/ Home / Archives / Remark / 20040401
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikon D70  Nikon D70 (2004年3月購入) - 2004/04


D1 が発売されてから5年、ついにデジタル一眼レフが誰にも買える(銀塩一眼レフを買う値段で)時代が来た。半年前に EOS Kiss Digital が発売されたときから、ニコンからも近いうちに似たような値段のカメラが発売されるだろうと、資金は準備しておいたが、まさかここまで高機能低価格になろうとは。すでに D100 が手頃な値段になってきていたので、そちらを買うという選択もあったのだが、悩むまもなく昨年12月に D70 の発売がアナウンスされ、雑誌等にも少しずつ情報が公開され、発売1か月前には、「Nikon Digital Live 2004」と称して、全国で D70 のデモを行うなど、見事にニコンの罠にはまり、先行予約して発売日に入手することになった。
購入前の唯一の不安は、私としてはペンタミラー式の一眼レフを使うのが初めてだということ。ペンタミラー特有のファインダー中央に、微妙な像のゆがみが見えることで、どれだけ撮影の邪魔になるかということだったのだが、これは視度調節をしっかりしておけば問題ないことがわかった。Nikon U や EOS Kiss など、今まで店頭で見たものは近視の私には視度が合わず、ややボケ気味のファインダーを見ていたのであるが、補正レンズをつけて、自分の視度に合わせてファインダーを覗けば、スクリーンにぴったりピントが合い、ミラー内の空間に存在するゆがみはわからないということだ。
D70 を手に入れて、F60D と標準ズーム1本を手放した。D70 のバックアップ用カメラがないのは不安だが、銀塩カメラと違って、デジタルならコンパクトカメラでもパララックスがないため、十分作画目的の撮影ができるから、当面は COOLPIX 4500 との2台体制でいけるだろう。もちろん F80D があるから、失敗が許されない場合は、こちらでバックアップするつもりだ。また F70D を手放して以来、久しぶりにリモートコントロール可能なカメラを使うことができるようになった。今度は小型のワイヤレスリモコンなので、ケーブルが邪魔になることもない。野良猫やスズメの撮影にも挑戦しようと思っている。
現在唯一の不満は、35mm銀塩カメラの24mmレンズに相当する画角を得られる標準ズームがないということ。ニコンとシグマから 12-24mm というレンズ(18-36mm相当)は発売されているが、これは大型の超広角ズームであり、手軽に持ち歩ける標準ズームではないし、望遠側も全然足りない。銀塩の世界ではようやく24mmからが標準域になってきているのに、デジタルになったらまた28mm域からでは面白くない。ニコンでもシグマでもいいから、早く15-60mmクラスの標準ズームを発売してもらいたいものである。