/ Home / Archives / Remark / 20000509
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 こんなモノ欲しい 

2000/05/09
写真関係の器材で、ずっと前からあったらいいなと思っているもの。それはデジタルのフィルム感光装置。フィルムプリンタとでも言ったらいいのだろうか。つまりパソコンの画像データを、フィルムに出力したいのである。
私の手元には、デジカメもあり、フラットベッドスキャナもフィルムスキャナあり、カラープリンタもあるのに、フィルムに画像を出力する装置だけがないのだ。こういうデバイスはあまり需要が見込めないのだろうか。それともプロ向けには、すでに販売されているのか。

たとえば画像を加工したり、デジカメで撮った写真を、何枚も印刷する場合には、1枚ずつプリンタで出力するより、ネガを起こして写真店でプリントしたほうが安いし画像も安定するし、何といっても手間がかからない。それに A4 を超えるサイズに引き伸ばそうとすると、個人ではまずお手上げである。しかし A4 というのは、印画紙で言えば 6切ワイド程度でしかないが、やはり写真が趣味なら最低でも 4切以上には引き伸ばしたい。あるいは、パソコンで作ったプレゼンテーション資料からスライドを作りたいとか。他にも需要はあると思うのだが。

技術的にはどうだろう。やはり難しいのだろうか。まずかなり解像度が高くないと使いものにならない。フィルムスキャナと同程度だとすると、1000〜4000dpi くらい。そうすると、200万画素から2000万画素(!) 全面同時に感光させることは無理なので、ライン状にならべた LED を横に走らせながら感光させるしかないだろう。しかしそれでも1列に数千個並んだ LED の光を、3個ずつ1点に集光させるのは非常に難しそうだ。となるとインクジェットプリンタのように数十個の LED を往復運動させながら、フィルムを少しづつずらして感光させるのか。しかしフィルムスキャナと違って、ある程度広い範囲で光を当てて、CCDで必要なラインだけ読み取るというわけにいかないので、当てる光そのものを、1ドットずつ正確に絞込み、1発勝負で感光させないといけない。これはかなり精度を要求されそうである。
それからもうひとつ。完全に太陽光と同じ色温度にしないといけないので、光源もはたして LED で大丈夫なのかどうか。

とても欲しいけど、やはり難しそうである。しかしデジカメとインスタントカメラが合体したものがすでにあるわけだから、原理は同じなので、まったく不可能というわけでもなさそうだが。