/ Home / Archives / Remark / 20000330
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Windows2000 導入記 補足 

2000/03/30
発売から1か月が過ぎ、Windows2000 を取り巻く状況もかなり変わってきた。そこで、各種ソフトウェアの対応を機に、私もいよいよ本稼動を始めることにした。

1. CD-R ライティングソフト
まずこれが問題だった。Win CDR は Windows2000 でも動作するということだが、Adaptec の Easy CD Creator と BHA の B's Recorder Gold を持っているのに、もう1本ライティングソフトを買うのも無駄だし、双方とも Windows2000 への対応を表明しているので、それを待っていたのである。そして3月24日に BHA から B's Recorder Gold の Windows2000 対応版がリリースされたのを機に、全面的に Windows2000 に移行することにした。

2. ASPI
Adaptec の ASPI ドライバは、何度目かのインストールでうまく動作するようになった。最初はインストール中にエラーが出て、インストールできなかったのだが、いったい何が原因だったのだろう。
キャノンのフィルムスキャナとフラットベッドスキャナを使えることがもうひとつの移行の条件だったのであるが、ASPI ドライバが動けば、両方とも OK だ。キャノンは、Windows2000 での現行のドライバの制限事項を詳細に発表しているが、ほとんどの制限が Administrator 以外のユーザで使用した時のものなので、個人で使うぶんには差し支えないようだ。ただし4月中に Windows2000 対応 TWAIN ドライバのリリースを発表しているので、これを待ってからでも良かったかもしない。

3. ディスプレイドライバ
各社のディスプレイドライバも、ようやく Windows2000 対応版が出揃ってきた。Windows2000 の CD-ROM にも、かなり多くのディスプレイドライバが入っているのだが、ほとんどのものが 3D アクセラレータをサポートしていないので、Direct3D がソフトウェア処理になってしまい、ゲームなどでは使いものにならないのだ。
Diamond からリリースされた StealthIII S540 のドライバは、まだベータ版ということだが十分使える。WindowsNT 上で Final Reality が動くのは驚きである。Final Reality がリリースされた頃は、3dfx の Voodoo2 と nVIDIA の Riva128 と Intel の 740 で、スピードを争っていたのだが、現在最速とは言えない S3 の Savage4 Pro でも、(おそらくオーバーヘッドの大きな) WindowsNT カーネルで Final Reality のほとんどの項目を振りきってしまう。いったいグラフィックアクセラレータは、どこまで速くなるのだろう。

4. ショートファイル名
上記のもの以外では、オンラインソフトも含めて、Windows2000 で不都合は発生していないのであるが、ひとつだけ困ったことがある。Windows2000 では、ファイルのプロパティから、ショートファイル名が参照できないのだ。私が普段使っているオンラインソフトで、何故かパス名にスペースを許さないものがあって、しかたなくショートファイル名でパスを指定していたのだが、それが簡単にできなくなってしまった。しかし NTFS5 がショートファイル名をサポートしていないというわけではないようなので、従来通りの命名法(xxxxxx~n)で、適当に探してみればなんとかなる。誰か、Windows2000 でショートファイル名を知る方法を教えてください。

5. もっとメモリを
私が Dual CPU マシンを組み立てた1月の終わり頃から、またメモリの価格が下がり始め、3月末現在では、128MB DIMM の秋葉原の最安値が1万円前後だ。しかし安定して下がっているというわけではなく、かなり乱高下しているので、毎日ショップに足を運んで、運良く最安値を見つけないと、そんな値段では買えそうもない。2720dpi のフィルムスキャナを、フルスペックで使うには、どうしても 128MB のメモリでは足りないので、早くメモリを増設したいのであるが、店頭で1万円以下のものを見つけた時に、その場で買うことにする。