/ Home / Archives / Remark / 20010302
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 電池要らずのカメラ 

2001/03/02
前回のマニュアルカメラの話から半年以上過ぎて、Nikon newFM2 も Nikon F3 もなくなってしまい、Pentax LX のカタログ落ちが秒読み状態となってしまった。ところがニコンから Nikon FM3A なるキワモノが発表されたのである。まあ買いたい人は買えばいいが、ちょっと気になるのが「電池要らずのハイブリッドシャッター」という件。
電池が入っていれば、絞り優先の AE も TTL 調光も可能な、マニュアルフォーカス一眼レフであるが、全速ハイブリッドシャッターを採用したため、電池なしでも全シャッター速度が使えると言うのである。これは一体どんなメリットがあるのだろう。露出計が使えないカメラに、たとえ1秒から4000分の1秒までのシャッター速度が使えたとしても、適正露出はどうやって求めるのか、単体露出計があるからいいと言うなら、露出計の電池はどうする。AF ではキャノンに勝てないから場外乱闘に出たかニコン。
私の想像では、F3 と newFM2 と FE10 と FM10 を生産終了して、「MF が欲しい人はこれ買いなさい。あなたたちの要望は全部盛り込みましたよ。」というニコンの最後通告だと思う。電子部品もかなり簡略化されていて、将来的に部品調達に困らないように設計したのだろう。果たしてまた20年間生産する必要があるかどうかは別として。
それから同時発表された Ai 45mm F2.8P レンズ。いまどきテッサータイプのパンケーキ、しかも AF ではない。でも AF カメラでも露出計だけは動くように CPU 内蔵ではある。ただしそれは FM3A にはぜんぜん関係ナシ。しかし D タイプではないので、AF カメラに取り付けた場合、距離情報が伝わらないから、ニコン自慢の 3D マルチエリア BL 測光はできない。一体どんな用途に開発されたのだろうか。巷では GN Nikkor 45mm F2.8 の再来だと騒がれているけど、GN Nikkor はフラッシュマチックという、発光量固定のマニュアルストロボ(当時はそれしかなかった)を装着して、ガイドナンバーを設定すると、距離に応じて絞りを自動調節するという、当時としては画期的なオートマチック機構が内蔵されていたのだ。つまり GN Nikkor には距離情報を絞りに伝える機構が内蔵されているのに、今回のは距離情報が伝わらない。機械式か電子式かというのは、時代の流れだから、ここでは問題ではない。ストロボ撮影のために距離情報を伝えるという、あたりまえのことを、30年前の GN Nikkor ではやっていたのに、今回はやっていないということが問題なのだ。
なんだか最近ニコンの MF ユーザは騙されているような気がする。でも MF ユーザはみんな喜んでいるみたいだからいいのか。AF ユーザにはぜんぜん関係ないし。でも納得できない。なぜかというと、ニコンは昔はこんな後ろ向きなメーカではなかったはずなのだ。確かに新デバイスの導入に対してはキャノンに比べてかなり慎重なところがあったけれども、それは単に時間の問題である。F の時に TTL 露出計連動を実現し、F2 ではかなり強引ながらも AE に対応させ、F3 では AF まで視野に入れていたニコンが、どうも F4 あたりから、妙に時代錯誤なメーカになってしまったような気がしてならない。
ユーザとしてはひとつだけお願い。不変の F マウントなどと言いながら、これ以上ちまちまとマウント変更しないで欲しい。ニコンは40年間で形状だけ変えずに機構をどんどん変えてきた。キャノンは30年間に1度変えただけだ。どっちが不変なのだ。