/ Home / Archives / Remark / 20040402
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 HAMMOND XB-2 (1991年購入) - 2004/04

私が最後に購入した楽器である。B-3 の生産中止以来途絶えていた、トーンホイール式ハモンドオルガンの音が戻ってきたというので、私は予約して発売日に手に入れた。この後ハモンドは、2段鍵盤の XB-5、そして真空管式のプリアンプ内蔵の、見た目も B-3 そっくりな XB-3 を発表した。しかしながら、大きさや価格から考えて、自室で弾くには XB-2 しかないであろう。現在は XB-2 をさらに小型軽量にした XB-1 が発売されている。
XB-2 に始まるこのシリーズのハモンドは、実際の B-3 の音をホイール毎にサンプリングして、メモリーに記憶させたもので、単一目的のデジタルサンプラーといえる。しかし当然各ホイールの音をドローバーで合成できるため、本物のトーンホイール式と同じように、無限の組み合わせが得られる。
XB-2 の初期モデルでは MIDI IN の信号と鍵盤を、別チャンネルで受信できなかったのだが、ファームウェアがバージョンアップされ、これが可能になった。つまり MIDI キーボードをつないで、2段鍵盤として弾けるようになったのだ。ROM 交換は近所の楽器店で \20,000 でやってもらった。
私自身は、1度だけ本物の B-3 を弾いたことがあるが、XB-2 の音は、まさにトーンホイールオルガンの音だといえよう。さらにロータリースピーカを組み合わせることができれば、B-3 の音と区別することはほとんどできないだろう。ただし、ハモンドをマニアックに弾きこなすなら、どうしても克服できない壁があるのも事実だ。まず、キータッチがまるで違う。B-3 は鍵盤に9本のドローバーのスイッチが直列に付いていたため、キータッチがかなり重く、厳密に言えば、それらのスイッチは同時に接触するわけではないため、キーを押すスピードによって、発生するクリック音が微妙に違ってくる。しかもその効果が機械式ゆえ一定ではないところに、あのトーンホイール式の味わいがあるといえるだろう。
しかしもはやトーンホイール式オルガンは手に入らないという現実を考えれば、XB-1, XB-2, XB-5, XB-3 といった、現代のハモンドは、唯一の選択になる。
XB-2 購入から10年以上たって、ドローバーの調子がおかしくなった。2本以上のドローバーを引くと、ディストーションをかけたように音がひずむのだ。ハモンドスズキのホームページを見ると、似たような症例が載っており、有償修理してくれるとのこと。こちらの症状を詳しく書いてメールを出すと、先方からすぐに返事があり、基盤交換するということで、詳細な見積もりを出してもらった。そこでその後何度か先方とやり取りして、直接メーカに持ち込むことにした。2003年末に浜松まで車で行って、修理をお願いしてきたのであるが、対応してくれたのはハモンドスズキの社長だった。実はそれまでのメールの対応も社長ご自身だったようである。その後電話で連絡があり、基盤全部を交換する必要はないので、見積もり金額より安くなるとのこと。はがれかけていた外装の化粧版も貼りなおして、見事に調整されて戻ってきた。さすがに家電メーカとは違って、社長以下の社員の製品に対する愛情を感じる。メーカとしてのハモンドの歴史には紆余曲折があったが、こういう音楽に愛情を持った社長の下であれば、きっとハモンドはこれからも長く生産され続けられるだろうと思う。