/ Home / Archives / Remark / 19991021
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 D1 が欲しい 

1999/10/21
とにかく、Nikon D1 が欲しい。写真をやっていてパソコン持ってる人なら、誰でもそう思うのではないか。ニコンの一眼レフユーザならなおさらだ。
F100 と同等なマグネシウムボディに、F5 と同等な測光系、Fマウントと完全互換、これまでの一眼レフデジカメの半分以下の価格、等々、魅力はいっぱいだが、こういうのを全部無視しても、D1 の最大のウリは、その CCD の大きさだろう。APS の C サイズとほとんど同じ大きさの CCD は、35mm 用のレンズを使って、画角は約1.5倍換算。だからニコンの APS 機のプロネアに、従来レンズを取り付けたのと同じ感覚で使える。
それで何がうれしいか、それはボケるの一言に尽きると思う。つまり焦点の合っていない被写体が、当然の如くボケるということである。それに比べると、従来のデジカメの 1/2インチ CCD は、ほぼミノックスサイズ。つまりパンフォーカスでしか使えないということなのだ。これではいくら高性能なオートフォーカスを採用しても、正確に焦点をあわせることができるというだけで、意図的に焦点をはずすということができない。つまり人物にぴたりとピントをあわせて、バックをほどよくボカすなどという、写真の基礎的な作画が全然できないのである。

間違っても CCD の画素数がデジカメの性能だなんて考えてはいけない。そもそも100万画素で、一般的なパソコンのディスプレイサイズ 1024×768 ピクセルを超えてしまうのだ。ちょっと粗いが、A4 のグラビア原稿でも270万画素の D1 なら十分実用範囲だろう。

最近では銀塩カメラを知らないで、高価なデジカメを使っているユーザも多いが、そういう人にこそ D1 を使ってもらいたいとも思う。そこで初めて背景はボケるということがわかるだろう。
そしてできれば次期 Nikon D2 は、本体20万円以下になることを望んでやまない。いや、これはもう間違いなくそうなるだろうけれど。