/ Home / Archives / Remark / 20000610
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 デジタルプリントサービス 

2000/06/10
最近大手の写真店で、デジタルデータをそのまま印画紙に焼き付けてくれるサービスが始まっている。私が利用しているのは、富士フィルムの「フロンティア」。写真の仕上がりは印画紙そのものなので、元データのヒストグラムさえしっかりしていれば、実にきれいな写真ができあがってくるのだ。しかも従来のこの種のサービスより値段が格段に安くなっている。
前々回このページで、デジタルデータをフィルムに焼き付けてくれる装置が欲しいと書いたが、こんなサービスがどこでも手軽に利用できれば、もう手持ちのデータはデジタルだけでもいいかなとも思い始めた。

私が感じたこのシステムの長所は、まずもとデータの解像度が低くてもドットが見えないこと。もちろん解像度が低ければ画質は低下する、しかしレーザーで焼き付けて、化学処理で現像という仕組みのため、出来上がった写真は、カラープリンタで出力したような、インクドロップの集まりではなく、印画紙の感光剤そのものである。それからポジフィルムからのダイレクトプリントでは、フィルムよりさらにコントラストが強調されて、白トビや黒つぶれを起こしやすいのに対し、このシステムはネガ用の印画紙に焼き付けるので、プリント自体のラチチュードがかなり広く、しかも前工程でヒストグラムを調整できるので、フィルムに写っているほとんどの階調を再現できるのだ。テストプリントの結果では、やはり元画像よりややコントラストが強調されるようなので、事前にクセをつかんでおくことが必要であるが、それでも自分でコントラストや色調を調整できるというのが最大のメリットである。

デジタル写真というのは、私にとっては、暗室作業の延長である。昔はモノクロを暗室にこもって仕上げたものだが、カラー中心になって、撮影以外のすべての工程は、ラボに預けざるを得なかったのが、今またプリント以降の工程が自分の手に戻ってきたという感じである。