/ Home / Archives / Remark / 20030929
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 テープ選びの始まり - 2003/09/29

高校生になると交友関係も広がって、レコードの貸し借りも頻繁になる。クラウンのテープレコーダはあっという間に壊れ、英会話の練習をまったくしないまま TC-1265 はだんだん調子が悪くなってきた。それでも何度か修理を繰り返してテープコレクションを増やしていったのだが、ついにラジカセを1台買うことになった。とはいっても高校生の小遣いで買える機種はたかが知れており、あちこちの電気屋さんを自転車で走り回ったあげく、ネームバリューやデザインよりも、実売価格とメカニカルポーズの有無を優先して選んだのが、日立のパディスコ 5200 (TRK-5200)という、定価2万600円の一番安い機種である。この頃の家電は定価が2万600円以下だと免税になるので、各社この値段の機種を最廉価版として、足並みをそろえていたようである。
このラジカセを買って初めて気づいたことは、英会話用の TC-1265 は、録音レベルがかなり低いということである。もちろん2万600円のラジカセにレベルメータはついていないが、再生の出力レベルがまるで違っていたのである。マイク録音が主体の英会話用テープレコーダで、絶対にオーバーレベルにならないためにそうなっていたのだろう。これではテープの性能差などわかるわけがない。ところがパディスコで録音すると、テープによる音質の差が結構はっきりわかるのだ。これは性能差というより、適正バイアス量の違いによる高域特性の差だと思う。もちろんノイズやひずみといったレベルの差はわからないので、少しでも高域の延びるテープが良いテープと言うことになる。そんな時代に登場したのが TDK の AD だった。私が高校1年の冬だったので、1976年の暮れか1977年の始めだろう。とにかくこのカセットテープは今までのものとはまるで次元の違う音を聞かせてくれたのである。これはおそらく意図的に適正バイアス量を高めに取り、キャリブレーションなどできない、ほとんどのラジカセや普及型のデッキで、不足しがちな高音を思いっきり持ち上げてやろうと言う、確信犯的な商品だったと言える。ずっと後になって、この頃の初代 AD を、バイアスチューニングできるカセットデッキで調整してみたところ、ほとんどバイアスつまみをいっぱいに廻してやらないとフラットにならなかったのである。
高校3年になった頃、家が電気店を営む同級生に、東芝のカセットデッキを借りることになった。彼のところに、下取りの高級なデッキがきたので、それまで彼が使っていたものを借りられることになったのだ。まだオーレックスブランドになる以前のもので、ドルビーも付いていない機種だったが、ダイナミックノイズリミッタが付いていたし、テープセレクタも付いていた。借りていられるうちにとにかくたくさん録音しようと思い、DIN-DIN ケーブルでモジュラーステレオにつなぎ、FM 放送やレコードから録音しまくった。結局このデッキは高校卒業間近まで借りることになったのだが、何よりもテープ選びができる楽しみを味わえたのがうれしかった。この数か月間に投資したテープ代は、それまでの数年間を上回っていたかもしれない。
この時期、音楽の趣味も次第に好き嫌いがハッキリしてきたので、ますますそういう友人同士でのレコードの貸し借りが頻繁になっていったのも、テープが増えた原因だろう。私がのめり込んで行ったのはブリティッシュ・ロック、いわゆるハード・ロックと言われたジャンルで、レッド・ツェッペリンの活動停止、ディープ・パープルの解散と、レインボーやホワイトスネイク、イアン・ギラン・バンドの結成など、ブリティッシュ・ロックが第1期から次の世代へと変わっていく時代だった。

少しテープにうるさくなってきた頃、まず始めに買ったのが TDK SD とSONY HF。さすがにこれらのテープの品質はすばらしく、30年過ぎた今でもテープが切れたり、ラベルが剥がれたりと言う物理的なトラブルは一切ない。中でも SD の音質は見事で、デジタル化が終わった古いテープを、今や消去専用機となった TC-K555 でリフレッシュしてやり、最新デッキでキャリブレーションして、CD から録音してみると、現在のテープに比べてほとんど遜色がないのに驚く。もちろんドロップアウトが激しく、今から実用で使おうとは思わないが。それに比べると SONY HF はやや迫力に欠ける。高域の伸びはそれなりにあるものの、エネルギー感に乏しいのだ。
SD の後継として発売された AD は前述の通り、それまでのテープとは次元が違う。今聴けばバイアスが浅すぎて、ただのハイ上がりということになるだろうが、当時のテープレコーダは、録音すると言う行為そのものがハイ落ちを意味していたのだ。だから AD は見事にそれを補っていたといえる。FM 雑誌やオーディオ誌の広告はもちろん、1本の450円のカセットテープのために、テレビやラジオでも盛んに CM を流していたのは、これが最初ではなかっただろうか。しかもマイルス・デイヴィスを起用して、キャッチフレーズは「突き抜ける高音の冴え」である。当時のチープなオーディオ小僧たちは、もう完全にノックアウトだったはずだ。
そして、それまでのクロームテープに変わるコバルト系磁性体が登場したのもこの頃である。TDK は SA を、マクセルは UD XL を発売し、環境問題とともに、BASF の特許から逃れることに成功した。後にこのコバルト系磁性体が家庭用ホームビデオのテープに採用され、一気に普及したのは良く知られている。


Hitachi TRK-5200

Hitachi TRK-5200「パディスコ5200」1977年発売、定価 \20,600。当時の家電品免税価格は \20,600。何の変哲もない2バンドラジカセ。ただし12cmのスピーカに最大出力2Wのアンプは、他社の同価格帯のスペックを超えていた。またテープカウンターが省略されていないのもうれしい。数年前までは高級品でもメカニカルポーズを備えているものが少なかったが、この頃から普及価格品にも装備され始めたようだ。この機種はさらに、メカニカルポーズを利用したタイマースタンバイ機構を備えている。専用タイマーをセットして、録音ポーズ状態で待機させると、電源ONと同時にポーズが解除されて、タイマー録音ができるのである。