/ Home / Archives / Remark / 20000817
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 H゛でポン 

2000/08/17
あの CM は JARO に訴えてもいいくらいだ。まさかモデムで通信しているパソコンの、ケーブルをいきなり抜いて、通信カードを入れて PHS につないだら、すぐに 64kbps の通信ができるなどと思っている人はそう多くはないだろうが、これからインターネットを始めようとしている人に、そういう誤解を与えかねない。
PIAFS 通信カードのデバイスドライバのインストールは? 通信パラメタの設定は? 自分の契約しているプロバイダは、64K に対応しているのか??? 面倒だらけである。実際 32k の PIAFS をすぐに購入して、環境設定で苦労した本人が言うのだから間違いない。オタオタしている間に彼女に愛想を尽かされるのがオチである。
PHS に限らず、携帯電話も、各種のモバイル機器も全部そうだが、あまりにも「カンタン接続」を強調しすぎていやしないか。「あんなにカンタンだって言っているのに、俺はちっともつながらない。やっぱりダメなのかなぁ...」と落ち込んでいる初心者がどれだけいることか。本当はインターネット接続なんて、ぜんぜん簡単ではないのに。
IT 革命とか騒ぐ前に、「インターネットは難しいから、国民は一生懸命努力するように。」くらい政府は言うべきではないだろうか。だいたい「カンタンだからあなたにもできます。」というのは、「あんたはバカだから、カンタンでないとできない。」と言っているのと同じである。カンタンというのは、本来恥ずかしいことなのだ。