/ Home / Archives / Remark / 20040710
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 新しい価値観の時代 - 2004/07/10

こうしてこのページで自分のカセット史を書いてみると、1973年頃から1978年頃までがモノラル時代。1984年頃までがステレオカセットとレコード時代。1996年頃までがカセットと CD 時代。2000年頃までがカセットと CD、MD (ほとんど使っていなかったが)時代。2003年までが HDD、CD-R 時代であることがわかった。驚いたことに、CD を聴きながら、時々カセットも使っていた時代というのが、10年以上にわたっていることになる。自分としては、カセットに熱い情熱を注いでいた、カセット+レコード時代が一番長かったと思っていたのだが。
私が小学生の頃、カセットが世に出てまもなく40年、これほど長く続いた記録メディアが、今まさに消えようとしている。そういえば、コンピュータ用のメディアの中でも、最も息の長かった3.5インチフロッピーディスクが、今消えようとしている。MD はすでに次の規格が発表されているし、若者の関心は、もはやフラッシュメモリやハードディスクレコーディングに向いているので、MD が今からカセットより長く続くとは思えないから、やはりカセットやフロッピーディスクに代わるメディアは、CD と DVD だろう。どちらも特定目的のメディアではなく、汎用的な記録メディアとして設計されているので(CD は後付け規格だが)、より大きな市場規模が見込めるのも強みだ。
私も古いメディアにこだわって使いつづける気はないので(むしろ新しいモノ好き)、写真もどんどんデジタル化しているし、新たな録音をカセットでする気はない。それよりも、カセットには録音という行為を遊びとして楽しめる要素があるからいいのだ。オープンリールでの録音は、手間が多く苦痛にさえ感じることもある。MD や CD-R は録音というより、ファイルコピーであり、情報の正確さだけが要求される。それに対し、カセットへの録音は、わずかばかりの手間と、手間をかければそれに見合った、わずかばかりの音質向上が期待できる。ディレクターごっこの道具なのである。
だから手持ちの機材が使える間は、カセットでディレクターごっこを楽しみたいと思う。去年、録音済みカセットをデジタル化するために、デッキを買ったときは、ある程度の再生音質さえ保証されていればそれでよかったのだが、ディレクターごっこをやるとなるとそうもいかない。やはり手動キャリブレーションと同時モニタのできる3ヘッド機が必要だ。しかしすでに市場には3ヘッド機がほとんど残っていない。そういうわけで、今年になって実は2台の3ヘッド機をヤフーオークションで落札した。SONY TC-K700S と TC-K710S である。どちらもシングルキャプスタンの3ヘッド機だ。詳しくは Text-Remark のページに書いたが、将来のメンテナンス性を考慮して、あえてデュアルキャプスタン機は買わなかった。実はこの2台、数年前に TC-K555 を買い換えようと思っていた時の第1候補でもあったので(その頃は適当に、安い3ヘッド機でいいと思っていた)、型番を暗記するほど興味を持ってもいた。実際に2台が手元に来てわかったのは、録音同時モニタや手動キャリブレーションができるだけでなく、2ヘッドの普及機とはひとクラス違う操作性を実現しているということだ。この2台はキャプスタンモータとリールモータの他に、ロジカルコントロールの駆動用に専用モータを使った、3モータ構成で、ポーズ解除の立ち上がりは ES シリーズと同様一瞬である。去年の夏に買った YAMAHA KX-493 や、その後オークションで落札した、他の2ヘッド機は、ポーズ解除の反応は20年前の3ヘッド機の TC-K555 に遠く及ばず、CD から録音するにも、CD プレーヤの動作を見越して、十分に余裕を持って早めにポーズ解除しないと、曲の頭が切れてしまうほど遅いのである。この応答性だけでも、新たにこの2台を手に入れた価値があるというものだ。やはりカセットデッキは最低限このクラスでないと満足できない。
2台をしばらく使って、不具合がないことを確かめた後、サービスセンタに持ち込み、消耗部品の交換と、オーバーホールを頼んでおいたのが、先日手元に戻ってきた。標準修理の範囲で、それぞれ1万円強である。修理明細を見ると、両機ともキャプスタンモータと駆動用ベルト、メカ駆動用ベルト、リーフスイッチ、ロジカルコントロールのロータリースイッチ、ピンチローラアセンブリーを交換されていた。今は新品の3ヘッドデッキを2台まとめて手に入れたような気持ちである。

SONY TC-K700S,TC-K710S

SONY TC-K700S 1993年発売。SONY TC-K710S 1995年発売、定価 \49,000。TC-KA ES シリーズと同時期の製品。高級機 ES シリーズと、2ヘッド普及機の中間に位置した、3ヘッド、シングルキャプスタンの中級機。
ソニーとしては3ヘッドのシングルキャプスタン機は非常に珍しく、この世代限りだったと記憶している。K700S は、ドルビー S と、手動キャリブレーションのための、オシレータを内蔵しているが、それ以外に際立った特徴はない。
K710S は、キャプスタンサーボが FG からクォーツになり、サファイアキャプスタンベースを採用し、カセットリッドの内側にソルボセインのパッドが装備され、ES 並みに贅沢になった。音質はどちらも2ヘッド機とは一味違う、厚みのあるものとなっている。