/ Home / Archives / Remark / 20001015
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 インターネットオークション体験記 

2000/10/15
ついにインターネットオークションを経験してしまった。

1. インターネット通販
私はコンピュータ業界17年、パソコン所有暦10年以上、インターネット暦5年だが、今年の8月に初めてインターネット通販を利用した。通販に対する抵抗はないのだが、送料や代引き手数料を含めても安く購入できるような商品が滅多にないため、今まであまり興味を持たなかったのだ。
しかし今年の4月に発売されたばかりの一眼レフカメラ Nikon F80D を店頭より少しでも安く購入するために、いろいろな通販サイトを探し、名古屋のカメラ屋さんにたどり着いた。
その店の対応が迅速で、宅配便の代引き支払いということで、メールで注文した翌日には、商品を手にすることができ、ここで初めてネット商取引を経験することになったのである。
インターネット通販ときたら、次はもちろんインターネットオークションだろう。

2. YAHOOオークション
と言うわけで、カメラを買ったら当然次はレンズ。決してクラシックコレクションに興味があるわけではないので、ターゲットは現行の Nikkor AF レンズである。そしてなぜか、なぜか先月末あたりから、85mm という焦点距離が気になって仕方がないのだ。あちこちのオークションで「Nikkor」と「85mm」をキーワードに検索をかけてみると、ところどころに見つけることがでた。メジャーなサイトでは、カメラ関係は YAHOO が一番出品数が多いようなので、YAHOO オークションをターゲットに、2週間ほど観察してみることにした。

3. あっという間に競り落とされる
最初に狙いをさだめたのは、開始価格が2万円ほどの Ai AF Nikkor 85mm F1.8D (新品定価 5万1千円)。これが気づいたときすでに 2万5千円ほど。出品後数日で、すでに4人も入札している。ここで3万円以上を提示すれば、出品者が打ち切って、即落札になるかもしれないけれど、もしこれ以上誰も値を上げなければ、終了直前に2万6千円とかで入札すれば、こちらに落ちるわけだし、もうちょっとの我慢、と様子を見ていたら、出品4日目くらいにリストから消えていた。やはり誰かが一気に3万円以上の値をつけたのだろう。
ちょっと残念だったが、このレンズの比較的程度の良いものは、3万円くらいをつける可能性が高いことを確認したわけである。中古品相場が、3万3千円程度プラス消費税なので、まあそれより安ければ、ということだろう。程度の良いものを激安価格で、などというムシのいい話はないようである。
それにもうひとつ気づいたのは、出品者が初値をあまり低くすると、入札者が殺到し、最後は意地の張り合いになって、かえって高くなってしまうということである。

4. 今度は入札
それから数日、毎日 YAHOO オークションを覗いていると、また同じレンズが出てきた。今回は初値が3万2千円で、かなり高く、しばらく様子を見ていても誰も入札しない。しかし前回の例で、これより初値が安くても、結局入札者が殺到し、最後は3万円以上になる可能性もあるわけだ。ならばライバルの少ない方が落札が確実かもしれない。
とりあえず出品者に、付属品の確認のメールを出してみた。するとその日のうちに返事が得られ、返事の内容も簡潔である。また、この出品者は過去に多くの出品をしているらしく、YAHOOの「出品者の評価」のページを見ても、評価はおおむね良好である。さらにありがたいことに、この出品者は、支払方法に銀行振込だけでなく、料金代引きの宅配が指定できるということだ。このあたりがオークションで一番不安な部分なのだが、代引きならもし商品が届かなくても、こちらに損害はないわけで、一番安心な方法と言えるだろう。代引き手数料は必要だが、銀行振込みの手数料とたいして変わらないはずである。
しかしあまり急いで入札してもライバルを増やすだけなので、まだしばらく様子を見ることにした。オークションの落とし穴は、本来なら落札できなくても、自分が損をするわけではないのに、一度入札してしまうと、何が何でも落札したくなってしまうということである。このあたりはパチンコで負けを取り戻すために、いくらつぎ込んでも惜しくないという心理に似ているかも。何よりも自分を戒めることが大切なのだ。

5. ついに落札
いよいよオークション最終日。YAHOO オークションの場合、出品者が自動時間延長にしておかない限り、出品後一定の時間入札がなければ、そこでオークションは終了してしまう。そしてその時間までに、出品者の最低入札額を上回る入札が1件でもあれば、最高額を提示した入札者に落札されるわけである。
しかしこのレンズは初値が高いためか、最終日になっても相変わらず入札者がいない。締め切りが午後10時だったので、7時以降は1時間に1度程度アクセスして確認していたのだが、一向に入札される気配がない。そして午後9時、いよいよ残り時間1時間である。未だライバルがいないことを確認して、私は初値の3万2千円で入札した。
するとまもなく YAHOO から「あなたの入札が現在最高額です」とのメールが届いた。私一人だから当然である。そのままじっと我慢の1時間。終了数分前にもう一度確認。やはり私以外に誰も入札していない。このまま誰も来ないことを祈るばかりである。
そしてついに「あなたが入札しました」とのメッセージ。どうってことはないのになぜかとても感動した。
それから1時間ほど過ぎて、出品者から、支払方法を銀行振込と代引きのどちらにするか、とのメールが届き、代引きを指定して返事を送った。翌朝、再び出品者から「明日、代引きのゆうパックで送付します。到着は明後日予定。」とのメールが届いた。しかしこのメールの送信日時を確認すると、午前1時。さて、この人が言う「明日」とは、午前1時から就寝して、朝起きてからのことだろうか、それとも本当に日付が変わる明日のことだろうか。普段のメールでもそうだが、こういうやり取りは、やはり今日とか明日とかではなく、何月何日としてもらいたいものである。しかしまあ発送日がわかったところで、到着日が正確にわかるわけでもないので、気にしないことにしよう。
結局その日の翌々日、商品が無事に届き、代金3万2千円と、送料、代引き手数料あわせて1千520円を郵便屋さんに支払った。
礼儀として私の方からは、YAHOO の「出品者の評価」を記入し、今回のオークション取引はすべて終了である。さらに翌日、出品者の方からも、私の「落札者の評価」をいただいた。