/ Home / Archives / Remark / 20000609
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 マイクロソフト分割 

2000/06/09
いよいよマイクロソフトに分割命令が下ったけれども、裁判所は何を目的にしているのだろうか。「強すぎる企業を分割して、公平な競争をさせる」のが目的らしいが、どう考えても冗談としか思えない
トップシェアの OS を作っている部門と、トップシェアのアプリケーションを作っている部門を分割したら、トップ企業が二つになるだけだ。子供でもわかることだ。その上その2社間では競争はあり得ないし、分割したら Lotus Office が売上を伸ばす、OS/2 が Windows に対抗し得るとか、そういうことも今さら考えられない。もしそうなら、分割しなくてもすでに公平な競争は行われているはずだ。
サンのマクネリ会長やオラクルのエリソン会長が、ゲイツ会長のことがキライで、ぶっ潰したいのはわかる。でもそういう問題こそ司法の介入する問題ではないし、もちろん裁判所が判定を下すべき問題でもない。要するに、今回の裁判は、マイクロソフトの業務が独占禁止法に触れるという判定まではわかった。で、その対策を司法省が提案できないから、ライバル企業(サンもオラクルもマイクロソフトのライバルとは思えないけど)のいいなりになっているとしか思えないのである。
一番問題なのは、マイクロソフト以外の会社があまりにも不甲斐ないということではなかろうか。でもそういうことはこれまた司法省や裁判所の預かり知るところではないのである。

しかし、もっと問題なのは、マイクロソフトが分割されて、公正な競争が戻ってくると騒ぎ立てているアメリカと日本のマスコミだと思う。ハッキリ言ってバカばかりである。
マイクロソフトに公正な競争を挑めるのは、新しいビジネスモデルを提案し、それを実現する技術力を持った、若い会社だけだと思う。でもネットスケープもレッドハットもダメだった。なぜか? 株式を店頭公開して資金を集めたから、株主に利益を還元することが最優先課題になってしまっているからである。最近、ベンチャーが早期に店頭公開するのが流行だが、これは本当に正しいのか?
マイクロソフトは、市場の要求に対し、最後まで店頭公開しなかった。今本当に成功しているベンチャーの多くがそうだ。確かに市場の資金は魅力的だが、やはりパトロンは成功するまで待ってくれないとダメだ。