/ Home / Archives / Remark / 20030629
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Yahoo! BB 導入記 

2003/06/29
我が家のインターネット接続環境は、NTT のフレッツ ISDN。違法なデータファイルを大量にダウンロードするのでなければ、速度に不満があるわけでもないので、電話をアナログに戻してまで ADSL に変更するつもりはないのだが、実家の母親がパソコンを使ってみたいというので、余ったパーツを組み立てて、ワープロ練習用に1台作ったのがきっかけで、各部屋に Ethernet を配線し、ADSL でインターネット接続することにした。

1. まずホームテレホンをなんとかしなくては
実家には私の仕事のバックアップ環境があるのに、今まで実家で ADSL を導入しなかったのは、実は15年ほど前の新築時に、家中の各部屋にホームテレホンを導入してしまったからなのである。あの時点ではコードレスホンがまだ一般的ではなかったし、NTT が民営化直後で、いろいろと商品販売に力を入れていたこともあり、当時最新型の、親機+子機3台という構成でホームテレホンを導入してしまったのが、そもそもの間違いであった。
ホームテレホンやビジネスホンは、NTT からの電話線は、通常の2線式アナログ電話なのだが、これを独自プロトコルの PBX に接続し、内線電話を含めて子機をコントロールしているので、ファックスやモデム、一般の電話機すら追加することができない。結婚前に私が住んでいたとき、とにかくモデムだけは何とかしないと、パソコン通信(当時の NIFTY-SERVE)すらできないので、私の部屋は子機をとりはずし、一般電話を子機に変換する、テレホンアダプタなるものを買って(2万円もした)、親機に追加登録してもらったのである。
というわけで、ADSL を導入するためには、ホームテレホンの PBX より前で、電話線を分岐しなければならない。ところがホームテレホンは、屋内配線自体が NTT の工事であるため、モジュラージャックをぷちっと繋ぐ、と言うわけには行かないのだ。そこで今回は、思い切って、ホームテレホンを廃止し、普通のコードレスホンと入れ替えることにした。そして、ホームテレホンの屋内配線スペース(家中の壁の中を、フレキシブルチューブが這い回っている)を、Ethernet にしてやろうと考えた。それから実はホームテレホンの子機用モジュラージャックは、8極8芯の RJ-45 なのである。うまくいけば、壁のソケットがそのまま Ethernet になるかもしれないのだ。

2. ADSL はどこにするか
真剣に ADSL の導入を考えると、いろいろと複雑な事情が見えてきた。大きく分けて ADSL のサービスには3種類あって、まずプロバイダが回線サービスまですべてを提供して、料金も1箇所にしか発生しないもの。Yahoo!BB がそれにあたる。それから ADSL 接続業者とプロバイダが完全に別になっていて、料金も別々に支払うもの。NTT の「フレッツ ADSL」を使ったサービスはこれになる。ただしこの場合、ほとんどのプロバイダは既存の認証アカウントやメールアドレス、ホームページなどをそのまま引き継いでくれる。そしてもう一つは、プロバイダが ADSL 接続業者への料金支払いを代行してくれて、ユーザからは支払いが1本になるもの。@nifty とアッカネットワークのように、業務提携が行われている場合だ。
接続サービスをどれにするかは、悩ましい問題のようで、実はそれほど重要ではない。なぜなら過去の私のインターネット遍歴を見ると、同じ接続サービスを3年以上継続して利用したことなどないからである。アナログモデム、ISDN、フレッツ ISDN と、時代に合わせて高速化、低料金化してきたが、その都度プロバイダもサービスも変えてきた。しかしメインのメールアドレスは10年以上 nifty で固定しているし、予備のメールは ocn で、ホームページも同様である。どちらも接続サービスを利用しないのなら、メールやホームページはそのままで、格安の料金プランがあるので、あえて解約する必要もない。
ということで、今回はまったく新規で比較して、その時料金の一番安かった Yahoo!BB に決定した。

3. 早速契約
そうと決まれば、すぐ契約である。Yahoo!BB は、大手家電品店ならどこでも例ののぼりをたてて、その場でサインをして、モデムを受け取れるので、すぐに近所のミドリ電化に出かけることにした。本当は家のすぐそばにエイデンがあるのだが、Yahoo!BB のおねえちゃんが、ミドリの方はなかなかの美人だったので、ちょっと遠いけどそちらにしたのである。エイデンにいたおばちゃん、ごめん。
電話番号で、サービス可能地域かどうかはすぐわかるようだが、その地区が光収容されているかどうかは、実際に NTT の交換局まで行かないとわからないそうで、その調査に数日。調査が終われば開通までに1週間程度といわれた。それまではモデムのマニュアルを読んで待つことにしよう。
ところで、実家には5台以上のパソコンが稼動しているので、当然ルータを使っての IP マスカレード接続となる。しかし Yahoo!BB は、公式にはこれをサポートしていない。技術的にできないということではなく、無料接続サポートの範疇ではないので、ご自由にどうぞということらしい。そこで、同じミドリ電化で、ADSL ルータについていろいろと調べた。4ポートの 100Base-TX HUB 付きで、だいたい \5,000 から \6,000 くらい。しかし、Yahoo!BB 対応とか、フレッツ対応とか書いてあるのが気になる。もう少しこのあたりを調べてみる必要がありそうだ。

4. 認証プロトコル
ネットでいろいろと調べた結果、ADSL のユーザ認証には、一般的に PPPoE が使われているが、Yahoo!BB はこれが使われていなくて、直接 DHCP が機能するということである。つまりフレッツなどでは、モデム経由で、接続時にユーザアカウントとパスワードと同時にパソコンのイーサネットカードの MAC アドレスを送信することにより、サーバ側が、現在どのパソコンが接続されているかを認識できるため、たとえば一度認証を終えた後、パソコンを繋ぎかえると、MAC アドレスが変わるので、グローバル IP アドレスを取得するのに、再度認証が必要になるということである。これに対し Yahoo!BB では、パソコンを繋いだ瞬間に DHCP で IP アドレスが取得できるため、電話回線さえ確保されていれば、どのパソコンを繋いでも構わないということだ。これをセキュリティが甘いと評価することもできるが、実際我が家の電話回線に、他人がノートパソコンを持ち込んで、こっそりなりすまし接続するとは考えられないので、個人ユーザであれば気にすることはないだろう。
というわけで、Yahoo!BB 対応と表示のある、コレガのルータを購入することにした。

5. ADSL 開通
光収容の件も解決し、契約開始の通知が来てから、3日ほどで開通の知らせが届いた。案内書によると、開通日の翌日から接続してくださいということでだったが、結局待ちきれずにその日の夕方5時に接続してしまった。実際何時頃開通していたのかわからないが、あっけないほど問題なく、インターネットもIP電話も繋がった。
開通に当たって、先のホームテレホンを撤去し、屋内の配線をすべて UTP ケーブルに切り替えておいたので、家中のどの部屋からでも、壁のコンセントにモジュラージャックを繋ぐだけで、家庭内 LAN にアクセスでき、ルータ経由でインターネットに接続できる。ホームテレホンのコンセントは、100Base-TX のものと違って、配線するのにかなり長く皮膜をむいておかねばならないので、それがちょっと心配だったのだが、UTP の最大延長 100m に対して、屋内配線ではせいぜい 25m しかないので、問題はなかった。UTP ケーブルのコネクタ部分の剥き出しは、13mm までと規定されているようであるが、我が家の配線では 30mm ほどになっている。厳密に測定すれば、エラーが増えて、回線速度に影響しているかもしれない。
我が家から交換局までの距離は、約 1.7km。ダウンストリームの回線速度は、12Mbps ベストエフォートに対して、平均 5Mbps 程度。アップストリームは同 1Mbps に対して、500kbps 程度で、およそカタログ値の 50% 程度は確保されているようである。これはまあ満足できる数値だろう。実は7月からマンションを引き払って、こちらに引っ越す予定なので、今後は回線速度を気にせずに、日常的にインターネットを利用できるようになりそうだ。