/ Home / Archives / Remark / 20010930
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 フィルムスキャナレポート2 

2001/09/30
1998年末に購入したフィルムスキャナ、CanoScan FS2710 も、購入した当初と比べると、いろいろと不満がでてきた。原因は私のスキャンとレタッチレベルが上がったことと、購入当時はパソコンのメモリが 128MB だったのに、現在では 512MB を搭載しているため、最大解像度でスキャンできるようになったことにより、画質に対して欲が出てきたからである。

1. 第2世代フィルムスキャナの限界
CanoScan FS2710 の最初の評価は、印画紙プリントをフラットベッドでスキャンしたものとの比較なので、当然画質的にはあらゆる面で勝っていた。しかし元のフィルムに含まれる情報を余すところなく引き出しているかというと、そこには様々な問題がある。
まず、ポジに比べてネガのカラーバランスが非常に取りにくいということ。もちろん基本的には原版に忠実な色再現をすればよいポジに対して、もとの色がわからないネガの方が、スキャナに苛酷な条件ではあるが、レタッチしやすい色とそうでない色というのがある。つまりカラーバランスやトーンカーブをいくらいじっても、オリジナルが再現できない色にスキャンされてしまうのが非常に困るのだ。
次に、ポジでは暗部の再現性が低いということ。もともと CanoScan FS2710 は原版の濃度の高い部分(ポジなら暗部)で、階調が不足しているうえに、暗部にノイズが乗りやすいため、どちらかというとアンダー気味で撮ることが多いポジでは、どうしても階調不足でノイズの多い画像になってしまいがちだ。
そこで私はインターネット上でフィルムスキャナに関するさまざまな情報を検索してみることにした。現在定価10万円以下のコンシューマ向けのフィルムスキャナは、キヤノン、ニコン、ミノルタと、3大カメラメーカの独占状態であるが(というよりそれ以上市場がない)、CanoScan FS2710 を始めとする、いわゆる各メーカの第2世代機では、どの機種も、ポジとネガの読み取り、暗部と明部の読み取りに関しては、いずれかが犠牲になっているようで、ユーザはそれぞれ工夫して使っているようである。決定打となる製品がないということは、やはり現状ではこの程度が技術的に限界なのだろう。

2. 第3世代が続々と発表される
2000年後半から各社の第3世代機の発売が相次いでいる。まずミノルタからは大幅に価格を下げた機種が発売され、ニコンは普及機からブロニー対応の高級機まで一斉にモデルチェンジ、最後にキヤノンからは普及価格帯で4000dpiという機種が発売された。そこで私もこれらの新世代機に乗り換えを考え始めたのだ。
まずミノルタは高性能化というより、低価格化であり、他社の普及機に搭載されている、フィルムのごみ除去機能が省略されていたので、これはパス。ニコンの COOLSCAN IV と、キヤノンの CanoScan FS4000US を比較することにした。
インターネット上で、いろいろな評価記事を読んでいると、どうもニコンの新機種はネガの色再現性がとてもいいらしいということ、またポジの暗部の階調が豊かで、ノイズが少ないことが話題になっている。これに対しキヤノンの方は、やはり普及価格で 4000dpi というのが話題になっているが、私としては現行の 2720dpi ですらもて余し気味なので、これは過剰スペックである。というわけで、検討の結果今回はニコンの COOLSCAN IV を購入することに決定した。

3. スキャン結果
私はこの COOLSCAN IV 以外には、CanoScan FS2710 しか使ったことがないので、この2機種の比較しか出来ない。発売時期が3年ほどずれているので、性能が違って当然であるから、この比較をもって「キヤノンのスキャナよりニコンのスキャナの方が性能がいい」などとは思わないでいただきたい。
まず、ポジのスキャンから。一番の違いは、シャドー部が潰れにくいということだ。FS2710 では、スライドにかろうじて写っていても、スキャンするとほとんど黒潰れし、露出をあげると、ノイズが増え、トーンカーブを持ち上げると、階調が飛んでしまうという具合であったが、COOLSCAN IV では、スライドで見えるものはほぼ再現でき、シャドー部のノイズもほとんど感じられない。また全体にローキーな写真の場合、FS2710 では救いようがなかったのだが、COOLSCAN IV ではアナログゲインを上げることで、ある程度補正することが出来る。
次にネガの再現性であるが、これが一番の驚きだった。CanoScan に限らず、旧世代のフィルムスキャナでは、ほとんどのユーザが、「ネガでは色再現が難しくスキャンに適さない」といった意見を述べているのだが、この COOLSCAN IV では、ネガがポジに劣るということはほとんどない。もちろんこれは、彩度が高く補正がしやすいデータが得られるということであって、ネガの場合本来の色は自分の記憶に頼るしかないので、やはりポジの方が楽であることには変わりないのだが。
他に機能の比較としては、Digital ICE Cubed によるゴミ、キズの除去や、退色の補正、粒状間の低減などは、十分実用になるものだし、スリーブの6コマ連続スキャンは、作業の手間を大幅に低減してくれる。参考までに Digital ICE Cubed の全機能を使用した場合、1コマスキャンの所要時間は、K6-2+ 500MHz メモリ512MB のパソコンで、約7分。Dual Celeron 400MHz メモリ512MB のパソコンで、約5分だった。COOLSCAN IV は USB 接続なので、手持ちの複数のパソコンで、その時に空いているものに接続し、すぐにスキャンできるというのも、私にとっては大きなメリットである。

4. ドライバがひどすぎる
というわけで、スキャナとしての性能には十分満足しているのだが、それに反してあまりにもひどすぎるのがドライバソフトのデキの悪さだ。性能とか機能とかの問題ではなく、操作性がもうデタラメなのである。
まず全体の設計が Windows アプリケーション開発ガイドラインに従っていない。というより、まったく無視して勝手に作っているという感じだ。メインフォームの中に、スキャンした画像がサブフォームとして表示される MDI 形式のアプリケーションであるにもかかわらず、スキャン操作やサムネイル表示のためのスキャンウィンドウは、常に前面に現われるダイアログ型で、しかもウィンドウにはスキャン操作に関する一切のメニューバーがなく、すべての操作を、これまた標準リソースでない、独自のボタンで行わなければならない。
スキャンのための設定が、妙なボタンばかりできわめてやりにくい上に、そのスキャンウィンドウが最前面に配置されるので、スキャンした画像は下に隠れてまったく見えないというわけだ。
こんなソフトウェアを作ったプログラマもバカの集まりだが、この仕様を承認した管理者もどうしようもない独り善がりのだろう。このあたりは、光学機器としてスキャナを作っているニコンと、コンピュータ周辺機器としてスキャナを作っているキヤノンの差であろうか。どうやってもコンシューマ市場でニコンがキヤノンに勝てない理由がわかる。

5. もう一つスキャナ
実は今回、フィルムスキャナの他に、フラットベッドスキャナも新調した。フィルムスキャナが SCSI タイプから USB 接続に変わったために、SCSI ボードをフラットベッドのためだけに残しておかなければならず、パソコンに拡張カードを挿すのが嫌いな私は、この際フラットベッドも USB にして、SCSI カードを抜いてしまおうと、本末転倒なことを考え始めた。実際には価格も安く機種も豊富なフラットベッドを購入する方がフィルムスキャナを購入するよりよほど簡単だったのであるが。そこでフィルムと違って画質や性能にこだわらないフラットベッドは、近所のパソコンショップで一番安く、山積みで売っていたキヤノンの CanoScan N656U にした。\8,000 程度で買えて、接続も簡単、コンパクトで外部電源もいらない超お手軽スキャナである。
ところがこのフラットベッドスキャナの性能向上には、実はフィルムスキャナ以上に驚いてしまった。シャープネスも階調も色再現性も、4年前に\20,000程度で買った CanoScan 300DX より圧倒的に上で、しかも読み取りが早く、価格は3分の1。もっと驚いたのは、付属の OCR ソフトが、十分実用的なものになっていたということである。やはり売上台数の多いものは、進歩も早いようだ。