/ Home / Archives / Remark / 20000626
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 マニュアルカメラは楽しい? 

2000/06/26
マニュアルカメラがブームなんだそうである。レンジファインダー機のみならず、一眼レフもマニュアル露出、マニュアルフォーカス。つまり Nikon newFM2 なんかが人気で、最高機種はやっぱり Nikon F3 だとか。そういう人の理屈はたいてい、機械がなんでも自動でやってしまうカメラより、写真を写しているという実感があるらしい。彼、彼女らは、だいたい口をそろえてこう言う。「シャッター速度と絞りとフォーカス、写真はこれだけで決まる。これを自動でやってしまうというのは、カメラが写真を撮っているようなもので、誰にでもキレイな写真が撮れてつまらない。」と。
カメラが趣味というのを否定するつもりはないが、オートマチックのカメラなら誰にでも同じようにキレイな写真が撮れると思っているのなら、彼らは写真の価値をまったくわかっていないか、ヘタクソな写真を、扱いにくいカメラの責任にしたいだけなのかもしれない。

そもそも写真の一番重要な要素は、何がどう写っているか、つまり被写体とフレーミングであって、これはどうやっても機械にはできない。撮る人と観る人の感性の問題である。それに比べたら、露出やフォーカスというのは、最適解にいかに近づけるかという、ほとんど技術的な問題であって、機械がやっても人間がやっても、答えが同じなら結果は同じである。たとえば、微妙な露出値はオートマチックではできないといっても、それはまず露出計の算出した値に対してどれだけ補正するかということであって、カンでたまたまいい具合にになったというのは、技術でも感性でもない。フォーカスも同じ、まずぴったりと焦点が合ってこそ、そこからが腕の見せどころというやつではないだろうか。マニュアルカメラで露出計の示す値にシャッター速度と絞りを合わせるのは、人間主体ではなく、機械の命令にしたがっているだけなのだ。それを意図的にズラしたとしても、それは露出計が正しい値を示したからこそできることに過ぎない。だったらオートマチックに露出補正をかけるのと、なんら変わりないのではないか。

露出計の針が真ん中にくるように、シャッター速度ダイヤルや絞りリングを回したり、スプリットイメージがぴったり合うようにフォーカスリングを回すことがそんなに楽しいか? 私だったら、いい絵が見つかったら、いいフレーミングを取って、すぐにシャッターを押したい。
マニュアルカメラヲタクに、マニュアルカメラでなければ、こんないい写真は絶対に撮れない、という写真を教えてもらいたいものである。