/ Home / Archives / Remark / 20000320
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 写真を始めたキッカケ 

2000/03/20
自己紹介のところにも書いたが、私の場合、物心ついたときには手元にヤシカの二眼レフがあったので、写真を始めるキッカケなどはなかったのであるが、現在の私の写真に対する思い入れのきっかけになったのは、ピート・ターナー氏の写真に出会ったことだろう。
子供の頃からいつも手元にカメラがあって、なんとなくいつも写真を撮っていれば、1年に1度くらいは自分でも満足できる写真が撮れるものである。加えて中学生の頃から暗室作業をおぼえ、モノクロ写真なら、ある程度は自分の自由に作品を仕上げることができるようになった。
もちろん中学生や高校生では、カメラなど自分で簡単に買えるものではなく、父親のカメラを使わせてもらっていたのであるが、大学時代、ようやくモータードライブ付きの NikonFE と、大好きな画角の 35mm レンズを手に入れ、毎日のように写真を撮りまくった。ところがポートレートを撮っても、スポーツを撮っても、風景を撮ってもぜんぜん満足できない。一番不満なのは、その理由がわからなかったことである。そんなときに出会ったのが、ピート・ターナー氏の作品の数々。そしてそれこそが、まさに自分の求めていた映像であると感じたのだ。
「どんな写真を作りたいか、撮る前に決める。」これがすべてだったのである。私が求めていたのは、いわゆる決定的瞬間を狙う、報道写真家ではない。自分の写真に満足できなかったのは、技術以前の問題、つまり何を撮りたいかも決めていなかったからなのである。ファインダーを覗いてから構図を考えていたのでは、偶然ファインダーに写ったものしか撮ることができない。カメラを手にしたときには、すでに作品のイメージが決まっていなければならない。あとはそのイメージにできるだけ忠実に作品を仕上げるためにテクニックが必要になる。実に単純明解な回答だった。
もっとも回答がわかったからといって、自分を完全に満足されられるだけの作品ができるかというと、まだまだ至らないわけであるが。