/ Home / Archives / Remark / 20030926
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 カセット・オーディオ復活 - 2003/09/26

21年ぶりのカセットデッキ YAMAHA KX-493 を買って1週間後に、21年間使った SONY TC-K555 が壊れてしまったのである。カセットリッドのスプリングを引っ掛ける爪が折れてしまい、イジェクト用のスプリングが外れてしまったために、手でリッドを開いてやらないとイジェクトができなくなってしまった。デッキとしての機能には支障がないので、そのまま使い続けることもできるのだが、どうも昔のテープを再生してみると、KX-493 の方が高域の伸びがいいようだ。今録音再生すればそれほど悪くないので、過去のテープだけ悪いということは、明らかにアジマスが狂っているということだ。測定器なしでアジマス調整するのはあまりにも危険だし、かといって修理に出してもカセットリッドの部品がないのは明らかなので、元通りにはならない。というわけで、ついに TC-K555 を引退させることにした。もちろん、テープの消去と巻き戻し用には、まだまだ働いてもらうが。
しかしこうして TC-K555 がなくなってしまうと、急に我が家のカセットオーディオ環境が不安になってくる。これから何年かして、もし KX-493 が壊れてしまったら、もうそのときは本当にカセットテープの再生手段がなくなってしまう。修理可能な故障だとしても、その間の再生手段はないのだ。そんな不安の中、もともと今回カセットデッキの購入は、オークションの利用を考えていたこともあり、ヤフーオークションは、デッキ購入後もしばらく追い続けていた。そして3か月後、今私の手元には KX-493 のほかに、ヤフーオークションで入手した4台のカセットデッキがある。
まず最初に落札したのが TEAC V-615、ワン・モータ、ワン・ウェイで、これ以上シンプルにしようがないと思えるほどシンプルなデッキで、もしかしたら最後まで私の手元に残るのは、この機種かもしれない。音質は必要十分だが、テープのキャリブレーションができないのが難点。ドルビーを使ってメタルテープに録音すると、音質のバラツキが大きい。
次に落札したのが、Technics RS-BX501、あまり特徴のないリバースデッキだが、今や数少ないリニアカウンタを装備している。欠点は、オートキャリブレーションを内蔵してはいるのだが、カセットをイジェクトするとメモリーが消えてしまうこと。B面は必ずリバースで録音しろと言うことか。
3番目に落札したのが SONY TC-RX300、やはり1台はソニーのデッキが欲しかったのと、KX-493 を購入するまでの比較検討機種だったために、購入後も諦め切れなかったのかもしれない。これはリニアカウンタではないが、オートキャリブレーションのメモリは電源を切るまで消えない。
最後に購入したのが YAMAHA KX-580、KX-493 の先代モデルで、外観もほとんど同じ。おそらくメカはまったく同じだろう。必要ないとは思いつつも、一度はドルビー S の音を聴いてみたくなり、上記3機種に比べるとやや古い機種だったが、KX-493 の音を気に入っていたために、購入に踏み切った。

これらのオークション品の選択条件として、送料込み\5,000以内を目安にするということと、できる限り現行品を選ぶということ。事実最後の KX-580 以外は、2003年9月現在のカタログモデルであり、しばらくはトラブルが起きても修理不能の心配がない。もちろん気に入れば生産終了後、5年目くらいにメンテナンスしてもらって、さらに長く使えるだろう。
それから現行品で \5,000 以下という条件から、あえて3ヘッドは追い求めない。KX-493 の音を聴いて、現在の 2ヘッド機なら十分 TC-K555 の置き換えが可能だとわかったし、メンテナンスが難しく中古では神経質になるので、もし本当に必要なら新品を買ったほうがいいと判断した。事実ソニーの ES シリーズなどは、タマ数も豊富だが、人気があってあっという間に価格が高騰してしまうのだ。TC-KA3ES などはまだ新品が \50,000 程度で買えるのに、中古相場は \20,000 近くなってしまう。

さて、デッキが揃ったら、いよいよ古いテープのデジタル化である。アナログソースをキャプチャするのに、どんなコンバータを使うのかは問題であるが、取り敢えず今回はパソコンの内蔵音源のアナログ入力を利用することにした。ハイファイオーディオとしては満足できないかもしれないが、何よりもまず1970年代にモノラルのラジカセで録音したものをキャプチャしたかったので、音質は二の次である。1980年以前のほとんどのテープは、リーダテープと磁気テープとの接着面に問題があり、早送りをすると簡単に切れてしまう。だから今回が最後の再生だと覚悟して臨んだ。
案の定、再生するそばからテープは切れるしすぐに巻き込む。鏡面仕上げをしていないので粉落ちが激しく、ヘッドは磁性粉だらけになる。本当にこれが最後の再生である。

こうやっていろいろと想い出に浸りながら、9月末現在モノラルのテープはほぼデジタル化し、ステレオ時代に突入している。もちろんモノラルラジカセの録音をそのまま CD を焼くのはもったいないので、これらはすべて 128kbps の MP3 に変換して保存することにした。しかしデジタル化したときに、10kHz 以上をばっさりと切り落とし、6kHz 付近を中心にややハイ上がりにしたので、ラジカセ特有のバイアスノイズが大幅に低減され、引き締まった音になり、元のテープより雰囲気は良くなった。


YAMAHA KX-493

YAMAHA KX-493、おそらく私が新品で最後に買う事になるであろうカセットデッキ、1998年発売。2ヘッド、ワンウェイ、シングルキャプスタンのシンプルな構成だが、非常に素直で聴きやすい音を出す。オートリバースを装備した現行他社の同クラスのモデルより明らかに音質は上である。