/ Home / Archives / Remark / 20040704
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 カセットデッキ最終章 

2004/07/04
前々回のこのページで私が21年ぶりにカセットデッキを購入した経緯を書いたが、あれから1年、いよいよカセットデッキ市場が終焉を迎えたようだ。
まず昨年末、最後の3ヘッド、デュアルキャプスタン機、SONY TC-KA3ES が生産中止になった。残る3ヘッド機は TEAC V-1050 と、Pioneer T-D7 のみ(どちらもシングルキャプスタンだが)。しかしある販売店の情報によると、Pioneer T-D7 もすでに生産中止が決まっているという話だ。2004年7月現在、各メーカの最新のカタログを見ると、SONY は 2機種、内1機種は在庫限り。Technics も2機種。両メーカとも、ダブルリバース機とシングルリバース機各1機種である。Pioneer はダブルリーバス機と3ヘッド機の2機種、しかし3ヘッドの方は上記のとおり生産中止のウワサ。それから YAMAHA は私が買った、ワンウェイの KX-493 と、ミニコンポ用1機種。TEAC だけがかろうじて5機種をラインナップしているという状況。
ハイファイオーディオ以外に転じてみると、まずミニコンポ。こちらははるか以前から惨憺たる状況である。カセットの組み込まれた機種は、ほとんど1万円以下の、子供向け(というより、老人向けだろう)機種だけ。もちろんテープセレクタなどすべて省略されている。ひどいものになると、ラジカセ用のオートリバース機のコンビネーションヘッドをそのまま固定して、ワンウェイ機にしているものまである。
ラジカセも状況は似たようなものであるが、唯一 Panasonic だけが、高音質の CD ラジカセを販売している。しかしこちらも今年のモデルチェンジで、ハイポジションテープは、再生のみになった。さらに象徴的なのは、長年ラジカセの高級機種には MD 接続用の CD プレーヤのデジタル出力がついていたのだが、ついにこれが省略された。つまり今時ラジカセを買う人で、MD を後から買い足す人などいないとの判断だろう。
カーオーディオはあまり興味がないので、しっかりカタログを見てはいないのだが、オートバックスのオーディオコーナに行くと、カセットデッキは1万円以下のものが1機種か2機種しか置かれていない。店員に聞いてみると、高齢者やトラック運転手などに需要はあるのだが、メーカが供給していないので、なんともならないのだそうだ。確かに MD に比べればきわめて複雑なトランスポートを持つカセットデッキが、MD より安く売られている状況では、メーカも生産台数を増やす気にはならないだろう。
というわけで、多くのメーカは今年中にカセット関連機器の生産を打ち切るか、継続するかの選択を迫られそうだ。私は現在、1980年以前に録音したテープをすべてデジタル化し、それ以降のもので、古いテープやノーブランドの品質に疑問のあるテープを選別して、優先的にデジタル化している最中であるが、カセットはカセットで細々と運用することにした。カーオーディオも幸い(?)カセットデッキだし。
それから、実は今年になって、シングルキャプスタンの3ヘッド機を、オークションで2台落札し、それを現在メーカでオーバーホール中である。音質的にはデュアルキャプスタンの方が圧倒的に有利だが、もうここまでくると、将来のメンテナンス性の方が重要である。デュアルキャプスタンの場合、わずかな走行系のトラブルが、テープに致命的なダメージを与える可能性が高いし、メーカの部品ストックも、1機種あたりの部品点数が多いほど、保有期間が短くなるだろう。それにメンテナンス技術もより高度なものが要求され、たとえば数年後にオーバーホールに出したときに、本当に完全に調整されて戻ってくるかも疑問なのである。