/ Home / Archives / Remark / 20040707
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 デジタルレコーディングの時代 - 2004/07/07

CD は音楽再生に革命をもたらしたが、個人の録音はその後10年間アナログのままだった。ビデオデッキを利用した PCM は、ごく一部のマニアのモノでしかなかったのだ。しかし90年代になって、DAT、DCC、MD、CD-R の登場によって、アナログレコーディングは一気に終焉を迎えることになった。
DAT はアマチュアミュージシャンの CD マスタリングとしてかなり普及したが、コンパクトカセットに取って代わることはなかった。やはりその機構の複雑さゆえ、簡単にはコストダウンできなかったのが原因だろう。しかし MD の登場は致命的だった。「音質以外」のすべての要素が、カセットを不要にするスペックだったのである。
かくいう私は1996年に初めて MD レコーダを購入した。そのときは、MD こそデジタルレコーディングの決定打だと思ったからである。そしてすぐに編集用に、もう1台を買い足した。が、それっきり MD に対しては、まったく興味を失ってしまったのだ。何よりも保存性や耐久性に疑問があった。もちろんカセットでも保存環境によって、音質は次第に低下する。しかし MD の場合、エラーは必ず TOC 領域で発生し、ある日突然に、ディスク内のすべてのデータを失うのだ。それがまったく予期できない。そしてもうひとつ、MD の音質は音楽録音には適していないことがわかった。ごく最近の、新しい MD レコーダの音を聴いていないので、私の判断が今でも正しいかどうかわからないが、私の MD のコレクションは、録音済みディスクが50枚程度になった時点で、完全に止まってしまった。
しかし市場はそうはならなかったようだ。MD は順調に普及し、2000年頃までに、完全にカセットテープを駆逐した。私たちの年代が、8トラックカートリッジに見向きもせずに、カセットを求めたように、若者は MD 以外の録音媒体に興味を示さなくなった。そして、MD の普及によって、音楽ソースとなる、CD のレコーディングも、やがて MD に録音して聴くことを前提にしたとしか思えないような音作りになっていったのである。最近の日本のポップスを、試しにカセットに録音してみるといい。メータが 0dB を越えないように慎重にレベル設定しても、絶対にオーバーレベルで歪んでしまう。CD も MD も、スペック上は 20Hz〜20000Hz まで、フラットな特性を持っている。それに対し、高級なカセットデッキは、確かにそれ以上の周波数帯域をカバーするが、フラットに 0dB なんて絶対に無理。10000Hz 以上ではせいぜい -10dB である。ところが最近の CD には、ボーカルと同じレベルで、それくらいの高音が入っていたりする。また、50Hz 以下で 0dB 近い入力があると、カセットの場合それ以上の周波数でひどい混変調歪みを起こすが、最近はミニコンポでもスーパーウーハーでそれくらいの低音を出すので、CD にも遠慮なく入っている。MD の場合、少なくともスペック上は、それらの入力を難なくこなしてしまうのである。
しかし、日本のポップスをほとんど聴かない私には、そういう最近の CD の傾向は、あまり関心のあることではないので、あえて MD を使おうとは思っていなかったのだが、そんな私にとっても、革命的だったのが CD-R と PC の連携である。なんといっても CD のソースを、ほぼそのまま(理論的には同じにはならないが)録音できてしまうのだ。録音というよりファイルコピーに近い感覚だが。購入した CD から、お気に入りの曲を集めて1枚にする。あるいはシングルを全部まとめて1枚にする、そんな使い方ならもはや無敵のメディアである。そして PC のハードディスク容量が急激に増大するにつれ、CD-R ですら保存という目的には使用しなくなった。お気に入りの曲があれば、そのままハードディスクに WAV 形式で保存しておけばいいのだ。そこからいつでも CD-R に焼けるし、どんなベストアルバムができるか、試しに CD-RW に焼いてみることもできる。もはやオーディオセットから、音楽を録音するという目的は失われてしまったのである。
こうして2000年頃から、私は心の中でカセットの存在を黙殺していた。今あるテープを聴くために、カセットデッキだけは手元に置いておこう、そして私が生きている間に、これらのテープが聴けなくなってしまったり、カセットデッキがなくなってしまったりしないことだけを祈ろうと。しかし2003年になって、ようやく手持ちのカセットテープを、デジタル化する目処がついたとき、最後のカセットデッキを購入する決断をしたのであった。