/ Home / Archives / Remark / 19990929
 ↑ Return

 ▲ Next

 ▼ Prev

 脱家電パソコン 

1999/09/29
SOTEC が 色違いの e-one を販売するとか。確かに銀色なら iMac と間違えて買う客はいないだろう。
しかしそんなことはこの際どうでもいい。私が疑問に思っているのは、「パソコンもクロック数で選ぶ時代から色で選ぶ時代になってきた。」という、メーカやマスコミの論調である。
本当だろうか。というより、色で選ぶようになってこそ、パソコンが家電になったと言えるのだろうか。じゃあそもそも色で選ぶ家電って何だ。確かに洗濯機も冷蔵庫もテレビも色は何種類もある。しかし誰も色で選んだりしていない。店頭に並んでいて、一番安いものを買っていく。洗濯機なら何キログラムが洗えて、音が静かで、自分の家に置けるかどうか、そこでブルーじゃなきゃ買わない、とか、デザインがかわいくない、などと言う主婦を見たことがない。
「今までのパソコンはアイボリーの四角い箱で、リビングには似合わなかった。」なんて、iMac を賞賛しているが、グレーの四角い箱でデザインに何の個性もないテレビが、どこの家のリビングにも置いてある。無機質なパソコンのデザインはリビングに似合わないというのなら、40インチのワイド画面テレビの方が、よほどリビングに似合わない。
だから何か勘違いしているのだ。筐体に機能以外のスタイリングを施して、そこに付加価値を与えるような商品は断じて家電ではないのだ。なのになぜパソコンの筐体ばかりがスタイリングを問われるのだろうか。これはあくまでスタイリング(意匠)の問題であって、デザイン(設計)の問題ではない。
そもそも家電製品のように一般家庭に普及させるためには、スタイリングに金をかけたりできないはずだ。ビデオデッキも各社同じ形で、値段も機能も同じになって、ようやく価格が下がって普及した。しかしそうなったとき、そこに利益は存在しない。つまりメーカのホンネは、すでに家電並に利益率の低いパソコンを、なんとか自動車並の利益率に引き上げたいということだ。なぜなら現代の工業製品で、スタイリングに金をかけられるのは、もはや自動車くらいしか例がないから。しかし自動車のように高価格品のイメージを与えたくない。半導体価格が下がればパソコンの製造原価は自動的に下がるから、販売価格を現状維持できれば、自然に利益は上がるというリクツである。しかし、一般の家電品のように、価格と機能だけが勝負になってしまうと、どうしてもギリギリまで販売価格を下げざるを得ないから、そうするとせっかくの半導体価格の下落が、チャラになってしまう。そのためにユーザに「これからはクロック数でなく色で選びなさい」と、そう洗脳しなければならない。それがまるでパソコンが簡単になるかのような錯覚を与えて。事実 iMac でパソコンがずっと簡単になったなどとメーカは言っているが、今までの Macintosh と、機能的には何も変わっていないのだ。もちろん使い方もまったく同じだ。でなければ誰も使えないではないか。

結論。最初から家電化して、機能と価格だけで勝負してきたパソコンに、もう利益は見込めない。ユーザの目を本質からそらして、どうでもいい色やカタチに向けさせない限り。
もはやパソコンは家電ではない。金持ちが買う贅沢品なのです。でもそんなに高くないから、皆さんクロック数が低くても、きれいな色の利益率の高い製品を買ってね。というのがメーカのホンネ。
パソコンなんて家電だよ。機能と値段で決めれば十分さ。というのが賢いユーザのホンネ。