/ Home / Archives / Remark / 20030928
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 カセット・オーディオ黎明期 - 2003/09/28

1973年、中学入学と同時に LL 用テープレコーダ SONY TC-1265 を買ってもらう。もちろん英会話の練習用という建前なので、旺文社の「カセット LL」教材一式も同時購入。しかしとうとうこれは一度も使わなかった。親に対して弁解させてもらうとすれば、この「カセット LL」は、英検4級から3級が対象だったのだが、中学2年で英検3級は取ってしまったので、使うまでもなかったということである。ただし2級以上は未挑戦。
さらにこの時、近所の書店で「参考書祭り」というのをやっていて、1等のクラウンのカセットテープレコーダ(型番は失念)が当たってしまい、私のカセットライフは、いきなり2台構成でピンポン録音可能な環境になってしまった。
これが私のカセットオーディオの始まりであるが、この頃の音楽ソースは、主にテレビからのライン録音。当時のテレビには、イヤホンジャックのほかに、スピーカ出力を切らない、録音専用出力がついていたのだ。しかもこの当時のテープレコーダはライン録音用のミニ-ミニプラグのケーブル、消去用のショートプラグ、デモ用に音楽が録音されたテープまで付属しているのが普通だった(もちろん TC-1265 のデモテープは英会話だったが)。とにかく買ってすぐライン録音できるのがあたりまえだったのである。
中学に入学してしばらくすると、友人の影響で FM 放送を聴くようになった。幸い私の住んでいた地域は、名古屋から直線距離で約30km、ラジオのロッドアンテナで十分受信可能な FM 愛知のサービスエリア内である。当時の日本には民放 FM 局は FM 東京、FM 愛知、FM 大阪、FM 福岡しかなく、日本人の半分は NHK FM しか聴けなかったのだ。
LL 用の TC-1265 も、懸賞賞品のクラウンのテープレコーダーもラジカセではないので、FM 放送を録音するには、ラジオを接続しなければならない。ちょうどその頃、父親が買ってほとんど使っていなかった SONY ICF-5500 いわゆる「スカイセンサー 5500」があったので、これを使って、モノラルながらかなり質の良い FM 受信ができた。テレビの歌謡番組のように、雑音も拍手も入らない、というよりレコードをそのまま放送してくれる FM 放送にはまっていったのは無理もない。この時代にはレンタルレコードなどはなかったのである。
しかしそれでも友人から借りた LP レコードを丸ごとコピーするのは魅力的だった。もちろん著作権侵害であるが、30年前の中学生の行為ということで許してもらおう。当時 \2,500 程度の LP レコードを中学生が購入できるのは1年に2〜3枚が限度、どうしても自分が欲しいレコードだけを買い、友人同士で交換しあって録音していたのである。
LP からの録音の場合、モジュラーステレオを使ってということになるのだが、じつはこれができたのはしばらく後になってからである。というのも、当時のステレオカセットデッキの接続方法は、RCA タイプのピンケーブル4本(録音、再生、それぞれ左、右)よりも、DIN ケーブル1本の方が一般的だったらしく、かなり高級なオーディオシステム以外は、テープレコーダ用には DIN 端子しか装備されていなかったからである。そして DIN-モノラルミニプラグなどというケーブルは、地方の電気屋さんではまず手に入らなかったのだ。それを私がいつ手に入れたのかは、もう覚えていないが、本当にそういうものがあるかどうかも疑わしい状況で、あちこちのオーディオ専門店を捜しまわった記憶がある。

さて、そんな中学生時代のカセットテープ選びはというと、私の場合もっぱら TDK D C60。FM 放送のエアチェックでは、60分テープに、順番に録音していくだけなのだが、LP レコードのコピーは難しい。当時はまだテープの長さのバリエーションは、各メーカ 30分、60分、90分、120分と決まっており、それに対して LP レコードの録音時間は片面20分前後だったからである。90分テープに LP 2枚を録音するというスタイルはどうにも性に合わず、無駄と思いつつも60分テープに LP 1枚ずつを収めた。
1973年、中学1年の夏、近所にダイエーができたので、それ以降カセットテープは電気屋さんでは買わなくなるのだが、そこで TDK, Maxell や SONY よりはるかに安いダイエーオリジナルのテープに出会うことになった。LL 用のテープレコーダではテープによる音質の差などまるでわからないので、私はダイエーテープに飛びついたのだが、20年過ぎてみると品質の差は歴然としていた。1970年代前半のダイエーテープは、ほとんどの製品でリーダーテープと磁気テープの接着部分が切れてしまい、さらにバインダの変質で磁性体ははげ落ち、テープ表面がベタベタになってしまったのである。


SONY TC-1265

SONY TC-1265「L&M」1972年発売、定価 \29,800。LL 学習用テープレコーダ。当時 LL(Language Laboratory)が大流行し、全国の中学、高校に LL 教室なるものが設置された。生徒の発音を教師が教卓のモニタで聞いたり、録音したり、生徒自身が教師の発音と自分の発音を比較できるシステムである。LL テープレコーダとは、4トラック2チャンネルのカセットテープの、片チャンネルに教師の発音が録音された教材のカセットテープの、他方のチャンネルに自分の発音を録音し、両チャンネル同時再生で、比較試聴するというシステムである。通常のステレオ2チャンネルレコーダと異なるのは、消去ヘッドも2チャンネルになっており、生徒は教師の発音を消さずに、自分の発音だけを消して、何度も練習できるのである。