/ Home / Archives / Remark / 20020831
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 デジタルシフト 

2002/08/31
この1か月で、レンズ2本を新品で購入し、レンズ2本、カメラ1台をオークションで売った。購入したレンズは Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D と、AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G、売ったレンズは SIGMA 24mm F2.8 と Ai AF Nikkor 35-80mm F4-5.6D である。売ったカメラは Nikon F70D。支出合計が約 \85,000 で、収入合計が約 \35,000 だから、\50,000 の出費である。インターネットオークションでなければ、収入はこの半分にも届かなかっただろう。
さて、古いカメラボディはともかく、売ったレンズと買ったレンズ、手元に残したレンズを見てみると、焦点距離に関しては、まったく拡張されていない。つまり今までどおりの写真しか撮れないということだ。ならばなぜレンズ2本を売って、レンズ2本を買ったか。それはつまり、新しいレンズが欲しかったからである。SIGMA 24mm F2.8 はすでに数世代前のもので D タイプではない。35-80mm F4-5.6D は D タイプではあるが、もっとも初期のものである。
写真雑誌に提灯記事を書いている自称プロカメラマンとか、「プロも使っている」が口癖の、受け売りアマチュアカメラマンが、「ズームよりも単焦点の方が写りがいい」というのは、まったくのデタラメで、そもそも世の中のレンズをズームと単焦点の2つに分けて評価すること自体が、ウソの始まりである。そして私が限られた予算内でいろいろなレンズを使ってみて、さらに実写テストのある、わりとまともな雑誌記事などを見て、明らかなのは、新しいレンズほど写りがいい、ということである。さらにデジカメの場合、この差がより広がってくるらしい。デジタル一眼を持っていないので、私は評価できないが、Nikon D100 や Canon EOS D60 などの雑誌記事を見る限り、デジタル一眼世代以降のレンズと、それ以前のレンズでは、明らかに違いがあるのだ。
というわけで、一番古い標準ズームと広角を手放し、最新型の標準ズームを買ったのは、もちろん近い将来、デジタル一眼を買ったときに、すぐに手持ちのレンズで撮影したいからであり、24mm という広角域となると、旧式な単焦点よりも、最新のズームの方が間違いなく写りがいいということ。Micro Nikkor 60mm を買ったのは、このレンズが単焦点レンズの中では、かなりデジタル用として評判が高いのと、デジタル一眼を買ったら、今のコンパクトデジタルで撮っている、オークション出品用などのブツ撮りもそれでやりたいからと、もうひとつは、単焦点のマクロレンズなどは通常10年以上モデルチェンジしないし、このレンズがニコンとしては比較的新しい設計であり、前述の通り、現時点でデジタルでも評判がいいから、今から買っておいても早すぎることはないだろう、という判断からである。

それにしても私が知っているニコンに関して言う限り、50mm F1.4 なんて、まあコーティングは常に最新のものになってはいるだろうけど、基本的な光学設計は30年以上変わっていないし、それに比べて、50mm を中心に置いた標準ズームなんて、2年に1度は新製品が出ているわけだから、どう考えても「ズームより単焦点がいい」なんて、単純に言えるわけがないのだ。