまったく問題ない。今のところ自宅のすべてのパソコン、職場のすべてのパソコンで、通常のリムーバブルドライブとして、認識されている。普通の USB メモリが、256MB \3,000 くらいで買えるが、プラス \4,000 で、MP3 も聴けるし、FM も聴けるし、ボイスレコーダにもなるという付加価値は、十分リーズナブルなものだと思う。