/ Home / Archives / Remark / 20030305
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Microsoft が Virtual PC を買収 

2003/03/05
ZDNet の記事によると、Microsoft が Connectix の Virtual PC 製品群を買収したらしい。
Virtual PC というと、Windows 上 で、PC のハードウェアをエミューレートして、そこに LINUX をインストールするなどという裏技に近い使い方もあるが、一般的なのは、Virtual PC for Macintosh つまり MacOS 上で PC のハードウェアをエミューレートして、Windows をインストールすることだろう。そのようなソフトウェアのプロジェクトをそっくり買収して、Microsoft は一体何をしようとしているのか。
同じく ZDNet の記事によれば、Macintosh ユーザの市場は「Microsoft が Macintosh プラットフォームへのコミットを続けていくという証明だ」というような受け止め方をしているようであるが、ちょっと見方を変えると、「もはや Microsoft にとっては、PC も Macintosh も関係なく、Windows プラットフォームだ」ということになる。つまりMicrosoft は自社の製品群だけで、どこのライセンスにも拘束されずに、Macintosh 上で、ネイティブな Windows コードを実行できることになったからだ。
これが何を意味するかと言うと、Microsoft Office は単一のコードで提供できるということである。ここから先はあくまで私の予想だから、何の確証もないが、近い将来 Microsoft は、Macintosh 版の Office に Virtual PC と、Windows をバンドルするんじゃないかと思う。もちろん Office 本体は Windows 版と共通だ。そうなれば、Microsoft が Macintosh ユーザ向けに Office を提供するという公約は守られるし、(おそらく)開発コストの割に売上の少ない Macintosh 版 Office などというものを、これ以上作らなくて済むし、Windows のインストールベースをより拡大することにもなる。
かつて Microsoft が Apple Computer に資本投下した 1億5000万ドルは、いよいよ Microsoft に還元されることになろう。Macintosh がどんどん売れても(売れなくても)、Windows と Office は、PC と Macintosh の出荷合計台数分だけ、どんどん出荷されることになるからだ。Dell が勝っても、HP-Compaq が勝っても、もしかして Apple が今後業績を回復しても。
Microsoft 侮りがたし。(いや、わかっていたことだけど。)