/ Home / Archives / Remark / 20021201
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikon COOLPIX 4500  Nikon COOLPIX 4500 (2002年11月購入) - 2002/12


400万画素以上で、24mm 相当の広角撮影ができるデジタルカメラ。まずこの時点でほとんどの一眼レフタイプが対象から外れてしまう。APS サイズの CCD を使った一眼レフでは、24mm 相当の画角を得るのに、16mm のレンズが必要になる。そんなレンズはズームでも単焦点でも20万円以上するので、カメラと合わせて最低50万円の出費。まったく問題外である。それにどちらにしてもさらに広角が欲しいときには、フィルムで撮らざるを得ないので、結局まだ両方必要なことには変わりないのだ。
しかし 24mm 相当の画角となると、もちろんコンパクトタイプでも該当する機種はない。必然的にワイドコンバータ込みで考えることになる。しかしこれがまた調べてみると、ワイドコンバータをつけてもほとんどの機種が 28mm 相当止まり。つまり廉価版の一眼レフ交換レンズの広角端である 28mm というのが、今のカメラ業界の標準域と言うことなのであろう。
以上の必須条件に加えて、今回はフィルムカメラの露出チェック用としても使いたいので、マニュアル露出ができて、プレビュー時にヒストグラムとハイライトブリンクが表示されるのが理想である。ここまで来ると、もはや一眼レフを除く、各メーカの最上級クラスということになってしうが、その中でも比較的安価でコンパクトだと思われるのが、この COOLPIX 4500 だった。そしてさらにこのカメラは、レンズ前 2cm まで寄ることができるマクロ機能と、外部フラッシュの使用、スイバル機構による、ウェストレベル撮影ができる。私にとって考えられる欠点は、RAW モード記録ができないことと、ワイヤレスリモコンが、アクセサリとしても用意されていないことくらいで、少なくともスペックを見る限り、ほとんど理想のデジカメに思えてきた。
そしてついに2台目のデジタルカメラとして、この COOLPIX 4500 と、ワイドコンバータ WC-E63、外部フラッシュ用のケーブル等をまとめて購入することになったのである。
さて、肝心の写りはというと、やや白トビしやすいことと、内蔵フラッシュの調光が、近距離ではオーバーになりがちなことが欠点であるが、これらはクセが掴めてくれば、露出補正でどうにでもなる。それ以上に欠点を補って余るのが、ワイドコンバータ WD-E63 の性能だった。サードパーティ製のワイドコンバータで、0.6 倍程度のスペックのものになると、まるで対角線魚眼で撮影したかのような樽型収差が現れる機種が多く、実際に使ってみるまでは、まあレタッチ段階で変形処理させないと使いものにならないだろうと考えていたのだが、ビルの窓を正面から撮るような場合でない限りは、補正なしで十分な絵が得られる。その代わり前玉は巨大で、これを付けると、一眼レフに超広角レンズをつけたような感じになるが。
少なくともフロンティアで四つ切に引き伸ばしたときに、35mm フィルムで撮ったものと比較して、解像度が不足するようなことはまったくない。とりあえず一眼レフを持たないスナップで、出来上がった写真を四つ切に引き伸ばす、という目標は達成されたと言えるだろう。しかしながら、それと引き換えに、COOLPIX 800 より、はるかに複雑で高度な操作を要求されるようになった。もはや完全にコンパクトカメラのレベルではなくなってしまったのだ。このクラスのカメラで、十分満足できる画像を得るには、一眼レフをマニュアルで使いこなせる程度の知識と技術は要求されるようだ。