/ Home / Archives / Remark / 20031003
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 ステレオ時代に突入 - 2003/10/03

1979年春、高校を卒業し友人に東芝のカセットデッキを返すと、私はステレオ録音された何本かのテープと、日立のモノラルラジカセを持って大学に入学した。初めて実家から離れて暮らす18歳にとっては、音楽が最大の楽しみなのだ。ところがせっかくステレオ録音されたテープをモノラルで聴かなければならないこと、そしてその土地には民放 FM 局がなかったことに、次第にフラストレーションがたまっていった。しかしそこは大学生、アルバイトという手段がある。私はステレオでカセットオーディオを聴くための手段を模索することになった。
当時大学の学生寮で暮らしていた私の周りには、贅沢なオーディオシステムを持った先輩がたくさんいたが、寮の狭い部屋で、周りに気を配りながら高級なオーディオシステムを鳴らすのはどう考えても現実的ではない。それにアルバイトができるとはいっても、いきなりオーディオシステムを揃えられるほど給料が入るわけではない。私はそこそこの音質で、すぐにステレオ音楽が聴きたかったのだ。当然選択肢はラジカセということになる。そしてちょうどその頃、世の中はまさに大型ステレオラジカセ時代に突入していた。そんな時代に私が選んだのは、SONY CFS-D7、通称「SIR-III(サー・スリー)」と呼ばれる、業界初のロジカルコントロールデッキを装備した、超大型ラジカセだった。この後数年のうちに各メーカのラジカセはどんどん巨大化していったが、オーディオシステムとしての完成度から言ったら、私はこの CFS-D7 がラジカセの頂点ではなかったかと思っている。つまりそれ以降の巨大ラジカセは、ダブルカセットやスピーカ分離といったギミックに走り、ピュアオーディオの縮小版としての役割を失っていったと思えるからだ。
CFS-D7 はギミックではなく、私が要求するオーディオシステムに対する条件を無駄なく満たしていたから、それを選んだのである。まずカセットデッキ部はソニーのラジカセとしては先代の「XYZ(ジーゼット)」に続いてのドルビー付き。ラジカセにとっては厳しいドルビーの性能基準を満たすことができた証でもある。周波数特性 50〜13,000Hz、DCサーボモータによりワウ・フラッター 0.09%(WRMS) という、当時のコンポ並みの恐るべき精度だ。もちろん手動録音レベル調整と ALC が選べるので、音楽録音はレベルメータを見ながらきめ細かいレベル調整ができる。そしてなんと留守録音のための、クォーツタイマーまで内蔵していた。唯一の不満はちょうどその直前に発売されたメタルテープに対応していなかったことくらいだろう。ラジカセのメタルテープ対応は、それからさらに数年後になる。電池駆動のラジカセでは、メタルテープに対応した交流バイアス式の消去ヘッドが駆動できず、高保磁力の永久磁石消去ヘッドの誕生を待たなければならなかったらしい。もちろん、TYPE II(ハイポジション)と TYPE III(フェリクロームポジション)には対応していた。ただしこれだけの装備を持ったメカニズムであるから、当然消費電力は大きい。通常は電池で使用することなど考えてはいないが、一度だけ、最初の夏休みにこれを持って帰省したとき、新品の単1電池を8本入れて(もちろんマンガン電池だったが)電車の中で密閉型ヘッドフォンをつけてウォークマン代わりにしていたら(そういえば、ウォークマンと同年の発売である)、90分テープを往復させただけで、バッテリー警告ランプが点いた。
さて、この CFS-D7 を手に入れて、何が一番うれしかったかといえば、テープ選びに幅ができたことである。メタルテープには対応していなかったが、TYPE I, TYPE II, TYPE III のポジションがあれば市場に出回っているほとんどのテープを使うことができるわけだから、もう次から次へといろいろなブランドのいろいろなテープを買ってきては録音し、ヘッドフォンをかけてテープ批評をするのが楽しみになった。1980年代に入るとテープの品質は格段に向上し、事実この時代以降に買ったテープは、2003年現在すべて完全に再生可能である。そしてカセットテープのハーフやラベルのデザインが多様化していったのもこの時代である。さらにマクセルが初めて貼替え可能なラベルを採用し、各社それに習うようになると、一度録音したテープに気兼ねなくラベルを貼り、さらにいい状態でもう一度同一ソースを録音できれば、古いテープはラベルをはがし、新品気分で再利用できるわけである。ラベルに録音内容をしっかり記入しつつ、テープをきれいなままで再利用できるわけだから、精神的にもテープの管理が楽しくなり、この時代からのテープは上記の品質向上もあわせて、私の手元には実に良い状態で保存されている。
しかしテープ選びが多彩になったとはいえ、やはり大学生にそれほど多くのお金はない。TDK SA-X や SONY DUAD など、メタルテープを除いても各社最上級のテープを何種類か発売していたが、こういうクラスは試しに1本だけ買ってテストするにとどまった。そして私がメインに使っていたテープはやはり TDK AD 、やや贅沢な当時出始めたデジタルマスタと銘打ったレコードからのコピーなどでは TDK SA を使うことが多かった。特に AD は大学生協の割引価格で箱買いするほどだったので、現在でもおそらく所有本数は一番多いであろう。初代は深めのバイアスで意識的にハイ上がりだった特性も、デザインが大幅変更になった3代目あたりからは、実にフラットで使いやすいテープになった。これは多分私のようにテープを大量に消費する世代が、ラジカセからハイファイオーディオに移行していった時代背景にあわせてのチューニングだったのだろう。


SONY CFS-D7

SONY CFS-D7「SIR-III」1979年発売、定価 \79,800。上記の通り業界初のロジックコントロールが目を引く。ただし電池駆動のラジカセでは、高速なポーズは無理だったらしく、ポーズボタンはメカニカル式。これは現実的な選択だった。コンポでもアナログメータが主流だった時代に、LED のレベルメータ、もちろんドルビーマークつき。ただしドルビーマークは +2dB 位置で、メータ上限が +4dB だったから、250nWb が入力限界である。これは現在のカセットデッキの 0dB 相当であるが、ピークレベルメータよりも応答速度が遅いので、VU メータとして使用するため、レンジは十分である。「振り切れない」くらいで適正レベル。私は持っていなかったが、セット販売のレコードプレーヤがあって、シンクロ録音できた。そのプレーヤは MM カートリッジだったので、このラジカセはフォノアンプ内蔵である。チューナはデジタル表示だが、シンセサイザではない、バリコン式。REC ミュートも装備しており、機能は当時の最先端のデッキ+チューナ並みだった。出力は 2W+2W でそれほど大きくはないが、スピーカは12cm + 5cm の2way、なんとツィータはチタンドームである。重量は電池別で 8kg に達した。