/ Home / Archives / Remark / 20030927
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 オーディオ前史 - 2003/09/27

私が生まれたとき、我が家には電気蓄音機、いわゆる電蓄が1台あった。アンプを内蔵しておらず、ラジオの外部入力端子に接続して再生するもので、そのラジオがまた真空管式で、レコードを聴くために電源を入れてから数分間待つ必要があったのだ。私自身はそれを使った記憶はほとんどないのだが、父親が童謡全集などをいろいろと買ってくれたようだ。私にとって、機械を操作して音楽を聴くという体験は、おそらくこの電気蓄音機が初めてだっただろう。
1960年代の半ば、私が小学校に入学した頃、我が家にテープレコーダが来た。ソニーのオープンリールで真空管式の2トラックモノラルの機種である。ソニ・オ・マチックと呼ばれる録音レベルの自動設定、つまり ALC を内蔵した、初期のモデルであった。私が自主的に機械を操作するようになったのは、このテープレコーダが最初である。リールの掛け替え、テープの巻き取り等の基本的な操作や、テレビからラインで録音するための接続まで、母親はまるで役に立たなかったし、父親は忙しくて子供のテレビ番組の時間に録音を手伝ってくれるわけではないので、なんとか自力で試行錯誤しながら覚えるしかなかった。中でも一番苦労したのが録音レベル調整で、急激に大音量が入ったときなど、子供心に当時の ALC はまったく役に立たないことを理解しており、ほとんどの場合番組が始まる前にレベルメータを見ながら、レッドゾーンを振り切らないようにレベルを調整し、ポーズボタンを押して待機していたのだ。
1971年、我が家にコロンビア製のモジュラーステレオ SE-25 が来た。プレーヤ、チューナ、アンプ一体式の本体と、左右の12センチフルレンジスピーカからなる、3点セットである。小学校5年生だった私は、このとき初めてステレオというのは、左右から違った音が出ることを知った。まだ FM ステレオ放送が始まったばかりで、ステレオチューナ付きの初期のもの。プレーヤは、ターンテーブルが20cmほどしかないアイドラドライブ、トーンコントロールも独立式ではない、アンプ出力は左右それぞれ 5w 程度のもので、今のラジカセにも及ばないものだったが、それでもこのステレオが来て以来、小学生のお小遣いのほとんどをレコードにつぎ込むことになってしまった。これが私にとってのオーディオの始まりだったといえる。しかしなぜかこの頃前述のテープレコーダにはまったく興味がなかった。モジュラーステレオにはテープレコーダ端子もあったのだが、おそらくステレオというのは、レコードを再生するものだと決め付けていたのだろう。もちろん、音質的にテープレコーダで音楽を聴くことには耐えられなくなっていたこともある。