/ Home / Archives / Remark / 20000220
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 Windows2000 導入記 

2000/02/20
Windows2000 の導入は、会社に届いていたベータ3の評価版からだが、個人的には雑誌付録についていた RC2 からである。そしてこの RC2 を、現在のメインマシンである K6-2 300MHz の自作機に導入し、テストしているうちに、製品版 Windows2000 は、ぜひ Dual CPU のマシンでと思うようになってきた。
したがって、この Windows2000 導入記は、Dual CPU マシン導入記でもある。

1. 400MHz の CPU
ハードウェアにお金をかけない主義の私としては、CPU は 400MHz 程度の PentiumII か Celeron に決めていた。Celeron はもちろん Dual CPU 保証外だが、動けばそれでいいのである。 ところが昨年秋くらいまで、どこにでもあった 400MHz 以下の CPU が、PentiumIII の発売以来、すっかり姿を消してしまった。Celeron は、最低でも 433MHz、実際には店頭在庫は 500MHz と、533MHz だけ。PentiumII にいたっては、もう見かけることすらない。CPU 1個8千円以下を目標としていた私としては、大幅な予算オーバーである。
しかし根気よく捜してみるもので、大都市のショップではほとんど姿を消してしまった低クロック CPU も、私の家からクルマで10分くらいのところにある、小さなショップにはまだわずかながら在庫があり、ファン付きのリテール版 400MHz Celeron が \7980(税別)で入手できた。店員の話によると、日本の Intel からの正規ルートでは、400MHz 以下の Celeron は、もう流通していないらしいということである。
それからもうひとつ、価格が安ければ高クロックの CPU でも構わないのだが、リテールパッケージ の Celeron は、500MHz 版以降、巨大なクーラーが付属しており、370 アダプタを介して Slot1 に CPU を2個立てるのは、どうも無理があるのではないかと思えるのだ。マザーボードを Abit の BP6 にするという手もあるが、将来的に PentiumIII には絶対にアップグレードできない BP6 は買う気がしないのだ。まあ多分 CPU をアップグレードしたくなる頃には、440BX では機能的にも不満が出てくるだろうから、同じマザーボードで CPU だけアップグレードするなどということはないと思うのだが。

2. 最後の 440BX
Dual CPU といっても、440GX や 840 チップセットを使ったシステムでは、とんでもなく高価なものになってしまう。1年間停止しない基幹サーバを作るわけではないので、個人で楽しむだけの目的なら、440BX か 820 だろう。しかし2000年1月時点で、820 の Dual CPU 対応マザーボードは、ほとんど発売されていないし、何といっても将来性不透明な RIMM を使わなければいけないのが問題である。そこでマザーボードは少々時代遅れだが 440BX のものに決定した。
440BX の Dual CPU マザーボードは、最近ほとんど新製品が発売されておらず、BIOS のアップグレードさえしっかり行われていれば、どれを買っても品質は安定しているだろうと思い、370 アダプタ2個付属で、価格も安くメーカもそれなりに信用のある Tekram の P6B40D-A5 を選んだ。
ところがこのマザーボード、後の DOS/V magazine でも取り上げられているのだが、Windows2000 では、APM の設定項目が表示されないし、電源断もできない。もっとも DOS/V magazine の記事によれば、Dual CPU マザーのほとんどで、なんらかの電源周りの問題が出ているようなので、これは仕方のないところかもしれない。ハードウェア的に問題がなければ、BIOS のバージョンアップで、電源断ができるようになる期待も持てるのだが、そのあたりは、今のところまったく不明である。

3. DVD をつける
このマシンの目的は、ズバリ「マルチメディア」だ。とはいっても、時間と金がいくらあっても足りない、ノンリニアビデオ編集や、3DCG には興味がないので、やりたいことは、本業? のフォトレタッチと、DVDビデオの鑑賞程度。もちろん本職である、プログラムの開発などにも使う予定だが、これからはソフトウェア開発ツールや、雑誌付録にも DVD が普及しそうなので、今回初めて DVD を導入することになった。しかしながら WindowsNT 系では、まだまだデバイスドライバが揃っていないので、当面は HDD カートリッジで Windows98 との使い分けが必要だろう。残念ながら Dual CPU の性能が肝心のところで活かせない。
ビデオカードは、DVD 鑑賞に必要十分な S3 Savage4Pro の Diamond StealthIII にした。 ところで、このビデオカードは、WindowsNT 4.0 にインストールする場合、サービスパックをあてないと認識されないのだ。私はいきなりサービスパック 6a をあててしまったので、実際にはどのバージョン以降なら大丈夫かちょっとわからないのだが。

4. メモリは相変わらず高い
昨年6月頃の最安値が 128MB PC100 CL2 の DIMM で \9,000 くらいだったことを考えると、まだまだ割高な感じである。もちろん 128MB \15,000 というのは、去年のほんの一時期を除いて、かつてないほど安いのであるが... 一度あのメモリ天国時代を知ってしまうと、なんか欲が出て、いつも「そのうちまた一気に下がるんじゃないか」と期待してしまう。実際にはこの1か月ほど、メモリの流通はえらく安定していて、まったく値動きがないようだが。
本当は 256MB でいきたいところだが、今回は 128MB で我慢。128MB の DIMM が再び1万円を切ったら増設しようと思う。
とか言っているうちに、本日の秋葉原最低価格では、今にも1万円を割りそうな状況である。こちらでこのにレベルなるまでに、再び値が上がらないことに期待するとしよう。

5. Windows2000 のインストール
インストール自体はベータ3から何度もやっているので、とくに問題はなかったが、WindowsNT と違うのは、Plug and Play を完全に検出することである。私の場合、最新のハードウェア機器は持っていないので、デフォルトのデバイスドライバで対応できないものはほとんどなかったのだが、Corega の EtherII PCI-TX 100Base-T カードだけは、ドライバがなかった。しかしこれは Corega のホームページから、Windows2000 用が、2月18日付けで提供されていた。実際には少し前から RC2 用のドライバが公開されていたので、それを製品版で動作確認しただけのようだが。Corega はサポートがとてもいいので、最近買ったネットワーク製品はすべて Corega である。
インストールで今までの Windows と最も異なるのは、ネットワーク環境の自動設定だろう。Windows2000 Professional では、ネットワーク内に DHCP サーバがあればそれを検出し、ほとんどの設定を自動でやってしまう。ベータ版のとき、最初は「まだ何の設定もしていないのに、どうしていきなり(@nifty にある)自分のホームページが見えるんだろう?」と悩んだものである。
ところで、Windows2000 に繋いだプリンタを、従来の WindowsNT 4.0 から使おうと、何度挑戦しても、ドライバがインストールできなかった。プリンタの機種は Canon BJC-400 である。どうしても原因がわからずに、キャノンのホームページを見ると、この組み合わせでは、WindowsNT 側に最新のドライバが必要とのこと。それでドライバをダウンロードしようとしたら、なんと最新のドライバは、昨年末に発売されたプリンタ数機種にしか対応していないではないか。まったくこの対応の悪さにはあきれるばかりだ。まだ Windows2000 では動きませんというならともかく、3か月前に買ったプリンタは動いても、1年前に買ったプリンタはダメということらしい。企業で部分的に Windows2000 にアップグレードする場合は、要注意である。

6. アプリケーションの互換性
RC2 で1か月以上テストしていたので、WindowsNT 4.0 で動いていたアプリケーションは、ほとんど問題なく使えた。ただ、B's Recorder Gold は、ネット上でも Windows2000 で動かないことが知られていたので、アップデート待ちの状態である。それから、Microsoft Office 97 は、Service Release 1 以降が必要なようだ。以前、無料の Service Release 2 を導入するのに、有料の Service Release 1 が必要だというので、かなり頭に来て、そのままにしておこうと思ったのだが、まあ Service Release はバージョンアップのようなものだと思って、\2,000 でアップデート CD を買っておいたのが、こんなところで役に立った。
それにしても、Windows3.1 から Windows NT のように、根本的にアーキテクチャの異なる OS ならともかく、同じ WindowsNT でバージョンがひとつ上がっただけで動かなくなるアプリケーションソフトとは、いったいどうやって作るのだろうか。ソフトウェア開発者の立場から言えば、与えられた API を正しく使っていれば、普通こんなことはあり得ないと思うのだが。事実 @nifty や Vector で公開されているオンラインソフトなどは、個人が作るわけだから、そんなにたくさんのテスト環境を持っているとは思えないのに、だいたい Windows95 でも 98 でも、WindowsNT 4.0 でも Windows2000 でも問題なく使える。

7. Dual CPU の効果
正直なところ、まだ直接の利益は得られない。なぜなら肝心のドライバが、まだ Windows2000 に対応していないからである。まず、ASPI のインストールができない。少なくとも Adaptec の最新版ではダメだ。それからスキャナの TWAIN ドライバが動かない。だから Windows2000 で快適にフォトレタッチするのは、もう少し先になる。ハードディスクはカートリッジにしてあるので、しばらくは従来の作業は、WindowsNT 4.0 に入れ替えてやることになるだろう。
ベンチテストとして、試しに REM 文を無限ループさせるバッチを作って、DOS 窓で走らせると、Single CPU では CPU 稼働率 100% になってしまい、さらにピンボールゲームを立ち上げると、バックグラウンドではほとんど動かないし、そのピンボールをフォアグラウンドにすると、バッチの方が止まってしまう。
Dual CPU の方では、バッチだけを無限ループさせた場合、稼働率は双方 50% ずつくらいで、ピンボールをフォアグラウンドで動かしても、バックグラウンドにしても、両方ともスムーズに動く。個人所有のパソコンでこんなことができるようになるとは、やっぱりすごいことだ。