/ Home / Archives / Remark / 20000801
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

Nikon F70D  Nikon F70D (1994年12月購入) - 2000/08


F401s の限界は低感度のリバーサルフィルムを使わなければ問題なかったので、取り敢えず通常の撮影では、F401s と FE の組み合わせで事足りた。このときすでに F90 が発売されていたが、私にとって写真を撮る道具としての F90 は、あまりに高価で、購入の対象とはならなかった。それに F401s の後継機として F50D が発売されており、この新しい製品ラインナップは、近い将来 F70 なるカメラの出現を予想させるものだった。
そしてまさに私の希望どおりのカメラが登場したのである。メータのレンジが+/-2EV以上あり、露出補正が 1/3EV 単位でできること、モータードライブのリモートコントロールができること(しかも MD-12 用のリモートケーブルがそのまま使る)、AF 以外のレンズが使えること、本体が10万円以下で買えること...
この F70D を手にした私は、1年後一つの決断を下すことになった。「F70D と AF レンズ以外はすべて処分する」この決断によって、私自身が自ら写真家であってカメラ収集家ではないことを自覚しようとしたのである。手元にはシグマの2本の AF レンズを残し、全ての機材を下取りに出すことにしたのだ。そしてそのお金で、安価な D タイプの標準ズーム AF35-80mmF4-5.6D と、久々の単焦点レンズ AF50mmF1.4D を購入した。
Nikon F70D と AF50mmF1.4D の組み合わせは、しばらく私が忘れていた、写真の楽しさを感じさせてくれるものだった。幅広い絞り値の選択範囲を利用して、身の周りの動植物、風景、建物などを今一度撮り直してみると、あらためて合成写真でない、写真の本質的な楽しさを感じることができた。それはもちろんカメラやレンズだけでなく、フィルムやラボの技術の向上も影響しているのであろう。とにかく今の写真はネガカラーのサービスサイズでさえ、Nikomat の時代から比べたら、驚くほど美しくなっている。
ところで、一部の自称プロたちが言っている「F70D は操作が難しくて、マニュアルなしでは使えない。」というのはまったく納得できない。あるいは、それはよほど頭の悪い人なのだろう。F70D が発売されたときには、その整理された電子化に驚いたものである。しかも操作がきわめて論理的で、液晶表示がわかりやすく、すぐに多機能の使い方が理解できるのだ。しかし使い方が理解できるのと、使いやすいのは問題が別で、やはりまだまだユーザインタフェースの設計が未消化で、手際よくすぐに設定したい露出補正が2アクションだったり、オートフォーカスのシングルと、コティニュアスの切り替えが2アクションのくせに、フォーカスエリアのワイドとスポットの切り替えが1アクションだったりと、空いたメニューに適当に機能を割り当てるという、素人が作ったVisualBasic のプログラムのようであった。F5 を電子化するにあたり、このあたりをニコンは徹底的に見直したようであるが、F70D は多機能を少ないメカニズムで実現するための実験的要素が強かったのであろう。
F70D の操作性の問題は、上記のように機能とメニューが整理されていないということに尽きるのである。だからすばやい撮影を迫られない状況では、頑丈なボディと高速なモータードライブ、正確な露出が得られる F70D は他社の同クラスのカメラを圧倒的に凌いでいると思われる。
それにもうひとつ、F70D は多重露出ができないのに、なぜ FE を手放してしまったか。それはもはや写真の合成に、カメラやプリント処理の技を使う必要がなくなってしまったからである。この頃から私は、気に入ったコマのネガやポジを選んで、年数回 PhotoCD を作るようになっていた。PhotoCD のデータをパソコン上で合成し、カラープリンタで出力すれば、自由な色調でA4 サイズ(4切と6切の中間)までは、印画紙プリントよりも安く、しかも自分で仕上げられるのだ。まるで暗室作業が机の上でできるような気分である。しかしそれでもやがて、F70D だけではやはり満足できないことがわかってしまった。
コンパクトで低価格な新設計のレンズ AF70-300mmED F4-5.6D を買って、AF50mmF1.4D とあわせて使い始めると、コンパクトとはいえ、フィルタ径 62mm のこのレンズを撮影中に交換するのは、かなり苦労することがわかってきた。とくに立ったまま片手での交換はほとんど不可能である。こうなるとやはりサブカメラが1台欲しい。低感度のリバーサルは無視してもよいから、標準レンズや標準ズームつけっぱなしで、気軽に撮れるカメラが一台どうしても欲しくなったのである。