/ Home / Archives / Remark / 20040628
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 デジタルと AV への移行 - 2004/06/28

私が大学生最後の年に、CD が発売された。高校時代、ビデオデッキに接続して録音する、SONY の PCM プロセッサを見て、いったいそれが何なのかまるで理解できなかったのだが、大学でコンピュータを学び、デジタルに対してある程度の知識を得た私は、間違いなく CD が将来の音楽市場を一新することを予感した。そして同じ時期、ビデオ市場がまさにベータ対 VHS 戦争時代に突入していたのである。
私自身はビデオに対してそれほど関心を持ってはいなかったのだが、アメリカ市場で GE が VHS 陣営に加わり、勢力を逆転させたときに、VHS の勝利を確信し、1984年に初めて VHS ビデオデッキを購入した。それからしばらくはベータと VHS の戦いが続き、長時間化、高画質化に拍車がかかったが、それでもビデオとオーディオはまったく別物と捕らえていた。しかしβHi-Fi に続き、VHS Hi-Fi の登場が私のオーディオシステムに大きな変化をもたらした。それまでのビデオは長時間化のあおりを食らって、録音トラックの音質はどんどん低下する傾向にあった。140分テープ(当時最長)に3倍モードで録画された映像の音声は、まるで AM ラジオを聴いているようだった。しかし映像トラックに重ねて、ヘッドギャップを90度傾けて、音声を周波数変調して記録する VHS Hi-Fi は、音質こそ高級なカセットデッキは及ばなかったものの、オープンリールのようにワンウエイで数時間の録音が、しかもカセットテープ以下のランニングコストでできる、夢のようなメディアだったのである。社会人になって数年たっていた私はすでにそれなりの収入があり、迷うことなく2台の VHS Hi-Fi ビデオを揃えた。そして、それまでオーディオセットとは別に、テレビのある居間に設置していたビデオを、オーディオラックの真ん中に据付けることになったのだ。
こうしてレコードは CD になり、FM エアチェックは、カセットデッキの前でポーズボタンに指をかけて待機していなくとも、ビデオテープに連続録音し、後から満足するまで編集できるようになった。しかし CD はレコードと違い、聴くことによって劣化することはないので、CD をカセットに録音するのは、車の中で聴くテープを作るときだけ。レンタルショップもレコードから CD へ変わっていったが、社会人の収入があれば、欲しい CD くらいは躊躇せずに買えるし、何よりも忙しくてレンタルショップに行く時間がなくなってしまったのだ。こうしてだんだんカセットテープを使う機会は減っていき、私自身も高級テープに対する興味を失っていった。むしろカセットの役割は、灼熱の車内環境に耐え、それなりの音楽を聴かせてくれた後、1年たてば新しいテープと入れ替える消耗品となっていったのである。
しかし、それでもまだ1990年代前半までは、カセットテープは Hi-Fi 録音の唯一の手段だったのである(VHS Hi-Fi はその仕組み上、30分の1秒ずつの録音の貼り合わせであり、ヘッドの回転軸磨耗や、デッキ間のわずかな差によるトラッキングエラーが、盛大なノイズ源になるため、一時的な録音再生にしか使えない)。