/ Home / Archives / Remark / 20000803
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikon F80D  Nikon F80D (2000年8月購入) - 2000/08


多点フォーカスエリアのカメラが欲しくてたまらなくなったとき、F5、F100 に続いて、ついにニコンからも普及クラスで5点フォーカスエリアの F80D、F80S が発売された。タイミングが良すぎである。
露出補正がファインダーを覗きながらできない。絞りをレンズ側からしか設定できない(口径の大きなレンズをつけて、三脚に取り付けると致命的である)、絞りプレビューがない、という F70D の数少ない、しかし無視できない欠点をすべて補い、より小型で軽量な F80D が発売され、もはや他のカメラが見えない状態だった。逆に F80D の欠点は、レリーズのための電気接点がなく、リモートコントロールが、有線/無線に限らず一切できないことと、1/3段階の露出補正ができないために、本当に微妙な露出のコントロールがやりにくい(フィルム感度を変えればできなくはない)というものだが、リモートコントロールでの撮影では、F70D を使えばいいし、その場合上記の F70D の欠点はほとんど無意味になる。だからリモコン用に F70D を確保しておけば、もう F80D だけですべてがまかなえるというわけで、思い切って購入してしまった。本当にこれが最後の銀塩写真への投資なのだろうか。
巷ではコマ間データ記録ができる F80S が話題になっているが、私はどうもピンと来ない。ネガフィルムに記録したデータをそのまま読むことが困難なのは、通常の日付記録を見れば明らかなので、これはポジ向けの機能である。しかし、マウントしてしまえば情報は見えないわけだし、スリーブでも両端は切れてしまう。するとロールのままポジを保管する人向けだろうか、アマチュアの趣味ではロールのまま保管というのはちょっと考えられない。こんな機能をつけるより、パソコンにデータを転送する機能を組み込んでもらいたいものだが、いかがだろうか。1MB 程度のフラッシュメモリを積んでいれば、数百本の撮影記録は保管できるし、USB で接続すれば特別なソフトウェアも必要ない。
肝心の F80D の操作性だが、まずオートフォーカスの精度が圧倒的に高くなっている。さすがにスピードは F100 にはかなわないが、F70D と比べると、合焦点付近で行ったり来たりがほとんどなく、いつでもスッと動いてピタッと止まると言う感じである。それからやはり5点オートフォーカスは使いやすい。どこに測距ポイントがあるかは難しい問題だが、測距ポイントの数は5個から7個くらいまでが妥当だろう。最近発表になったコンタックスの5点の位置は非常に気になるところだ。
それからやはり F70D と比べて一番使いやすいと思ったのが、コマンドダイヤルから絞りが設定できることである。先に述べたように、マウント設計が古く、大口径のズームレンズでは絞りリングが一段細くなってしまうニッコールレンズは、オートフォーカス時代にはどうしても無理がある。もうそろそろレンズから絞りリングをなくしても良いのではないだろうか。