/ Home / Archives / Remark / 20020413
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 35mm フルサイズなど、どうでもいい 

2002/04/13
D1 が発売された頃、APS-C サイズの CCD によって、アウトフォーカス時のボケがうれしいと、このページでも書いたが、その後コンタックスが、35mm フルサイズの CCD を搭載した一眼レフシステム(N System)を発表したり(何度も発売延期され、現時点ではまだ入手できない)、ペンタックスが同様に35mm フルサイズの CCD を搭載したカメラを発表しつつも、開発を断念したり。そういうわけで、従来の 35mm ユーザにとっては、今 35mm フルサイズの CCD が非常に注目されている。もちろん、従来の交換レンズを使用したときに、銀塩フィルムと同等の画角が得られるのがメリットだということだ。
しかし最近私自身は、このことはもうどうでも良くなってきた。たとえば、可変フォーマットの中判カメラを使っている写真家にとって、同一レンズでも画角が異なるのはあたりまえのことだし、ボケ量がフィルムフォーマットによって異なるのも当然のことである。そして 35mm フィルムというのは、もっとも普及してはいるが、それでも幾多のフォーマットのひとつに過ぎない。だから、それを基準に考える必要などまったくないのだ。
メーカもカメラカタログの表記に「35mm 換算で xxmm 相当」などということを書かずに、「対角線画角 xx 度」とだけ記しておけばいいのだ。撮像面積が(35mm より)小さくて、十分なボケが得られない、などといっているマニアには、「35mm だって、フィルムの全種類から見れば、きわめて小さいサイズだ」ということを教えてやればいい。8×10 などを使っている写真家から見れば、35mm も APS も同じくらいのボケ量だと言うはずだ。
それよりも、CCD をほんの少しでも大きくすることによって、とんでもなく歩留まりが低下して、生産性が悪くなり、価格が高騰し入手性が悪くなることの方がずっと問題だ。半導体製品は量産によって精度が上がり価格も下がるのに、チップが大きくなるということは、完全この法則に逆行するからだ。
というわけで、今年は、APS サイズのデジタル一眼レフの当たり年のようなので、そろそろこのホームページに載せる写真も、デジカメで撮れるようになることを期待しよう。