/ Home / Archives / Remark / 20050318
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 これが最後のカセットデッキか - 2005/03/18

2004年12月、8年ぶりに車を買い換えた。通勤で使うので走行距離は年間1.5〜2万km、生活必需品である。
カーオーディオにハイファイを求めるわけではないので、高価なアフターパーツは不要なのだが(そもそもあれは高音質なのか)、多くの車種でオプションリストにすらカセットデッキがないのに驚いた。もちろん標準装備としてはほぼ絶滅状態。モデルチェンジ間近の古い車種にはカセットデッキを装備したものもあるので、ここ数年の間に絶滅したのだろう。1.5リッター以下のコンパクトクラスでは、CDプレーヤかDVDナビの選択しかできないという車種も多い。
そもそもカーオーディオは、初期の8トラックから、カセット中心になったときに、市販のアルバムまるごと1枚を聞くのではなく、自分のお気に入りを編集して、それを聞きながらドライブを楽しむためのものになったはずだ。ところがカーオーディオが CD になってしまっては、市販されているアルバムを、丸ごと1枚聴くしかない。もちろん CD なら気に入らない曲はスキップすればよいのだろうが、それだとアルバム1枚、あっという間に終わってしまう。そういうところから CD チェンジャーの要求があったのか。しかしそうなると、マガジン1個分 CD を交換するのはえらく面倒だし、CD を1枚ずつ吸い込む形式のものなど、論外である。入れた順番の逆でしか取り出せないのだ(つまりスタックの PUSH & POP)。
そういう文句を言ううるさいユーザは MD を買えということか。確かにメーカは MD を売りたいだろう。MD は日本市場でしか普及していないから値段が高値安定である。もし海外でも MD が普及すれば、サムソンや LG あたりが量産し、日本のメーカにも大量に OEM するだろうから、おそらくカセットデッキよりも値段が下がるはずだ。CD プレーヤの価格下落を考えてみればいい。光学デジタルディスクの再生装置は、基本部分さえモジュール化してしまえば、カセットなどよりはるかに構造が単純で、部品が少ない。日本国内でしか大量販売されていない MD だからこそ、今のうちにメーカは原価低減と、売価維持に努め、利益を出せるうちに出しておきたいというのがホンネだろう。カーオーディオの音質にこだわらない、という私なので、ここであえて「MD は音がよくない」とまでは言わない。MD は高すぎるのだ。
幸い私が買おうとした車には、オプションリストにカセットデッキが載っていた。取り付け工賃込みで、なんと1万円強である。MD だと4万円。迷わずカセットを選択した。これが私にとっての最後のカセットデッキになってしまうかもしれないのだ。

とはいってもこの車、カセットデッキだけではなく、CD プレーヤもオプションで追加した。しかも MP3 に対応している。カセットとあわせて、4万円のオプション。MD だけを取り付けるのと値段が変わらないのだ。
MD はダメで MP3 CD なら OK か? そのとおり。MP3 CD はすでに底値になった CD プレーヤに、汎用のエンコーダを組み込んだだけで、世界中に市場があり、カーオーディオもポータブルプレーヤも、それなりに適正価格で買える。ランニングコストも MD よりはるかに安く、しかも、当たり前のことだが、CD-DA が再生できるのだから、いい音で聴きたいときには CD プレーヤとして使えばよいのだ。
実際のところ、新しい車ではカセットデッキはほとんど使っていない。手持ちの数百枚の CD から、お気に入りだけリッピングした CD-R を、5〜6枚車の中に入れておくだけで十分だし、マスタはパソコンの中に残してあるので、炎天下の車内で CD-R がダメになっても、すぐに焼き増しできる。カセットも MD も出番はない。
というわけで、カセットデッキの使い道は、前章までに書いてあるような、カセット全盛時代の思い出深い曲だけを、ドライブ中気持ちよく聴くために、特別に編集したテープを数本用意してあるので、そんな気分になったときのお楽しみなのである。

MAZDA ATENZA

マツダ アテンザ
2002年5月発売、フォードグループ傘下でスタートした新生マツダの第1弾。
主要マーケットである、ヨーロッパ市場からの要求らしく、オーディオは DIN タイプではなく、盗難にあいにくい、専用コンソールに埋め込むタイプなので、メーカのオプションリストからしか選べない。標準装備では、ラジオの他に CD とカセット or MD 用の目隠しフタがついている。つまり MD とカセットの同時装着は不可。私は MP3 CD とカセットを選択したので、目隠しフタは両方とも取り払われた。