/ Home / Archives / Remark / 20000802
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikon F60D  Nikon F60D (1998年11月購入) - 2000/08


サブカメラが一台、どうしても欲しくなった頃、F401s の直系子孫とも言える F50D の後継機、F60D が発売になった。しかも価格は F50D よりかなり下がっている。AF 以外のレンズは使えないが、もう AF レンズしか持っていないので、これは関係ない。AF-S レンズも使えないが、高価な AF-S レンズを買うことも当分ないだろう。ここに書いてきたように、過去の自分のカメラ遍歴からして、1台のカメラを10年以上使うことは考える必要はない。もともと骨董品にはまったく興味がないのだから。そういうわけで、F60D は F70D のサブカメラにはぴったりだ。実売価格が思いのほか安かったこともあり、発売直後に迷わず買ってしまった。
そしてこの F60D を買ってわかったことが一つある。それはとてもカッコいいということ。そもそも一眼レフカメラというのは、機能優先でスタイリングの余地もないし、撮影中以外は邪魔でどうしようもないものである。だからカメラのデザインなどにはまったく無頓着な私だったのあるが、なぜかこの F60D はとてもカッコいいと思えるのだ。確か F401 も通産省のグッドデザイン(Gマーク)を受賞したはずだが、あれとは比較にならないくらい好きである。しかもこのところ各メーカが一眼レフの多機能化をようやくうまく消化できてきたようで、ほとんどどんな機能も持っているくせに、操作がシンプルでとても使いやすいのもいい。
F70D が機能と必然性だけで使っているカメラだとすれば、この F60D は、まるで私のオモチャである。パイプをくゆらせながら古いライカを磨くのも、大人のオモチャかもしれないが、私にとって F60D は、思う存分遊んで、壊れたら捨てればいい、本当の意味でのオモチャである。
F60D 購入から1年後、ニコンから D1 が発売されたとき、この F60D と F70D で銀塩カメラに対する投資は終わりだろうと、漠然と考えていた。おそらく次に買うカメラは、D1 の何世代か後になるデジタルだろうと。そういうわけでその後、Fマウントのレンズを数本のほかに、銀塩からデジタルへの中間点として、フィルムスキャナを購入したのだが、これが逆に銀塩に対する新たな投資のキッカケとなってしまった。
フィルムスキャナを使い始めると、ネガからのスキャンではコントラストが低く、ホワイトバランスが出しにくいので、人にプリントを渡す必要がある場合を除いて、基本的にはリバーサルフィルムを使うようになった。ところがリバーサルフィルムは相変わらず高感度に弱く、日常の撮影で満足できる発色を得るには、ISO100 クラスが標準になってしまう。
というわけで、20世紀の終わりになって、私の写真は平均して2絞り開けることになったのである。こうなると、今まで気づかなかった微妙なピントの甘さが目に付くようになってきた。さらに我が家にかわいいネコたちがやってくると、F70D や F60D では、ネコの写真が撮りにくいこともわかってきたのである。まず F60D のフォーカスセンサーでは、動物の毛並みのような細かな繰り返しパターンで、かなりの確率でピントをはずす。F70D なら相当精度の高いピントが得られるが、それでも中央1点のフォーカスエリアでは、体が横に長いネコを撮るときに、どうしてもフォーカスロックを使わざるを得ない。しかし人間と違ってネコはおとなしくしていてくれないし、うまくフォーカスロックをかけても、ネコの大きさでは、相対的に撮影距離が短くなり、コサイン誤差が無視できないのである。フォーカスロックしたときには、明確に後ピン傾向が現われるのだ。
結局デジタルに移行する前に、リバーサルフィルムでネコを撮るだけでも、より精度の高い多点フォーカスエリアが必要だと感じ始めてしまったのである。