/ Home / Archives / Remark / 20040518
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 カセット全盛時代 - 2004/05/18

CFS-D7 を手に入れて、テープライブラリを充実させていった私は、やがてラジカセ1台の生活に飽き足らず、ハイファイオーディオの世界に足を踏み入れて行くことになる。スピーカの左右幅が狭く、机の上でラジカセ本体とにらめっこしながらでないと、音像が定位しないという、ラジカセの致命的な欠点を克服するのが先決だった。そこでコンポーネント化の第一弾が外部スピーカの設置である。私が最初に選んだのが、FOSTEX のフルレンジユニットとパッシブラジエターを小型のエンクロージャに収めたキットスピーカ。手のひらに乗るほどの大きさだったが、重量のある木製キャビネットからは、信じられないほどの広がりのある音が再生された。そしてレンタルレコードをテープにコピーするためのプレーヤ。これはたまたま大学の生協で格安で売り出していたもので、かなり重量のある、クオーツロックのダイレクトドライブ。ラジカセとセットにするには贅沢すぎたが、ベルトドライブのプレーヤのベルトが数年で伸びきってしまうことを考えれば、消耗品のほとんどないダイレクトドライブの方が、かえって安上がりだと考えたのだ。実際当時のコンポーネントの中でも、このプレーヤは20年以上経過した今も、まったく問題なく動作している。
そしてついに、私は CFS-D7 に見切りをつけるべく、カセットデッキとアンプを手に入れたのである。カセットデッキは当時 SONY の最高峰だった TC-K777 の下位機種、TC-K555。もちろん3ヘッド、クローズド・ループ・デュアル・キャプスタンである。カセットデッキを買うなら、これだけは譲れないと考えていたのだ。当時のカセットデッキの価格からすれば、特別高級品というわけでもなかったが、それでもこのクラスのデッキは、あらゆるパーツが普及品とは違っていた。最初のページに書いたとおり、このデッキも基本的なメカは、20年以上経過した現在も問題なく動作する。当時の普及品のデッキは、たいてい10年ほどでロジックコントロールが暴走するようになるのだ。同時期に買ったアンプは YAMAHA A-5D、そしてブックシェルフスピーカの名機 YAMAHA NS-10M を手に入れた。
1980年代半ば、この頃がおそらくカセットオーディオの全盛時代だっただろう。メタルテープの品質が安定し、DOLBY-C が開発され、オーディオメーカが各社10機種以上ものカセットデッキを発売していたのだ。そして Nakamichi 1000ZXL の発売をもって、カセットオーディオは頂点に達したといえるのではないだろうか。SONY の3連番機種は、その後1992年まで、毎年モデルチェンジされるのである。
もちろんカセットテープのバリエーションも実に豊富だった。TDK、Maxell、SONY などは、ベーシックタイプ、ノーマルポジションの音楽用、ノーマルポジションの高級品、ハイポジションの普及品、高級品、そしてメタルポジションの普及品と高級品、超高級品と、最低でも8種類程度は発売していた。
やがて大学を卒業し、社会人になった私は、チューナを除きほぼ完成されたオーディオコンポを実家に持ち帰った。社会人の給料で最初に買ったのは、もちろん FM チューナだ。こうしてチューナー部のみ利用していた CFS-D7 も、いよいよ本格的に引退となる。それ以降はベッドサイドの目覚ましタイマーとして、余生を過ごすことになった。
TC-K555 が、TYPE-I, II, III, IV とすべてのセレクタポジションを持っていたため、この時期私はあらゆるテープを買って試してみた。同じテープでもラジカセの音とはまるで違うし、高性能なピークレベルメータは、高性能テープの性能をギリギリまで引き出すことができたのである。特にメタルテープが使えるようになったのが一番うれしかった。メタルテープ第1号の SCOTCH METAFINE をはじめ、SONY METALLIC、TDK MA など、高価ではあるが、値段なりの満足感を得られたものである。


SONY TC-K555

SONY TC-K555 1981年発売、定価 \79,800。名機 TC-K777 に次ぐ、3ケタ名称のディスクリート3ヘッドの2号機。TC-K777 に比べれば、メカや電源などは大幅にコストダウンされているが、発売時期的に TC-K777 には DOLBY-C が装備されなかったため、こちらが SONY の初代 DOLBY-C 対応 3ヘッド機である。普及型のロジックコントロール機との決定的な違いは、キャプスタン専用モータで、デュアルキャプスタンを常時回転させており、ポーズはヘッドを中間位置まで持ち上げて待機しているため、ポーズ解除時の立ち上がりが圧倒的に早いことである。当時の FM 放送は、アナウンサーが曲を紹介し、間髪いれずに音楽がスタートするという編集がされていたため、このくらいのスピードがないと、FM エアチェックを頭切れなくすることは不可能だった。
プッシュ式のテープセレクタが弱点で、3年目くらいに部品が磨り減って、どのボタンを押しても、そこで止まらずに戻ってしまうようになった。修理で交換して以来、20年近く問題なく動いているので、きっと新設計の部品に変更されたのだろう。