/ Home / Archives / Remark / 20020113
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 ああ、やっぱり何もわかっていない 

2002/01/13
DOS/V magazine 1月15日号の連載記事「西川和久のフリースタイル」を読んで呆れかえる。これはデジカメのレビュー記事が中心なのだが、西川氏はここで、Nikon D1 などの一眼レフデジカメについて、CCD が35mmフィルムより小さいために、レンズの焦点距離に対して画角が小さくなる、と書いている。これはまあそのとおりなのだが、この後で、「35mmレンズは50mmレンズと同等な画角になるが、50mmレンズよりもパースがつくし、50mmレンズは80mmレンズと同等な画角になるが、背景の圧縮効果が80mmほど出ない」と、まるでトンチンカンなことを書いている。
やはり西川氏はプログラマであって、写真家ではないなと思ったのだが、実はこういう文章は、写真雑誌に掲載されたプロカメラマンの記事でも結構見かけるのである。中学生レベルの知識で、頂角を共有する相似な三角形の図が描ければ、パースペクティブ(遠近感)は、カメラから異なる距離にある、2つの被写体の距離比だけによって決まるものであり、レンズの焦点距離や画角とは何の関係もないことなどすぐわかるのに、そんなことすら理解できないライターの知識は中学生以下であり、その原稿をそのまま掲載する編集部の人間の知識も中学生以下だということだ。西川氏とは一度直接会って、少し話したこともあるのだが、もう少し頭のいい人間だと思っていただけにちょっと残念である。
写真の入門書に「広角レンズは遠近感を強調しやすい」と書いてある。しかしどういうわけかこれを読み間違えて、「広角レンズは遠近感を強調する」と思い込んでいるエセカメラマンがとても多いのだ。しかしそれでも実際に写真を撮ってみれば、そんなことはありえないことにすぐ気づくはずなのに。もしかしてカメラマンって、写真をぜんぜん見ていないとか、平均的にとても頭が悪いのだろうか...