/ Home / Archives / Remark / 20010828
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Visor Delux 購入レポート 

2001/08/28
1万円を切った Palm、Visor Delux を購入した。

1. handspring が連続値下げ
今年7月、handspring が PalmOS 機、Visor シリーズを大幅に値下げして話題になったが、それから1か月足らずで、さらにそれを上回る大幅な値下げを断行した。この値下げにより、今まででも Palm の中で実売価格が一番安かった Visor Delux が、なんと \9,800 という、超お値打ち価格になってしまったのだ。
巷では、業績不振による大幅なリストラに伴う、在庫処分だとか、いろいろなうわさが渦巻いているが、ユーザから見れば、商品が安く買えるのは大歓迎である。これが ZAURUS だと、そうはいかない。1社独占供給のクローズド・アーキテクチャでは、メーカが倒産したりサポートを打ち切ったりしてしまったら、その時点でユーザは見捨てられることになる。しかし Palm のように公開されたアーキテクチャで、複数のメーカから商品が発売されているものなら、もし自分の Palm が壊れてしまっても、別のメーカの機種を購入して、データもプログラムもそっくり移行すればよいのである。

2. WindowsCE との棲み分け
私は普段キーボード付きの WindowsCE マシン、CASSIOPEIA A-51 (WindowsCE 2.0 にバージョンアップ済み)を使っているのだが、今のところまったく不都合がない。というより、これ以上高機能な、たとえばカラー液晶モデルとかで、サイズが大きくなり、電池寿命が短くなってしまうのは、逆に使い勝手を悪くしてしまう。
私が現時点で PDA を使う目的は、通勤カバンの大きさを変えずに持ち運べるサイズで、外出中に、仕事関係の書類(印刷物であったり、メールの返事であったり)の原稿を書けること、できれば簡単なメールのチェックができることである。つまりワープロ機能は必要ないけれども、テキストエディタで 1MB くらいまでの文章が書けることが必須機能なのだ。したがって、モノクロ画面で小型のキーボードを持つ CASSIOPEIA A-51 は、私にとっては理想の PDA と言える。欲を言えば画面も処理速度も、もう少し余裕のある A-60 が欲しいのだが、買い換えるほどの差ではない。
そういう意味では、Palm や キーボードなしの WindowsCE マシンである PocketPC などは、PDA としては少々役不足なのは明らかで、3万円〜5万円を支払ってまで買おうという気持ちはまったくなかった。しかしこれが1万円となると、話は別である。つまり今まで CASSIOPEIA では大きくて持ち歩けなかったような状況で、本当に手帳代わりに使えるのではないかということだ。

3. Palm Desktop のインストール
Palm Desktop は、Palm とパソコンの OS で通信を行うために、パソコン側にインストールするソフトウェアで、私が購入したパッケージには、handspring のホームページで公開されている、最新バージョンの CD が同梱されていた。最新バージョンでは Office97 や Office2000 の Outlook とデータの同期が可能になっている。
ところで、初期の WindowsCE の同期ソフトでは、設定に随分悩まされたので、今回もそれなりの覚悟はしていたのであるが、これが実にあっさりと完了し、Outlook に入っている、数百件のアドレスと、半年分の予定表が、しっかり同期された。試しにこの後 WindowsCE でも同期させてみたのだが、Palm、WindowsCE、PC どれかで更新されたデータは、必ず3台とも最新のものになっている。つまり WindowsCE の ActiveSync と競合するような問題は起きていないということだ。

4. 毎日持ち歩く
というわけで、WindowsCE との同時運用も問題ないし、今までポーチに財布と携帯電話だけを入れて出かけていたようなところでも、PDA を持ち歩けるようになった。しかもそこで入力したデータは、その日のうちに自宅のパソコンを通して、WindowsCE の方でも更新されているのだ。もちろん Palm の本来の目的は、データのブラウズなので、携帯電話に登録していないようなところに電話をかけたり、外出前に必要なことだけを一時的に書き込んでおいたりしておくことが中心なのだが、とにかくこれでいっそう私の生活はペーパーレスに近づきいた。
ただ最近少し不安なのが、Palm に、高速、高精細、大容量の波が押し寄せていることである。モノクロ機種なら単4電池2本で1か月使えるのに、毎日充電しなければならないカラー液晶モデルとか、次世代機種は CPU が ARM になるとか。そういうことはすでに WindowsCE が PocketPC でやっていることなのに、どうして同じフィールドに後から追いつこうとするのだろうか。もしすべての Palm が ARM になって、高解像度になったら(つまり今の機種とソフトウェアの互換性がなくなるということ)、私は多分 Palm を捨てるだろう。Palm に必要なのは、PocketPC と競合することではなくて、fILOFAX と競合することだと思うのだ。