/ Home / Archives / Remark / 20030628
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 カセットデッキを買った 

2003/06/28
かなり以前から悩んではいたのである。新たにカセットデッキを買うべきか買わざるべきか。買うとしたら高級品か安物か。
現在私が所有するカセットテープは、約300本。その中でおそらく、他の手段では、もう手に入らないであろう貴重なテープも100本以上ある。もちろん学生時代に友人から借りた LP レコードからコピーしたもので、その後 CD を買ったものは、テープが不要になったので破棄したし、自分で買った LP レコードでも、保存用にカセットテープにコピーしておいたのだが、これもできる限り CD で再販されたものは買いなおしたので、カセットは捨てた。しかしそれでも捨てられないカセットは100本以上ある。そして今使っているカセットデッキが壊れたら、これらのテープはタダのゴミになるのだ。
そうなる前に新しくカセットデッキを買わねばならない。今使っているカセットデッキとは、学生時代、20年以上も前に、全財産を叩いて買った SONY TC-K555 である。知る人ぞ知る、ソニーの名機 TC-K777 の姉妹機、クローズド・ループ・デュアル・キャプスタンの3ヘッド機であり、ソニーの3ヘッド機初の DOLBY-C 装備である。

新しく買うとしたら、そのデッキは3ヘッドか2ヘッドか、それだけが問題だった。それが決まったら、もう悩みようがないほど、現在販売されているカセットデッキの種類は少ない。もちろんダブルカセットなどというシロモノを買うつもりはない。たとえばソニーの場合、2003年現在、3ヘッド機は、TC-KA3ES 1機種。2ヘッドのシングル機は、TC-RX300 1機種である。カセットデッキを一番たくさん販売しているソニーですらこれだ。
というわけで、オークション品も含めて、真剣に現在のカセットデッキ市場を調べてみた。そこで私は驚愕の真実に直面してしまったのである。

なんと某掲示板のカキコミによると、メタルテープが販売されていないというではないか。そこであたらめて TDK のホームページを見ると、ない! 確かに MA がない。いや、そればかりか、SA もない。AD もないのだ。富士フィルムのホームページを見ても、種類はたくさんあるが、違うのはパッケージのデザインだけ。もちろんメタルテープはない。
いろいろと調べていくうちにわかったことは、メタルテープの磁性体を作っているメーカが最近製造を中止したらしいということである。TDK や富士フィルムのラインナップをみると、磁性体はどうやらノーマルポジションの英会話用と音楽用、それからハイポジション用の3種類くらいしか供給されていないようだ。
ということは、10数年前、すべてのデッキから TYPE III、つまりフェリクロム用ポジションが消えたように、これから発売されるデッキからは、TYPE IV ポジションがなくなるということか。いやそれよりも、もうこれ以上新規にカセットデッキが発売されない可能性の方が高い。事実上記のソニーの2機種も、ここ数年まったくモデルチェンジされていないではないか。ダブルカセットだけはなんとかマイナーチェンジを繰り返しているようだが。
ここまで調べて、ついに私は決心した。今のカセットデッキが、もし数年後に壊れたら、そのときはもう、カセットデッキを買うことすらできないかもしれない。今すぐにでも新しくデッキを買い、そしてどうしても捨てられないテープは、早急にデジタル化しよう。

そんな決心をした時、偶然雑誌で、ソニーの VAIO の開発者のインタビュー記事を読んだ。2003年春の VAIO には、アナログ録音した音楽から、高音質の CD を作るための本格的な音楽編集ソフトがバンドルされているらしい。
もちろん古いカセットテープを CD 化するためだけに VAIO 1台を買えるほど、私は金持ちでもないし、そこまで金をかけるほどマニアでもない。しかしかつて VAIO がビデオ編集ソフトをバンドルしたとき、その後すべてのメーカが同様の機種を発売し、今やパソコンで DV 編集はあたりまえになったように、今回もまた多くのメーカがソニーの真似をするに違いないし、音楽編集ソフトなら、ビデオ編集ほどマシンパワーを必要としないので、単独のソフトも発売されることだろう。だったら、今そこそこのカセットデッキを買っておいて、これから数年間かけて、手持ちのカセットをデジタル化すればいい。それが終わったらカセットデッキも必要ないので、今度のデッキはもう20年持たせる必要はないのだ。

数週間悩んで決めた機種がヤマハの KX-493。2ヘッドのシングルキャプスタンだが、決め手はオートリバースではなく、ワンウェイ機だということ。回路やメカが同じなら、オートリバース機とワンウェイ機の音質の差は歴然としている。それから DOLBY-C に対応していることも重要だ。TC-K555 を買ったばかりの頃は、それが嬉しくて、ほとんどのテープを DOLBY-C で録音していた。もちろん DOLBY-S は必要ない。さらに興味をそそられるのが、プレイトリムというつまみ。マニュアルを読むと、古いテープや他機種で録音したテープの高域の減衰を補正するものだという。再生イコライザのレベルを可変にしているのだろうか。単なるトーンコントロールとどう違うのだろう。
ネット通販で一番安そうな店を調べて、クレジットカードの一括払いで購入。約1万4千円。なんと、ウォークマンと同じ値段である。

注文して待つこと数日、ついに私にとって生涯最後となるであろうカセットデッキが届いた。宅急便で届いた、巨大で重いダンボールは、確かにオーディオコンポを買ったのだという気持ちにはさせてくれるが、これがウォークマンと同じ値段であるということが、嬉しくも寂しい... メーカは採算が取れるのだろうか。
早速 CD からのコピーで、TC-K555 と録り比べ。悲しいかな20年前の高級機は、現代のオモチャにかなわない。オートキャリブレーションと DOLBY HX Pro のおかげか、高音域の定位感と、ひずみレベルがまるで違うのだ。DOLBY B, C を使ってみると、さらに顕著である。TC-K555 はノーマルポジションのみマニュアルでバイアス調整ができるが、他のポジションでは固定だし、感度の調整はできない。これに対し KX-493 は、テープを入れてボタンを押すだけで、数十秒で自動的にバイアスと感度の調整を終え、ご丁寧にテープをスタート位置まで戻してくれる。こういう電子デバイスに頼った部分は、どうやっても20年の歳月は無視できない。もちろん TC-K555 の20年分の経年劣化を考えると、それでも比較し得るレベルにあるのは、さすがソニーの K ナンバーというところか。
件のプレイトリムというツマミは、確かに他機種で録音したテープの減衰した高域部のみをうまく補正してくれている。自己録再の比較では、TC-K555 と KX-493 の違いはほんのわずかだが、お互いのテープを入れ替えてみると、まるで話にならない。TC-K555 で録音し KX-493 でプレイトリムで高域をうまく補正して再生した音は、なんとか聴くことができるのに、その逆では、ヘッドの上に薄皮を1枚かぶせたような情けない音になってしまう。

というわけで、10年以上先を考えなければ、今回の買い物は概ね満足だったといえよう。これでまたちょっとだけカセットで音楽を聴きたくなった。
と、この手記を書いている最中、BHA から新しい B's Recorder GOLD のバージョンアップ通知がきた。今度の B's Recorder GOLD では、アナログ音声を編集する多くのフィルタ、ノイズリダクションや、グラフィック・イコライザ等を装備して、音楽 CD を作成するツールが強化されているのだという。これで VAIO を買わずとも、新しいデッキで古いテープを再生し、パソコンで編集して CD を造ることができる。