/ Home / Archives / Remark / 20001211
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 フレッツ導入記 

2000/12/11
NTT の常時接続「フレッツ ISDN」に加入した。

1. サービス対象地域が急拡大
昨年、東京03地域と大阪06地域限定でサービスが開始された NTT の常時接続「フレッツ ISDN」が、あっという間にサービスエリアを拡大し、私の住む愛知県安城市も、2000年11月15日から対象地域となった。愛知県では名古屋市でサービスが始まったのが、今年の7月だから、わずか3か月で、人口8番目の市にまで拡大したことになる。しかも9月時点では、安城市は「2001年3月までにサービス開始予定」地域でしかなかったのに。
申し込みは11月1日からだというので、早速 NTT 西日本のホームページから申し込んだ。

2. ルータ、TA の機種チェック
申し込みページには、住所、氏名、電話番号、プロバイダなどの他に、昼間の連絡先、メールアドレス、ルータやTA の機種を入力する。それから、開通希望日も入力するようになっていた。
名古屋の知り合いの会社で、フレッツに加入したとき、私がルータやパソコンの設定をしたので、やるべきことはすべてわかっていたのだが、名古屋ではサービス開始予定日よりかなり遅れて繋がるようになったのである。東京や大阪でも相当混乱し、申し込みから3か月も待たされる人もいたとか。希望日どおりにすんなり使えるとは思っていなかったのだが。
申し込みから数日後、NTT の名古屋 IP カスタマセンタから、私の PHS に電話がかかってきた。昼間の連絡先として記入しておいた電話番号である。申し込みの確認と、私の持っているルータは動作確認機種に入っていないので、メーカに確認して欲しいとのこと。なるほど、もし繋がらなかった場合、原因を明確にする必要があるわけだ。
それからもうひとつ、私はそれまでダイヤルアップ接続の割引プランである iアイプランに入っていたのだが、このプランを継続するか、解約するかもその電話で聞かれた。そこで解約するといっておけば、フレッツ開通と同時に、iアイプランは解約になるということである。
私の持っていたルータは、エレコムのネットワークブランド Laneed の ViALOOP6010 という機種。珍しくハブ機能のないダイヤルアップルータである。液晶パネルや USB 端子もなく、価格も一般的なハブ付きタイプの半分程度で、無駄のない機種だった。フレッツ対応をメーカに確認してみると、出荷時点では対応しておらず、ROM の交換サービスを行っているとのこと。しかしルータをサービスセンタに送ってしまったら、我が家の電話は不通になってしまう。こんな非現実的なことはあり得ない。フレッツに対応していないといっても、まったく繋がらないのか、なにかの制限があるのか、とにかくダメなら新しいルータを買うしかなさそうである。まあその場合は、緊急用の TA としてこれを保存することにしよう。そもそも TA の予備がないというのは非常にキケンなことなのだから。電気店に勤める知人の話では、雷の翌日には TA が売れまくるそうである。

3. プロバイダにプラン変更届
NTT にフレッツを申し込んだら、今度はプロバイダにフレッツ対応プランへの変更届を出さないといけない。ほとんどのフレッツ対応プロバイダでは、現状のメールアドレスやホームページをそのまま引き継いで、フレッツ対応に変更できるプランがある。ただし注意しないといけないのは、その新しいプランが、フレッツ専用の場合、通常のダイヤルアップ接続ができなくなってしまうことだ。モバイルを使って、外から繋ぐ必要のある人は要注意である。幸い私が使っている ocn は、Gold プランといって、フレッツに対応し接続時間無制限で、しかも従来のアクセスポイントからダイヤルアップもできるプランがあるので、それに変更する手続きを、ホームページから申し込んだ。

4. 開通日
NTT には、11月15日以降の最初の日曜日である11月19日からサービスを申し込んだのだが、ocn の方は、すぐに Gold プランに移行できた。Gold プランは、通常のダイヤルアップでも時間無制限なので、19日までは今までどおりにダイヤルアップ接続した。
さて、ルータの件であるが、フレッツにルータや TA が対応しないパターンは、大きく分けて3つある。まずプロバイダでフレッツ対応プランに変更する場合、アカウントとパスワードが変更になる。フレッツはまず NTT から地域 IP 網に接続し、そこからプロバイダにログインすることになるので、ダイヤルアップのアカウントに、プロバイダのドメイン名が入ることになるのだ。通常のプロバイダのアカウントが ABC1234 なら、フレッツのアカウントは ABC1234@ip.abc.ne.jp という具合に。したがって、プロバイダの名称やアカウントによっては、相当フレッツのアカウントが長くなる場合があり、TA ならこれはパソコンのソフトウェアで設定するのだが、ルータの場合は、ルータ自身が接続情報として持つことになる。したがって、一部の機種ではこのアカウントが入りきらない場合があり、そうなるとそのルータではログインできないということになってしまう。
次にフレッツで常時接続をしたい場合、一般的にダイヤルアップルータは、パケットの送受信を監視して、まったくデータのない状態が一定時間続くと、アイムアウトして回線を切断する。したがって、これを解除できる機種でないと、24時間つばぎっぱなしはできないことになる。しかしそういうルータは、LAN 内で外部 IP アドレスへのパケットが発生すると、自動発信するはずなので、実用上問題ないとは思うが。プロバイダから固定した IP アドレスをもらって、外部からその IP めがけてパケットを送ってくる場合は、困るかもしれない。しかしそういう使い方はよほどしっかりしたファイアウォールを設定していないと危険ではある。
最後にそのルータや TA のファームウェアでは、プロトコル的に接続できない場合。上記のようにフレッツの認証プロトコルは、通常のダイヤルアップとは異なるので、機種によっては、まったく繋がらない。私のルータはどうやらこのパターンのようである。19日の開通日に接続しようとしたのだが、発信直後に切断してしまうのだ。ルータにメンテナンス用の telnet で入って、エラーログを調べると、「ダイヤル後のエラーによる切断」というメッセージが残っていた。翌日の月曜日 NTT に電話して確かめると、フレッツのサービスはすべて予定通り開始されているということなので、やはり私のルータが原因のようである。

5. ルータを買いに行く
こういうのはパーツショップの連なる電気街ではなく、街の大きな家電店に限る。今なら大抵の店に、フレッツ対応ルータ一覧表が置いてあるようなので、それで確認してみるのが一番だろう。とはいっても、店員の話では、現行機種でフレッツに対応しないものはまずないだろうということ。フレッツの認証プロトコルのことは良くわからないが、それが制定された後の機種なら問題なしということだろう。
そして今回も、ハブや大きな液晶パネルのない機種を捜した。今のところ唯一存在するのが、NEC の COMSTARZ neo という機種。やはり値段は普通のルータの半額程度。しかもこの機種はすべての設定を Web でできるので、将来どんな OS を使うことになっても安心である。
ルータに内蔵されているハブは、ポートが3個くらいしかないし、もちろん 10Base-T である。しかし今の Ethernet カードは 100Base-TX が一般的だし、将来はもっと高速になるだろう。どう考えても、おまけのようなルータ内蔵のハブに1万円以上払う気にはなれない。
新しいルータという予定外の出費はあったが、従来のダイヤルアップの電話料金と、フレッツとの差額を考えると、4か月くらいで元が取れる計算だし、こんなことでもないと、予備の TA など確保する機会はないだろうから、まあ無駄な買い物だったとは思っていない。

6. インターネット天国
いやもうまさに天国である。ひとつのページをじっくり読んで、それから次のページにジャンプしてまたじっくり読む、というパターンは、従来のダイヤルアップでは、電話をかけたまま黙って話さないのと同じだった。だから先のページまでとりあえずどんどん別ウィンドウで開いていって、一気に読むという工夫をしていたのだが、そういう神経を使わなくてもよいというだけで、インターネットの価値は倍増する。お風呂から上がって、ちょっと思いついたことを調べたい、などというときも、今までなら我慢していたのだが、本当に気が向いたときに、たった一つの単語を検索するだけでも、インターネットを使うことができる。メールソフトを立ち上げておいて、10分間隔でチェックするように設定しておけば、リアルタイムで相手とやり取りするような感覚である。日経オンラインなども気が向いたときに自分のローカルファイルを開くのと同じ感覚で読むことができる。これとインターネットTVガイドを使えば、本当にもう新聞はいらないかなとも思う。
20世紀の最後になって、我が家には真に情報革命が起こった。でも新聞には折り込みチラシという、インターネットではあじわえない付加価値があるので、まだ当分の間は毎朝新聞屋さんに届けてもらうが。