/ Home / Archives / Remark / 20020723
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 オブジェクトが動きすぎ 

2002/07/23
スターウォーズ エピソードII を観てきた。作品としては5作目である。一応すべての作品に目を通してはいるが、今回の作品を観ての、最初の感想は、「オブジェクトが動きすぎ」である。
確かに映像表現は前作 エピソードI に比べて格段に進歩しているが、それはパソコンのビデオチップが NVIDIA の RIVA128 から GeForce4 に替わって、DirectX が 3.0 から 8.0 に移行して、より強力なグラフィックス表現が可能になった、というのと同レベルの進歩なのである。まるでビデオカードのベンチマークテストのような画像を、普段そういうものを見慣れている我々が観ても、映画としての感動には程遠いような気がするのだ。新しいビデオカードが手に入って、DirectX も最新版にしたから、ちょっとベンチマークを撮ってみたら、オドロキの性能だよ、と監督が視聴者に自慢したがっているような感じさえ受ける。
とにかく画面の中に 3D オブジェクトが多い。すべてが見事に陰影処理されている。クロームメッキの宇宙船には、テクスチャマッピングと透過処理と環境マッピングが重ねて処理されている。そしてそれらのオブジェクトが、複数光源のもとで破綻することなく動いている。確かに 3D グラフィックス処理としては見事なものだ。数年後の DirectX 対応ビデオカードのベンチマークテストを予感させる。
しかしそういった技術はコンピュータのハードやソフトの性能を測定する、あるいは限界性能を評価するためのものであって、それが映画として面白いかどうかは、また別物である。特に私が疑問に感じたのは、すべてのオブジェクトが絶え間なく動いていることである、しかも速度はほとんど同じだ。しかし東京都内の渋滞を一度でも見たことがあれば、それは明らかにおかしいことに気づくはずだ。高度な社会では、あらゆるオブジェクトは、もっと雑多でカオス的な動きをするものなのだ。人も車も、どこかで何かがえらく速く走り、あるいはゆっくり走り、どこかでまとまって停止していたりするものなのだ。もしすべての交通機関が動いていたとしたら、それはすなわち交通機関としてはまったく機能していないことになるのである。ルーカスはそのことに気づいているのだろうか。