/ Home / Archives / Remark / 20050910
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 スペック追求を放棄したデジカメ選び 

2005/09/10
Yahoo! オークションを見ていて、目に入ったカメラをつい落札してしまった。3年ほど前に発売になった、122万画素のコンパクトデジカメ Konica Revio C2 である。当時すでに300万画素クラスが主流であったが、そういう流れとは別に、AXIA EYE PLATE MEGA、CASIO EXILIM、SONY CyberShot U10 などの、100万画素級超コンパクトクラスが登場した頃の1台で、それらの中では売り上げはパッとしなかったようだが、一番カメラらしいカタチをしていて、買うならこれだな、などと思っていて、そのまま忘れてしまったことを思い出したのだ。
悲しいかな、100万画素クラスは、もう携帯電話に市場を奪われてしまったので、超コンパクトといえども今は500万画素以上が普通である。しかもいつの間にか液晶モニタは大きければ大きいほどよい、という定説が生まれ、最近では2.5インチ20万ピクセルなどという、高級一眼レフ並のモニタを装備していたりする。その上薄さ競争は激化し、必然的に扁平で巨大な、他機種と互換性のないリチウムイオン電池を内蔵しなければならなくなった。
おかげで何が犠牲になったかと言うと、小さなレンズに小さな高画素の撮像素子で ISO 50 などという低感度になり、電池は値段が高く入手性が悪い、しかも電池寿命はほとんど伸びていない。つまりコンパクトカメラとしての本来の性能や利便性がどんどん失われ、より薄く、電池食いのカメラになっていくのだ。

というわけで、最近のいわゆる超薄型コンパクトというカメラにはまったく興味がなかったのだが、この Revio C2 はそうではない。まず 122万画素(1280*960)というのは、ファイルサイズが 250KB から 500KB 程度しかない。このカメラはメモリカードスロットがないので、内蔵メモリしか使えないが、14MB のメモリで標準画質なら55枚以上撮れる。普段持ち歩いて、毎日家に帰ったらパソコンに転送するのであれば、まったく不足はない。
122万画素で得られる画質は、もちろん写真好きを満足させられるものではないが、そもそもレンズがこんなに小さいのに、レンズの解像度以上の画素数があっても意味がない。つまりこんなに小さなカメラなら、画質はよくなくて当然。それに見合ったファイルサイズだから、不満はないのである。もしこの大きさのレンズの解像度で 500万画素、ファイルサイズが 3MB もあったら、私は絶対に我慢できないだろう。
それから電池が単4アルカリ2本というのがいい。もちろん単3の方がはるかに経済的だが、そうなると並の厚さのボディになってしまい、魅力半減なので、そこは我慢しよう。液晶モニタが1.6インチと小さいせいもあって、差動電圧が低く、普通のアルカリ電池でもかなり使い切ることができるのがうれしい。私は後日ニッケル水素電池を買ったが、絶対に必要というほどでもなさそうだ。電池の残量警告が表示されたら、光学ファインダーを使うという手も残されている。最近のコンパクトは、大型液晶モニタに占領されて光学ファインダーも装備されていないな。
ただひとつ、内蔵フラッシュだけは使い物にならない。カメラに絞りがない上に発光量固定なので、適正露出は被写体までの距離が一定の場合だけしか得られないのだ。私のテストでは、1m〜1.5m くらい。これ以上だとアンダーでこれより近ければオーバー。フラッシュ直焚きでオーバーになると、デジカメの場合どうにも救いようがない。

122万画素では満足な解像度が得られないとか、液晶モニタが小さくてピントが確認できないとか(これは固定焦点だから確認する必要もないが)、14MB のメモリではレジャーやイベントでは撮影枚数が足りないとか、そういうことはまったく問題にならないのである。なぜなら私はデジタル一眼レフ(Nikon D70)も持っているし、高級コンパクトといわれる400万画素機(Nikon COOLPIX4500)も持っていて、写真を撮ることが目的の外出であれば、迷わずそういうカメラを持っていくからだ。
つまりこれは、フィルムカメラ時代、カメラがないからといって、コンビニで写ルンですを買って、とりあえず写真を撮ったのと同じ感覚で使えるカメラなのである。だから写ルンですよりも小さくて、薄く、ポケットやかばんの中にいつも入れておいて、写そうと思ったら電池切れでも、すぐにコンビニで単4電池を買って、とりあえず写真を撮る。そういう使い方をしたいのだ。そう考えると、まず 35mm フィルム換算で、38mm F2.8 というレンズがいい。写ルンですよりはるかにスナップ向きだ。あちらは、40mm F11 くらいだから。しかも、実際に使ってみて驚いたが、周辺減光がほとんどない。何枚か L 版にプリントしてみたが、中心部の画質は写ルンですといい勝負。写ルンですは、中心しか使えなかったから、周辺部は確実にこちらのほうが実力が上だ。もちろん55枚撮れるということは、写ルンです2個分。明らかな失敗作は、モニタを見ながら消すことができるから、実際にはもっと余裕がある。

数日間 Revio C2 を持ち歩いて、高級なカメラでは得られない、妙な楽しさを感じていて、ふと思い出した。38mm F2.8 というレンズは、私の父親が一眼レフを買った直後に、普段気軽にいつでも撮れるようにと、続けて買った Konica C35、通称「じゃ〜に〜コニカ」と同じスペックである。当時小学生だった私は、そう簡単に、一眼レフを持ち出すわけにも行かず、友人とサイクリングに行ったりするときには、いつもこの「じゃ〜に〜コニカ」を使っていた。今ではその頃のネガをすべてスキャンして、最新のデジカメで撮った画像と同時に見ることができる。30年以上も前の記憶が、次々とよみがえってきたのだ。小さなカメラでパチパチ撮る。それは一眼レフで撮った写真のクオリティには及ばないけれども、楽しさは格別だ。あのときの父親の Nikomat FTN が、今は私の Nikon D70 に、Konica C35 が、この Revio C2 に置き換わって、また同じ楽しさを味わっているのだ。
そういえば、今から10年ほど前、これと同じようなことを感じたことがあった。当時 Nikon F70D を買ったばかりで、オートフォーカス一眼レフの新たな可能性に目覚めていた頃、コンパクトカメラなどまるで興味がなかったのに、つい値段につられて買ってしまったのが、Konica k-mini である。当時出張が多く、面白そうなものがあると、つい現地で写ルンですを買って、スナップを撮っていたのだが、これだけ小さなカメラなら、出張に持っていっても邪魔にならないし、もしまったく使わなかったとしても、それはそれでかまわないと、一時期、毎日持ち歩いていたのだ。ただ、残念ながら、このカメラは画質が悪すぎた。28mm という焦点距離は魅力的だが、F6.7 のレンズはあまりにも暗く、それでいて周辺減光がひどく、解像度も中心部から大きく落ちる。出来上がった写真を見るたび、今度は一眼レフを持って行こう、と思いつつ、だんだんスナップを撮ることに関心がなくなってしまったのだ。

今回の Revio C2 は、果たして、Konica C35 のような、楽しいスナップカメラになってくれるのか、K-mini のように、やがて忘れ去られてしまうのか。でも、この30数年間、いつもニコンの一眼レフに、意識せずコニカのコンパクトという組み合わせだったというのは、興味深い。もっともコニカがミノルタと合併してしまった今、この次のニコンとコニカの組み合わせは、もうあり得ないのだというのが、ちょっと寂しくもあるが。


Konica Revio C2

Konica Revio C2
2002年12月発売、122万画素、4.5mm F2.8 固定焦点(マクロ切り替え)レンズ搭載のデジカメ。
単焦点レンズのおかげか、歪曲収差がほとんどなく、周辺減光も目立たない。最終的に 640*480 ピクセル以下で表示させるか、L 版プリントする程度なら「写ルンです」よりは画質がいい。また動作電圧が低いせいか、単4アルカリ電池2本でも1日使える。


Konica K-mini

Konica K-mini
1995年02月発売、28mm F6.7 固定焦点レンズ搭載の35mmフィルムカメラ。
発売後まもなく、コンパクトカメラは APS が主流になってしまったので、「写ルンです」を3台買うより安い値段で売られていた。28mm レンズのおかげで、「写ルンです」よりスナップしやすいが、周辺減光が激しく、満足な画質は、画角の半分くらいしか得られない。


Konica C35 Flashmatic

Konica C35 Flashmatic
1971年発売、38mm F2.8 HEXANON レンズ搭載のレンジファインダー式フィルムカメラ。
初代「じゃ〜に〜コニカ」にフラッシュマチック機構が追加されて、モデルチェンジした第2世代。レンジファインダーの精度はそれほど高くないので、ピントを正確に合わせるのは難しかったが、レンズの描写性能は必要十分。周辺減光は、開放付近では結構目立つ。