/ Home / Archives / Remark / 19991213
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 フィルムスキャナレポート 

1999/12/13
以前から狙っていたフィルムスキャナを、ついに手に入れた。パソコン周辺機器としては、今までで最大の投資である。

1. Canon FS2710 を買う
ついにフィルムスキャナを買ってしまった。機種は Canon FS2710。同クラスのフィルムスキャナは、ニコン、ミノルタからも発売されているが、APS カートリッジアダプタが付属されているのが決め手になった。手動式のオモチャのようなアダプタであるが、電動式のものが別売で何万円もする他社製品より、とりあえず、すぐ APS も読み込める方が、私には重要だったのだ。それと、すでに持っているフラットベッドスキャナが、キャノンの SCSI タイプで、これが手持ちの Tekram DC-390 で順調に動いているので、おそらくフィルムスキャナも動くのではないかという期待もあった。だめなら今使っていない Adaptec の SCSI カードに換えればいいのだが。
それにしてもフィルムスキャナというのは、パソコン周辺機器の中では、値の下がらない商品である。しかも製品寿命が長く、パソコン周辺機器というより、カメラ周辺機器と言った方がいいかもしれない。デジカメやフラットベッドスキャナと、目的は同じなのに、商品の位置付けは随分違っている。販売店の店員さんの話では、フィルムスキャナについては、エプソンやオリンパスが事実上撤退してしまい、高級カメラのような位置付けになりつつあるということだ。
持って帰って接続してみたら、見事に DC-390 で認識した。ちなみに OS は WindowsNT 4.0 Workstation Service Pack 5。ASPI ドライバは、B's Recorder Gold に入っていたものを使っている。

2. ネガとポジのスキャン
ネガとポジと言っても、魔法の子猫のことではない。ポジの場合フィルムの色が写真そのものなので、ホワイトバランスやコントラスト等あまり手を加える必要はないが(というより、現像が終わった時点で、修正しなくてはならないようなポジなら、そもそも失敗作である。)、ネガの場合フィルムに色が付いているし、露出もホワイトバランスも、プリント時に補正するのが前提なので、現像時点ではまともな色になっていない。プロが補正したプリントをフラットベッドでスキャンするのと違い、フィルムスキャナの場合は、ネガから自分でカラープリントするのと同じ技術が必要になってくる。それがどこまで簡単にできるかは、スキャナのドライバ次第だろう。
操作性という点では、キャノンのフラットベッドの TWAIN ドライバの操作性は気に入っている。フィルムスキャナの方も、ほぼ同じ操作性を継承しているようで、私はすぐになじむことができた。しかしやはりネガからのスキャンはポジに比べるとかなり困難であることに変わりはない。ネガはラボに任せるのが前提ということだろう。これからはリバーサルフィルムで撮影する機会が多くなりそうである。

3. 2720dpi は実用的か
2720dpi で 35ミリフィルムをスキャンすると、2570 × 3855 ピクセル。すなわち1千万画素。はっきり言って、私の K6-2 300MHz メモリ 128MB のマシンには荷が重過ぎる。仮想メモリを 256MB にしていても、レタッチ中にメモリ不足の警告が表示された。とりあえず仮想メモリを 384MB にして再起動したが、矩形領域をコピー、ペーストするだけで数秒間待たされる。1千万画素を扱うには、PentiumIII か Athlon の 700MHz クラス、できれば Dual CPU で、メモリ 256MB は必要だろう。
私はスキャナを買う前に、2570 × 3855 ピクセルでスキャンしたものを 2048 × 3072 ピクセル、すなわち PhotoCD の 16 Base クオリティにリサンプルして保存しようと思っていたのだが、これだと1コマスキャンして、補正して、リサンプルするだけで、10分以上かかってしまいそうである。36枚撮ったら、スキャンだけで6時間。
とりあえず今のところ、半分の解像度の 1360dpi でスキャンして、1024 × 1536 ピクセル、すなわち 4 Base で保存することにした。これはサービスサイズのプリントを 300dpi でスキャンした程度の解像度なので、フィルムスキャナを買ったのに、少々もったいない気がするが、それでもできあがった写真は、フラットベッドでプリントからスキャンしたものとは、まるでクオリティが違う。

4. 画質は
フラットベッドでプリントからスキャンしたものと比べて、最大の違いは、ダイナミックレンジが断然広いということである。まずシャドウ部分がほとんど潰れない。まあプリントの場合は、写真屋さんが、印画紙で表現できる最大のコントラストに調整しているので、それを更にスキャンすれば、シャドウは潰れ、ハイライトは飛ぶのがあたりまえなのだが。しかし今まで私は、銀塩写真に比べて、デジタルの1チャンネル当たり256階調という階調は、決定的に不足していると思い込んでいたのだが、こうしてフィルムスキャナでスキャンして見ると、十分実用的であるということがわかった。
さらにこの FS2710 は、1チャンネルあたり 12bit、すなわち 36bit カラーでスキャンし、アプリケーションが対応していれば、36bit のままデータを出力できるので、最終的に 24bit カラーで保存するまでに、トーンカーブやガンマ値をある程度補正しても、色抜けがかなり少なく抑えられそうである。
幸い 36bit 入力のできる Adobe Photoshop LE 4.0 がバンドルされているので、これでカラー補正をすることができる。Photoshop LE は正規版の機能限定であるが、実質 CMYK 出力ができないくらいしか差がないので、印刷屋さんでない私にはこれで十分である。できれば有料で構わないので Photoshop LE の最新バージョンへアップグレードしてもらえるとうれしいのだが、これは利益にならないようで、Photoshop の正規版へのアップグレードパスしか用意されていない。
しかし写真としての画質を、Photoshop LE で調整したら、これを BMP で保存して、あとは Paint Shop Pro や Photo Crew などの、安価で高機能なレタッチソフトを使って、サイズ変更などの加工をすれば良いので、これ以上ソフトにお金をかける必要はないと判断した。欲を言えば、Photoshop LE で Flash Pix 形式に保存できるとありがたいのだが、そういうプラグインはないのでだろうか。

5. フィルムスキャナは買いか
少なくとも現時点では、どんなデジカメよりも安価できれいにデジタル画像が得られるのは確かである。なんといっても Nikon F5 (\325,000)と、ニコンの高級スキャナ LS-2000 (\198,000)を合わせても、Nikon D1 (\650,000)よりはるかに安いし、最低限必要なレンズや周辺機器まで揃えると、おそらく2倍以上の価格差になるだろう。
カメラの基本性能や操作性が、F5 と D1 で同等であることを考えると、270万画素の D1 と、スキャナで1千万画素が得られる F5 では、圧倒的に F5 の方が有利である。もちろん F100 クラスでも、写真のデキは F5 と変わりないし、特殊な撮影状況でない限り、F60 (\68,000)でも、レンズが同じなら、ほぼ同じ写真が得られる。F60 と普及クラスのスキャナなら、何本かのレンズを含めて、15万円程度から手に入る。
逆にデジカメが有利な点は、現像、スキャンという手順が不要なことであるが、実際には200万画素のデジタル写真を加工する手間を考えたら、現像やスキャンなどたいした手間ではない。普及クラスのデジカメを使う限り、ユーザは、写真の色補正など意識していないかもしれないが、撮影からディスプレイ、あるいは印刷まで自分で行うデジカメは、実はリバーサルフィルムと同じくらい、露出やホワイトバランスに気を使わないといけないのである。Nikon D1 を使うようなユーザなら当然それはわかっているだろう。したがって、きれいな写真を得るための手間は、デジカメも銀塩写真もほとんど変わらないということだ。
ならば高級デジカメは不要か、と問われれば、私は間違いなく近い将来一眼レフの主流はデジカメになると考えている。画素数は来年あたり200万から300万で頭打ちになると考えているので、後は値段がどこまで下がるかだろう。そして私が Nikon D1 に一番期待しているのは、もしかしたら、あの巨大な CCD は、これからのデジタルフィルムのスタンダードになるのではないかということだ。ちょうど APS の C タイプと同じ大きさであり、一方で APS 一眼レフが各社から出揃った今、あと何年かしたら、APS 一眼レフのウラ蓋を CCD モジュールと交換するだけで、そのままデジタル一眼レフができるようになるのではないかと考えている。そうなれば普及クラスのカメラをベースに、量産して安くなった CCD を組み合わせ、10万円以下のデジタル一眼レフが発売され、カメラ市場は一気にデジタル化する可能性がある。
そして私自身、今回のスキャナは、銀塩写真に対する、最後の投資だと思っているのだ。