/ Home / Archives / Remark / 20050815
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 カーナビ考察 

2005/08/15
今更ではあるが、ようやくカーナビを買った。もちろん今までカーナビというデバイスに興味を持っていなかったわけではないが、購入対象ではなかった。なぜなら、まず値段が高すぎる。15年ほど前、初めて GPS カーナビがコンシューマ向けに発売されたとき、その価格は20万円から30万円。これはすぐに値崩れすると思っていたら、なかなか安くならない。もちろん、衛星の捕捉性能や経路選択性能、地図のデータ密度はどんどん上がっているので、価格対性能比で言えば、相当安くなっているのであろうが、消費者としては絶対的な価格が問題である。少なくともこの15年間、バブル崩壊以降自動車の価格はかなり下がっているのだから、アクセサリの価格が据え置きでは、どうしても買う気にならない。200万円から300万円の新車価格に対し、その10%をアクセサリに向けようとは思わないのだ。
それから、もちろんカーナビが絶対必要なものではないというのが、購入に踏み切れないもうひとつの理由。1年に何度かは、初めて通る道路で、自車の位置がわからなくなることはある。しかしオフロード車で道なき道を走るのが趣味ならともかく、日本の道路で、本当に迷子になることはまずあり得ない。それに携帯電話のおかげで、万が一道に迷ったとしても、先方に遅れる旨を伝えることはできる。以前は車に乗ったまま道に迷ったり渋滞にはまったりしたら、完全に世間から孤立してしまうことになったのだが、今はそういう心配がない。
そしてもちろん、一番の理由は、地図に勝る情報源はないということだ。PDA よりメモ帳のほうが軽くて安くて便利なのと同じ理由である。しかも PDA ならメモを書くときは多少不便でも、持ち帰ってパソコンのデータベースと同期を取るという名目が、十分購入動機になるのだが、今のところカーナビにはパソコンと連動させて効果的な用途を示した製品はほとんどない。音楽をカーナビの HDD にコピーするなどというのは、まったくどうでもいいことである。

ところが、もう少しカーナビに興味を持って、いろいろと調べてみると、サンヨーが CD-ROM タイプのカーナビを格安で発売しているらしいことがわかった。もうすっかり DVD から HDD に移行してしまい、CD-ROM タイプは市場から消えてしまったと思っていたのだが、最後の1社になってしまえば、競争相手もいなくなり、安定して販売ができるということか。通販、ネットオークション、カーショップの安売りなどで、ハンディータイプの GPS などよりはるかに安く手に入るようだし、数年毎にモデルチェンジもしている。もちろん同一機種でも毎年最新版の地図を梱包して、バージョンアップしているのだ。
しかも CD-ROM タイプの場合、地図はすでにゼンリンのナビ研規格のものに統一されており、これがまた毎年更新されているのだ。DVD タイプのものは未だ各メーカごとに独自のフォーマットであり、それが災いして、型落ちの機種では地図の更新すらされていないものもあるという。HDD タイプの場合、たいていはメーカからダウンロードした差分情報を、SD カードなどで更新する方式をとっているようだが、これとて、フォーマットはメーカごと、場合によっては機種ごとに異なるわけだから、いつ供給がストップするかわからない。
いくら情報量が多い DVD でも、地図が古かったら何の意味もないし、毎年地図が更新されたとしても、 DVD 地図は値段も CD-ROM の数倍だ。それにゼンリンの CD-ROM 地図で、全国版のものがあるのに、その数倍の容量を持つ DVD には、一体どんな情報が入っているのか、そのあたりをさらに調べてみると、違いはなんと 3D の市街地図や個人宅の電話帳、コンビニやレストランの情報らしい。
以前、自動車雑誌を読んでいたら、CD-ROM タイプのカーナビは、値段は安いが情報が少ないので、手を出さないほうがよい、などと書かれていたが、あれはやっぱりスポンサーへのよいしょ記事だったのだな。3D 地図なんて、地図としてはまったく意味をなさないし、カーナビでレストランを検索して見知らぬ街をドライブするなど、到底考えられない使い方だ。

というわけで、CD-ROM カーナビなら、費用対効果が現実的であると確信。これならナビ不要論者の私でも、買ってみて後悔することはなさそうだと思った。しかし急いで買う必要もあるまいと、興味は持ちつつも、静観していたとき、ちょうど近所のオートバックスに、オイル交換の価格を調べに立ち寄ったところ、\39,800 で山積みになっている、サンヨーの NV-410(A) を発見。これは数年前の市販モデルに、最新のゼンリンの地図を添付して、オートバックス専用モデルとして、通常 \49,800〜\59,800 で売っている商品である。最新の市販モデルと経路選択機能などは変わらず、特売価格の \39,800 なら「買い」であると、すでにあちこちの掲示板でリサーチしていたので、クレジットカードの一括払いで購入。ついにカーナビユーザになってしまったのである。

しばらく使ってみての感想は、GPS ナビゲーションとして、一体これ以上に、どんな機能が必要あるのか? というほどの満足感である。実は今回のリサーチまで知らなかったのだが、クリントン前大統領が、2000年に GPS サテライトの、スクランブル機能を解除して、本来の軍事精度を提供していたのだ。つまりそれ以前の GPS カーナビのように、数百メートルの誤差を持たせた GPS 情報を受信し、あとは自立航法で正確な位置を計算する、という手順を踏まなくても、現在のカーナビは GPS の精度だけで、十分実用的な自車位置を計算できるらしい。なんといってもミサイルがピンポイント攻撃できる精度なのだから。したがって、車速検出やジャイロを持たない、後付のポータブルナビでも、数メートルの精度でナビゲーション可能だということだ。
高性能(高価格)ナビ支持者の意見としては、自立航法を備えていないと、トンネル内でナビゲーションできないということだが、幸いにも私の知る限り、世界中の自動車道路のトンネルは、入口が一意に出口を決定するので(つまりトンネル内に分岐点はない)、そのトンネルに入った時点で、トンネルから出たときは、自分がどこにいるのか確定できるのである。フレームリレー網の DLCI が、入口情報しか提供しないのと同じリクツだ。