/ Home / Archives / Remark / 20021101
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikon COOLPIX 800  Nikon COOLPIX 800 (2000年8月購入) - 2002/11


F80D 購入から2週間。突発的に COOLPIX 800 を買ってしまった。突発的とはいえ、発売されたときには、「これだ!」と思ったのであるが、発売から1年が過ぎて、実売価格が半額程度になっていたこと、2000年春から次々発売された300万画素機の画質が、まったく期待はずれだったことなどがかさなって、ようやく購入に踏み切ったというところである。
数年前から写真はすべてデジタル化して CD-R に保存し、パソコンで見ていたので、本当は一気に全部デジタル化したいのだが、一眼レフ機が30万円以上する現在、まだまだ完全にフィルムから離れることはできない。今回はとりあえず、コンパクトカメラやレンズ付きフィルムの代わりである。それでも4万円強の値段は、フィルム代と現像代あわせて、30本分くらいなので、あっというまにモトが取れてしまう計算だ。しかもこの COOLPIX 800 の画質は、同じ値段で買えるコンパクトカメラで撮ったネガをフィルムスキャナで取り込んだものよりずっときれいである。フィルムコンパクトカメラでは、露出補正ができる機種も少ないし、風景を撮るために、マニュアルフォーカスで、無限遠に固定することもほとんどできない。至近距離も1m程度である。その点このカメラは、露出こそプログラムオートのみであるが、1/3EV 刻みの露出補正や、ホワイトバランス調整、マニュアルフォーカス、マクロ撮影など、通常の撮影に必要なほとんどの機能が揃っている。
それから、デジタルカメラを選ぶ上での、機能や画質以外のもうひとつのポイントは、記憶メディアの種類だ。ニコンとキヤノンは、すべての機種でコンパクトフラッシュを採用しているが、メディアが比較的大きく、ボディ設計に自由度のないコンパクトフラッシュは、他メーカでは、対応機種が多くない。しかし I/O を内部に持たないスマートメディアやメモリースティックなどでは、カードリーダごとに専用のデバイスドライバが提供されなければ、パソコンでハンドリングできないのである。
さて、COOLPIX 800 を購入したことによって、確かに写ルンですやコンパクト(フィルム)カメラの出番はなくなった。一眼レフを持ち出したくない、いわゆる宴会写真などでは大活躍である。しかしわずか数年でデジタルカメラを取り巻く環境が大きく変化した。今ではほとんどのラボにフロンティアが導入され、デジタルメディアから直接四つ切までのプリントが可能になった。フィルムで撮っても、結局それをスキャンしてプリントするので、デジタルと同じことである。ポジフィルムからプリントするためにスキャンしてレタッチして、コンパクトフラッシュにコピーしてラボに出すのもあたりまえとなってきた。そうなると、やはりデジタルで撮って、四つ切にしたくなる。COOLPIX 800 の、購入時の目的ならば、今でも十分な性能なのだが、目的をはるかに超えた欲求が沸いてきたわけである。
というわけで、COOLPIX 800 の2倍以上の画素数と、24mm 相当の広角で撮影できるデジタルカメラがどうしても欲しくなってきた。まあそれが手に入れば、フィルムの消費量は半減するだろうが。