/ Home / Archives / Remark / 20000312
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 レンジファインダーブーム 

2000/03/12
最近のレンジファインダーブームは一体何だろうか。ついにニコンが S3 を限定生産するらしい。
まあそういうブームを否定するつもりはないが、一体レンジファインダーカメラを50万円出して買って、何を撮るのだろうか。確かに広角レンズの収差が少ないとか、広角側で有効基線長が十分確保できるとか、レンジファインダーの機構的な特長は理解できるが、価格に見合った価値はまったくわからない。ブームといっても少量生産だから価格が圧倒的に高いし、共通部品も少なく、修理も大変だろう。それでもああいうカメラを欲しがる人は、きっと写真よりカメラの方が好きなのだろう。カメラは金属外装でなければならないとか、一通りのマニュアル操作ができなければならないとか、そういうことにはお金を惜しまな人種なのである。
でもレンジファインダー機には、ズームレンズも超望遠レンズもTTL分割測光もない。広角専用スナップカメラというなら、まあそれはそれでいいのだが、そういうカメラに最高級一眼レフ2台分のお金を払うのは、やっぱり写真の趣味とは違うような気がする。
しかしいわゆる高級品でない、コシナのベッサ R なんかは面白いと思う。おやじさんの持っているライカのレンズを借りてみたいとか、レトロフォーカスでない、対称型の超広角レンズを試してみる敷居はかなり低くしてくれるだろうから。金属カメラを磨きたい人には向かないが。あれを見て「ボディが金属なら」と言う人はちょっとズレているのだ。
それから厳密にはレンジファインダーではないけれども、リコーの GR1 もいい。GR10 でもいい。「写ルンです」で、楽しく写真を撮って、できあがった写真を見て、もう少しきれいに撮れたらと思うことがよくあるが、GR1 なら満足できるだろう。大きさも重さも手頃だ。でもやはりレンジファインダーに10万円払うなら、交換レンズを1本買ってしまうビンボー人に、あのテのカメラは永久に買えそうもない。

あと数年のうちに、きれいに写る高性能なコンパクトカメラは、すべてデジカメになるだろうから、GR1 のデジタル版のようなカメラが発売されたら、買ってしまうかも。でも、薄型ボディーの明るくきれいな広角レンズのデジカメ、構造的に結構難しそうである。まだ当分 35mm 一眼レフを手放せそうもない。